チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Latest Entries

お知らせ

ハスクバーナ353チェンソー入荷しました。
もうすでにずいぶん前に入荷していたのですが・・・(笑)

機械はネットショップで販売しないようにしていましたが、今回はネットショップでも販売することにしました。

ハスクバーナ353チェンソー、ハスクバーナに詳しい方は聞いたことがないとか、日本には入ってきていないという事が分かるかと思います。

新型の機械かと思われるかもしれませんが、新型ではありません。
頭の数字が3なのでひとつ前のチェンソーになります。

数字の後にXPの称号が付いていませんので、バリバリのプロ機ではありません。

ただ、侮ってはいけません。(笑)

ベースは346XPと同じです。
346XPと何が違うかというと、ピストンシリンダーだけです。
信頼性耐久性は折り紙つきです。

厳密にいうと346XPJP(排気量45cc)と比較するとピストンシリンダーだけですが、346XPNE(排気量50cc)と比較するとイグニッションモジュールがさらに異なります。

ピストンシリンダーだけの違いと言っていいと思います。

346XPJPと346XPNEのイグニッションモジュールの違いはなんなのか?
パワーに関係するのか、関係しないと思います。

NEの方のイグニッションモジュールにガバナーが仕組まれていて過回転を防止するようになっているだけだと思います。

JPの方のイグニッションモジュールは、過回転防止が付いていなかったはずです。(黒い)


ここだけの話ですが、(ブログで書いてここだけの話もないですが(笑))
346XPNEが発売された時、販売店さんの中にはNEのイグニッションモジュールを外してJPのイグニッションモジュールに載せ替えていました。

当店ではそのようなことはしていなかったのですが、ユーザーさんの吹け上がりが鈍く感じるという事に対応していたみたいです。
(NE初期型は実際に吹け上がりが鈍いという評価がありました。過回転防止が影響していたのでしょうか?分かりません)

過回転防止とか聞くと、私はなんか怖くて対応していませんでした。(笑)
焼付いたりするかもとビビりました。(笑)そんなことは無いと思いますが

今回いろいろとパーツリストなどで、異なるところを探してみたのですが、ピストンシリンダー、イグニッションモジュールだけと言っていいと思います。

今回、このチェンソーをネットショップで販売しようと思ったのは、枯れた技術だからです。
枯れたというと悪口みたいに思うかもしれませんが、そうではありません。

長い期間実際に使用され、悪い所は改良され、目立った不具合が無くなった機械と言えます。

信頼性、耐久性が高いといえます。

3シリーズなのでスプリング防振で振動なども少なくていいと思います。

薪ストーブユーザーさんにお勧めかなと思ってネットショップで販売することにした次第です。
不具合も少ないと思われますし、価格も安いです。
ベースもプロ機と同じなのでいいと思います。

最高回転数とパワーが346XPNEと比較すると落ちるかもしれません。
(346XPJPとパワーは同じくらいかそれ以上あるかもしれません)

ネットショップで販売しても初期不良故障が少ないかなと思っています。

部品の供給も安心できると思います。
346XPNEが現行でまだ販売継続中で、部品はほぼすべて共通
ピストンシリンダーが違いますが、ピストンシリンダー交換しなければならない時でも346XPNEのピストンシリンダーがそのまま使用できます。

そうするともうそれは353ではなく346XPNEになります。(笑)
プロ機です。

排気量50ccクラスのチェンソーが欲しいと思っている薪ストーブユーザーの方一度お考えください。(笑)

ただこの353チェンソーはこれから継続して販売するというチェンソーではありません。
当店で何台か仕入れましたが、それが無くなれば終わりになるかと思います。

▼353チェンソーこちら

ちなみに346XPNEのピストンシリンダーの価格47000円弱です。

346XPJPのピストンシリンダーは38000円弱です。

それでは、また。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • 339XP修理

    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • バッテリーツール

    数年前、バッテリーツールが出た後、しばらくしてブログで、家電メーカーがバッテリーチェンソーを作り出すのかもしれないと書いたことがあります。

    パナソニック製チェンソー、ソニー製チェンソーとかが発売されるかもとか書きました。
    半分は冗談でしたが・・・あり得るかもと思ったりもしていました。(笑)

    しかし、モーターにソーチェン着けて回せるようにするだけで、いいチェンソーはできないことに気が付きました。
    お客さんから教えてもらいました。(笑)

    バッテリーチェンソーが今はいろんなメーカーからたくさん出ているようですが、一流チェンソーメーカーのバッテリーチェンソーは使いやすさが違うといいます。

    造園屋さんなのですが、いろいろな機械を長年使用してこだわりのある方なのでその造園屋さんのいうことは、いつも納得させられます。
    また、その方がこれはいいよというものを仕入れて他のお客さんに勧めてみると、評価が高いことが多いです。
    そのお客さんから、チェンソーなど使いやすい使いにくいのノウハウがあると教えていただきました。

    私ら販売店にはわからない微妙な使いやすさやなど、現場で作業される方々は感じているようです。

    モーターにチェン着けただけでOKな訳ではないということを再認識させてもらいました。(笑)

    最近は当店舗でも一般のお客さんが増えてきました。(まだプロの方が多いですが)
    造園屋さん、植木屋さん、林業家の方が、当店を一般の方に紹介してくれているのです。
    プロの業者さんの宣伝は説得力があるようです。(笑)
    宣伝能力高いと思います。

    切れるチェンソー、草刈機、ヘッジトリマーを使用していると一般の方がそのチェンソーは良く切れますねとか話しかけてくるそうで、その時に当店を紹介してくれるようなのです。ありがたい話です。


    話が横道にそれました。

    実は3月16日メーカーの会議がありました。
    新しいバッテリーツールの新商品説明会です。

    また新たなシリーズというかクラスにバッテリーツールを投入してきます。すごいです。(笑)

    その説明会でも言っていたのですが、数年後にはバッテリーツールのシェアはかなり大きくなるだろうということを言っていました。

    実は私も最近強くそう思うようになっていました。
    特にヘッジトリマーとトップハンドルチェンソー(小型チェンソー)、これらは早いうちにエンジン式から入れ替わるのではないかと考えています。

    カジュアルユーザーだけでなくプロユーザーもです。
    今まで当店は、バッテリーヘッジトリマーやチェンソーはカジュアルユーザーや特殊なプロユーザーにしか販売していませんでした。
    使用時間(バッテリー持ち時間)がネックになっていると考えていたからです。(勝手な思い込みでした)

    その方たちのバッテリーツールに対する評価は高かったのですが・・・バッテリーの持ち時間を考えるといろいろなお客さんに勧めることを控えていました。(特殊な作業環境のお客さんだけに勧めていました)

    ところが最近は造園屋さんも音がうるさいとか排気ガスがくさいとかのクレームを言われることが多くなり、バッテリーツールを購入する方が少しずつ増えてきました。

    購入していただいた、プロの造園屋さんの評価が意外といいのです。
    バッテリーヘッジトリマー、結構長く使える、バッテリー1個で午前中持つ時もある。
    2個バッテリーがあって電源が確保できれば充電しながら、エンドレスで使える。

    音が出ないだけでなく、振動も少ない、排気ガスもないので、作業者に対してもかなりいいということでした。

    すべての造園管理の仕事にいいというわけではありません。
    当然公園などの広大な植木を延々と剪定していくにはまだまだバッテリーの持ち時間が足りないかと思います。また充電するための電源も確保しにくいかと思います。

    作業内容によってものすごく有効なケースもあるということです。
    しかもそれが、私の想像を超えるほど使えるということなのです。

    剪定をするプロの造園屋さんの評価が良ければ、これは我々販売店も俄然自信を持てます。
    バッテリーの持ち時間が思ったよりも長いということが一番大きいです。

    これはヘッジトリマーという機械の作業内容がバッテリーの持ちを良くしているのだと思います。

    そしてトップハンドルチェンソーこれも私が思っていたよりも、長く使用できるようです。
    高所作業で使用するトップハンドルチェンソーは、バッテリの持ちがいいようです。

    確かに高所作業はエンジン式でも小型チェンソーで作業することが多いですし、そのチェンソーも燃料タンク小さいので、それを考えるとバッテリーの持ちもいいだろうと予測できます。(エネルギーの消費少ない)

    バッテリーチェンソーは高所作業に最適だと思います。
    メーカーさんとしてはトップハンドルチェンソーを充実させた方が、早くバッテリーチェンソーを浸透させるのではないかと思います。

    なぜ高所作業にあっているか。
    ★高所でスターターロープを引かなくていいのです。
    ★スロットルを離すと無音になるのです。作業中も音は小さい。
    ★作業中に排気ガスを吸うことがない。

    この三点がいいということです。

    足場の悪い高所でエンジンかけるためにスターターロープを引くのは大変なのだそうです。

    無音になるということも、他の作業者の方とコミュニケーションとりやすいということです。
    下から他の方が声をかけても聞こえやすいそうです。
    また、朝早くても作業がやりやすいとも言います。

    そして高所作業は枝葉が多いところで作業することも多く、エンジン式だと排気ガスがこもるらしいのです。
    風がない時などは、排気ガスで気分が悪くなることもあるらしいのです。

    そういうことをお客さんから聞いていると、私は5~10年でトップハンドルチェンソーはバッテリーチェンソーが大きくシェアを取っているのではないかと思うようになりました。

    枝を切る作業なので、大きいチェンソーでなくてもいいということが、バッテリーにも適しています。

    エンジン式でもトップハンドルチェンソーはサイズが数種類あるので、バッテリーチェンソーでも大中小と三種類くらいラインナップが増えるといいと思っています。

    バッテリーチェンソーは高所作業用から攻めていくといいと思います。(あくまでも私の考えです)
    パワー的に全く問題ないですし、質量も軽め、スターターロープを引かなくてもいい、音が静かで他の作業者とコミュニケーションがとりやすい、バッテリー2~3個あれば一日作業できると思います。(大きい枝で負荷がかかりそうな場合はバッテリー切れになるかもしれませんが)

    高所作業でも作業内容がいろいろとあるので、ラインナップを増やしてほしい所なのです。
    大木の枝を切る場合などは、パワーを重視したチェンソー、街路樹などの剪定で数をこなす場合は、出来るだけ軽量のもの、家庭の植木を軽く剪定するには、コストパフォーマンスが良い物、ソーチェンも植木を傷めにくいものなどいろいろと種類があるといいと思っています。
    (エンジン式トップハンドルチェンソーにはラインナップがいろいろある)

    これらのことは、私が想像して考えたものではなく実際現場で作業する方からの意見になります。
    (多少私の想像も含まれているところがありますが、(笑))

    バッテリーツールのメリットデメリットは確かにあります。
    作業内容によってメリットデメリットの感じ方は変わってきます。

    今回のことも実際に現場で使用した方、しかもプロの方の意見、エンジンチェンソーとの比較もしてくれての意見なので、本当にありがたいです。
    これは、対面販売の大きなメリットだと思います。
    このほかにもいろいろと情報聞いてますけどそれはまた別の機会に(笑)


    数日間に分けて書いたので、重複している所もありますがご了承ください。(笑)


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 1
  •      

    いや~すごい価格でチェンソー出ました。


    ガイドバー30cm 税別希望小売価格24800円


    ガイドバー40cm 税別希望小売価格34800円


    ガイドバー40cm 税別希望小売価格39800円
    驚きの価格だと思います。
    実は旧型のチェンソーになります。

    しかし、日本未発売のチェンソーです。

    そんなことは無いと思う方もいるかもしれませんが、未発売なんです。

    MS180C-BE、MS230C-BE、MS250C-BEというチェンソーは日本でも販売していました。
    それらのチェンソーと兄弟機ですが、販売はされていませんでした。

    018とか025とか言われていた、初期型は同じような感じだったのですが、MSシリーズになってからは違います。

    今回販売になるチェンソーの名称は、MS180、MS230、MS250という名前です。
    C-BEという所が付いていません。

    C-BEが付いていないから劣るのかというと、そうではないと思います。

    私的には、こちらの方が好きかもしれません。(笑)
    C-BEは何なのか?

    アシストのスターターシステム、ツールフリー(工具なし)でガイドバーソーチェンが取り外し調整ができる。
    という所です。


    スターターのアシストは畜力式と言われるもので、ゆっくり短く数回引いてもエンジン始動に必要な回転で回してくれます。
    小学生の子供でもエンジンが掛けられるくらいのアシストをしてくれます。
    スターターを引くスピードは必要ないといえます。
    ですから、アシスト付は女性や年配の方でも楽にエンジン始動ができる優れものと言えます。

    では、ある方がいいじゃないかと思うかもしれません。
    しかし、デメリットもあります。


    アシストがないスターターです。
    スッキリしています。
    スターターハウジング(ファンハウジング)膨らんでいません。
    アシストのシステムがないので構造がシンプルで、コンパクトなのです。


    フロントハンドルの径が小さくなるので、取り回しがしやすくなります。

    それと、質量が変わってきます。
    そうなんです。
    300gほどアシスト付の方が重くなり、取り回しがしにくいという事になります。

    アシストなしは軽くなり取り回しがしやすい。

    ただ、エンジン始動は昔ながらの感じになり、ある程度の力が必要になります。
    一般成人男性なら問題なく始動できると思います。

    メンテナンス修理という点でもアシストなしの方は、仕組みが簡単でスターターロープなどの交換は簡単だと思います。
    アシスト付は仕組みが分かっていればなんてことは無いのですが、一般の方はやめておいた方がいいでしょう。




    それと、パージポンプ、ガイドバー締め付け部分が違います。

    パージポンプはあると便利です。
    スターターを引く回数を減らすことができます。

    ガイドバーもプラグレンチが無くても取付け取り外し調整ができます。

    パージポンプがあると何がデメリットになるか。
    部品点数が増える。パージポンプの劣化による故障がある。

    ガイドバー締め付けに関しても、好き嫌いがあります。
    私はシンプルな構造が好きなのでナット式が良いと思っています。

    ナット式はプラグレンチ等の工具が必要になりますが、チェンソーを使用する現場には絶対にプラグレンチくらいは携行するのがいいと思っています。

    ですから私自身は、工具フリーのガイドバー取付にあまりメリットを感じていません。
    逆にナット式の方がシンプルで故障も少ないかと思っています。(笑)

    ほとんどのプロ機もナット式だと思います。(笑)


    MS180C-BE、MS230C-BE、MS250C-BEは前モデルとして日本国内でも販売していました。
    三機種、当店で販売していたものは、MS250C-BEだけでした。

    MS180C-BEはMS170C-Eがあったので、あまり販売していませんでした。
    力はMS180C-BEが強いのですが、MS170C-Eの価格が安かったのでそちらを販売していました。

    MS230C-BEはMS250C-BEとほとんど同じで、排気量が5c㎥小さいだけでした。
    それで価格差が5000円~10000円くらいでした。
    排気量5c㎥の差は、当時の機械の価格からすると(80000円前後が当時の販売価格)5000円くらい高くても排気量45c㎥の方がお買い得だと感じていました。

    排気量5c㎥の力の差が5000~10000円で買えるのなら買った方がいいという感じです。
    ただ、販売価格が80000円以上だったからです。
    ※80000円出すのも85000円出すのもあまり変わらない?(笑)

    今回は販売価格が40000円以下なので5000円安いという事でMS230を選ぶのもありかなと思っています。

    アシストもないし、排気量5c㎥の差で圧縮がどうか?
    大差ないと思いますが・・・

    この価格帯で5000円はやはり考える余地はあるかもしれませんね。

    排気量45c㎥でスチールチェンソーが40000前後で買えるというのは・・・すごい事だと思います。


    ただ注意しておきますが、手放しで喜んではいられません。
    アシストが付いていません。
    何も考えずに購入するとエンジン始動すらできない可能性があります。

    購入前にMS250とMS250C-BEとスターターを引き比べてください。

    そして圧縮が強い機械はエンジン始動のコツとかもあります。

    購入時に説明をきちんと聞いてください。
    当店に電話等で尋ねられても、お答えできませんので予めご了承ください。(メールでも)

    実店舗でも営業しているので、恐れ入りますがご理解ください。(笑)


    薪ストーブユーザーにはMS250またはMS250C-BEがお勧めだと思います。
    価格差、質量等など違いがありますが、どちらが自分に合うか販売店さんとよく相談して購入を決めるといいかと思います。

    それではまた。

    復刻の機械に関しては、公開ブログのほうで少し書いてみたいと思います。


    非公開ブログにしていましたが、もうすでに皆さんに知れ渡っていると思いますので公開します。
    お近くのスチールショップまたはスチール取扱店へ実物の機械を見てください。

    スターターの引き具合を確かめてみる事をお勧めします。

    続きを読む



    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 3
  • 追加記事

    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • Appendix

    カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する