チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Latest Entries

ハスクバーナ560XPチェンソー セットアップ

ハスクバーナ560XPチェンソー

2011年12月の発売でしたから、6年半ほど経過しています。
フラッグシップのチェンソーですし、だいぶ改良が進んでいるかと思います。

いろいろとありましたので・・・

まあ、ハスクバーナ242XPも346XPも発売当初は、いろいろありました。
その当時もメーカーや各販売店が、対応し5~6年で発売当初の不具合は改良していたかと思います。

当時は私も対応に忙しかった気がします。(笑)

ハスクバーナ560XPチェンソー当店ではあまり販売できませんでした。
ネット通販で購入された方が多かったような気がします。
(並行輸入品も)

国内では排気量60㏄のチェンソーそんなに売れているとは思えませんが(排気量40~50㏄と比較して)



ハスクバーナ560XPチェンソーで評判が悪かったのは、アイドリング時にエンストする、そしてその後の再始動が悪い。
(再始動はハスクバーナの癖を理解していれば、対応できます)

それにはいろいろ原因があり、一つ一つ解決してきたと思います。

物理的な改良もありましたし、ファームウエアのアップデートも複数回ありました。
高品質なオイルを使用した混合ガソリンを使用すると エンストが減るという事例もありました。

今回販売した560XPは最新のファームウエアでした。
しかし、最初のセットアップをしたほうがいいとのことでそれを行います。

まあ、いつもやっていることなのですが(笑)

セットアップ用のガイドバーチェンを取り付けています。



セットアップはやったほうが、確かにいいような気がします。
アイドリングが安定したような気がします。
(エンジンが温まって安定したのかもしれません(笑))

エンジンの調子的には問題なさそうなので、お客さんに納品できます。(笑)


※実は数か月前、ハスクバーナT540XPチェンソーで試運転セットアップしていて調子が悪いものがありました。
お客さんに納品する前でしたので、トラブルにはなりませんでした。
新しいT540XPとメーカーさんに交換してもらい、それは試運転セットアップを行って問題ありませんでした。

Auto Tuneは納品前に試運転セットアップは必須かと思います。

それをすることで、不具合のあるチェンソーを市場に出さないということになります。

販売店がチェック機関になって、最終のセットアップをやることによって、商品の評価が下がらないようにする効果があると思います。


当然、ファームウエアは最新のものかどうか確認しなければなりません。
最新でなければ、必ずアップデートしたほうがいいでしょう。


メーカーがやってくれるのがいいのかもしれませんが、この業界は昔から納品前の試運転点検は、販売店がやるのが当たり前です。

(当然メーカーも検品などのチェックはしています)

すべてメーカーにやってもらうと、販売店はセールス能力が付かないと思います。

話がそれました。



発売当初は、80μのエアフィルターでした。
その後、40μになり、今現在は20μになっています。

豆知識
ハスクバーナの新品のエアフィルターはメッシュ部分がヨレヨレです。
ヨレヨレは新品だと思っていいです。(笑)
古くなると徐々にピンっと張ってきます。
メッシュタイプはコンプレッサーで掃除するときれいになるので、交換の目安がわかりずらいです。
ピンっと張る具合を交換の目安にしてもいいかもしれません。
汚れが落ちない時も交換してください。

何故ピンと張るのかは、内緒です。(笑)(正しい情報かどうかわからないので公開できません)




それと、六角ネジ(ヘックス)からトルクスネジに変更されています。



私は、大歓迎です。

ヘックスよりトルクスのほうがネジをなめにくいからです。

ヘックスはいくらいい工具を使用してもネジのほうの六角が丸くなり、工具が利かなくなることがあります。

トルクスは星型なので、工具とのかみ合わせがしっかりできると思います。

トルクスの注意点は、工具がシャバイとだめです。

いい工具を使用しましょう。

▼工具
ハスクバーナやスチールが販売しているトルクスレンチはいいです。
私も修理で使用しています。



▼3本組トルクスレンチ
国産のトルクスレンチですが、これもいいです。
価格は高いですが、これくらいの値段がしないとダメなのかもしれませんね。

チェンソー用の3本組トルクスレンチなのですが、何故3本組なのか?
それは、次の豆知識で(笑)

この3本組トルクスレンチの注意点は開いて使用するので、力が入りやすいということです。
加減が必要かと思います。



※豆知識
3本組のトルクスレンチのサイズはT20、T25、T27です。
スチールはT20とT27のネジを採用しています。
ハスクバーナ560XPチェンソーはT27です。

T25のトルクスは昔ハスクバーナが採用していたネジです。
ハスクバーナもトルクスネジを採用していた時期がありました。

そして、ヘックスネジに戻り、これからT27のトルクスネジになっていくのだと思います。

あくまでも私の思い込みですが、T25のトルクスレンチは小さいので、強度が足りなかったのかもしれません。
また、スチールがT27のトルクスネジを使用していたのも少なからず影響していたかもしれません。

T25のトルクスネジにはT27のトルクスレンチがはまりません。T27トルクスレンチが大きいからです。

T27のトルクスネジには、T25のトルクスレンチがはまります。
サイズはあっていないのですが、掛かりがあるので回すことができるのです。


実際私も何度か使用したことがあります。(面倒だったので)
サイズが合わない工具で無理やり回すので、トルクスレンチが欠けたりしました。
ヘックスレンチはサイズが合わなければ、使えないので サイズ違いという問題はないのですが・・・

まあこれからはT27のトルクスでこの業界が統一してくれると助かります。

トルクスはネジのほうにゴミがたまりやすいという欠点があります。
ネジを回す前に必ずゴミを落としてから回すようにしましょう。

いくら高価ないい工具を使用していても、破損する可能性が高くなります。


最後にハスクバーナのコンピューター制御はファームウエアがたまに更新されます。

加速時、負荷がかかっている時、不具合の修正など最新最適な書き換えが行われていると思います。

使い心地に不都合がなく使用上に問題がなければ、ファームウエアの書き換えはユーザーさんの判断にお任せします。

逆に不具合があるから、ファームウエアを書き換えたいという場合。
ファームウエアを書き換えても症状が改善しない場合もあります。
原因が物理的な場合もあるからです。

この場合は、いろいろテスターを使用してチェックが必要になります。(物理的なチェック)
かなり面倒です。(笑)

購入店経由でやってもらうほうがいいと思います。
販売したお店のほうが責任をもって対応してくれるからです。

それではまた。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • ハスクバーナ353チェンソー ピストンシリンダー交換

    数か月前のことですが、ネット通販で販売したハスクバーナ353チェンソーの修理です。

    使用中にエンジンストップしたという内容だったと思います。
    症状からして一抹の不安がありました・・・

    チェンソーが送られてきて、スターターを引いてみましたが、その感触が最悪の事態を予感させてしまいました。

    やはり焼き付いていました。





    昔はシリンダーを研磨して再生し、ピストンだけを交換することが多かったようです。
    (何十年昔)

    私がこの業界に入ってきた当時は、当店ではシリンダー研磨することはほとんどありませんでした。

    ハスクバーナの技術の方から、焼き付いたときはピストンシリンダー両方交換したほうがいろいろな面でいいということを聞いていました。

    自分所有のチェンソーであればシリンダー研磨して再利用してもいいと思うのですが、お客さんのチェンソーなのでできればきちんとしていたほうがいいと思います。

    ハスクバーナのチェンソーは高回転なのでシビアだと思います。


    さて、何が原因で焼き付いたのか?

    新品の機械の場合 それがはっきりしないと心配です。
    初期不良欠陥が原因であれば、部品交換しても また同じように故障するかもしれません。

    今回は、原因がすぐにわかりました。

    燃料タンクに燃料が残っていたので確認してみると



    生ガス(オイルと混合していないガソリン)でした。

    お客さんに、連絡しました。
    生ガスをほかの機械にも入れているとそれらの機械も焼き付いてしまうからです。

    話を聞いてみると、たまたま知り合いの携行缶から生ガスだと知らずに給油したようでした。

    燃料には十分に気を付けなければなりません。

    燃料を共有することもあるかと思います。
    必ず混合燃料かどうか確認し、出来れば混合燃料を作る担当にご自身がなるべきかもしれません。

    当店のお客さんの中には、他人が作った燃料は使わないというくらい、燃料に関してはシビアな方もいます。

    仕事の応援でに出向き、燃料支給するといわれても自分の燃料を使うそうです。

    まあ、たとえきちんと調合された混合燃料であっても、ガソリンが古かったり、オイルが粗悪なものであれば使わないほうがいいと思います。

    353のお客さんも当店からハスクバーナLS+オイルを購入していただいているので、調合ミスか容器を間違えたのかと思っていました。



    とりあえずは、焼き付きの原因がチェンソー本体ではなく燃料にあったということで修理する側としては一安心です。

    原因がわからない故障は、不安になります。(再発する可能性があるからです)



    ピストンシリンダーを載せ替えればOKでしょう。

    ピストンシリンダーは346XP用のものにしようと考えていました。
    (お客さんにその旨お伝えしたのですが、よく伝わらなかったようです(笑))

    353と346XPのシリンダーは構造が若干異なります。
    材質も異なるかもしれません。(色が違う)



    353と346XPはほかにも異なるところはありますが、シリンダーが一番大きな違いだと思います。

    修理自体は、すんなり終わりました。

    新品のピストンシリンダーになったので、アタリ(慣らし)が出るまでしばらくかかるかと思います。

    アタリが出れば、パワーアップしたと感じるのではないかと思っています。

    燃料に関しては、また後日裏ブログで書いてみたいと思います。(笑)


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • スチールMSA160Tチェンソー

    スチールMSA160Tチェンソー改です。

    主に個人邸を手入れするスチールMS150Tを所有している造園業社さんです。
    MS150Tのソーチェンの切れ味と切り口の良さを気に入ってくれています。

    ただ、エンジンチェンソーは音が出ます。
    最近は音に対して世間は厳しくなってきているような気がします。

    そこで、スチールMSA160Tを購入していただきました。(購入は去年の話です)



    購入後・・・
    剪定作業には使い物にならないということを言われました。
    MS150Tエンジンチェンソーで作業しているということでした。

    MSA160Tお蔵入りということです。

    まずいです。
    何とかしなければ・・・

    いろいろ部品探したり、加工したりして
    100%ではありませんが、何とか納得していただけるように改造させていただきました。

    スチール純正部品での改造ではありませんので、お勧めできることではありません。

    その点はお客さんにも了解していただきました。


    そして、今回使い心地を聞いてみました。

    OKでした。

    剪定作業十分使えるようになったそうです。
    また、バッテリーの持ちも良くなったとのことでした。
    (作業スピードがアップしたので、使用時間が短くなったからだと思います)

    スチール標準仕様のMSA160Tの設定が悪いわけではありません。
    いろいろな作業があり、いろいろな使用方法があるので、今回私が行った改造がすべての作業でうまくいくというわけではありません。
    当然、逆に使いにくくなることもあるかと思います。


    今回のお客さんは、いろいろと情報交換してくれるお客さんです。
    (いろいろなことを教えてもらいました)

    私のほうからもMSA160Tどうですかと聞いてみたり、お客さんからはこの作業にはもう少しこうであってほしいなどの要望を教えてもらったり

    要望に応えるには、どうすればいいか、いろいろと考えて調べてできる範囲で、要望に応えられるようにしています。

    今回は比較的うまくいって良かったです。(大した改造ではなかったのですが)

    うまくいかないことのほうが多いかな(笑)

    また、すべてのお客さんに同じようなことをしているわけではありません。
    (今回は、市販の部品を使用したわけではないので)

    今回のお客さんは、馴染みのお客さんですし、無茶を言うわけでもありません。
    機械に関しても詳しく、また道具に関してもいろいろな道具を知っています。(機械好きだと思います)
    ご自身でも使いやすく機械改造していたりします。(成程と思う改造があります)



    昔は、こういうことはメーカーさんにも要望として伝えていたのですが・・・
    最近は伝えていませんね。(笑)




    サードパーティーメーカーさんへ伝えてます。(笑)


    対面販売の面白さでもありますね。


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • 興味深い動画

    面白い動画がありましたので紹介します。
    (ずいぶん前に見つけていたのですがやっと紹介できます。)(笑)

    各チェンソーの性能だけでなく、いろいろな事がわかると思います。

    一つの丸太の直径は35cm程度だと思います。
    最初に使用するガイドバー長は18インチ(45cm)だと思います。
    その次に使用するガイドバーは28インチ(70cm)と表記があります。

    それでは、動画をご覧ください。(13分ほどの動画なのですがお時間があれば)

    解説は後程




    1本の時の丸太は30cm程度のようです。
    2本組の時は1本35cmくらいかと思います。

    チェンソーの排気量とアベレージタイム
    372XP   70.7c㎥  4:23   16:40
    572XP   70.6c㎥  4:17   13:33 
    390XP   88.0c㎥  4:13   11:12
    395XP   94.0c㎥  3:34   11:01

    ガイドバー18インチ程度のものを使用して、30cm径丸太を切った場合、3台は4秒台で0.06秒~0.1秒ほどの差があります。
    395XPだけが3秒台です。

    3台の差は時間を計らないと気が付かないレベルかと思います。
    (チェンソー使用頻度が高い人は、これくらいの差でもわかるかと思います)


    このサイズのチェンソーだと 排気量の差が18c㎥で18インチほどのガイドバーだと 丸太径30cmを切るのに差はほとんどないということです。


    丸太2本 28インチガイドバーだと面白い結果になっています。

    排気量で差がはっきりしてきています。
    木が大きくなると排気量の大小で、切削スピードは差が出てくるのだと思います。

    35cmの丸太が2本で70cm径と考えることはできません。
    丸太が円であり直径が2倍になれば、切る面積は4倍になるので、排気量の大小で切削スピードの差はもっと大きくなるかと思います。



    ほぼ同じ排気量の372XPと572XPで3秒ほどの差がついているのは、572XPが新型だということもありますが、AutoTuneのシステムで差が出たと思います。
    AutoTuneはエンジン回転が下がってもその回転域で最高パワーが出るように1/1000秒単位で燃料を調整しています。
    当然粘りのあるエンジンということになります。


    この動画の面白いところは、同じくらいの丸太で試し切りしているところです。
    そして、ガイドバーの長さを変えているところ

    本当は丸太ももっと同じ大きさで、ガイドバーも丸太1本の時はもっと短いものにすると面白かったと思うのですが・・・(笑)


    3本の丸太径が同じであれば、面白いのですが、若干サイズが違うのではっきりと言えないのが残念ですが・・・

    丸太2本を横に並べて28インチのガイドバーで切る
    丸太2本を縦に並べて18インチのガイドバーで切る
    と考えると

    395XP 18インチ  3:34+3:34=7:08    28インチ  11:01
    385XP 18インチ  4:13+4:13=8:26    28インチ  11:12
    572XP 18インチ  4:17+4:17=8:34    28インチ  13:33
    372XP 18インチ  4:23+4:23=8:46    28インチ  16:40

    あくまでも机上の空論ですが、短いガイドバーで工夫して切れば早く切れるということに

    大径木を切るときは長いガイドバーで一発できることができるのは、仕事がきれいに終わるかと思います。

    大排気量のチェンソーに、長いガイドバーの組み合わせだけだと、そのチェンソーの出番は少なくなると思います。

    短いガイドバーなども用意して、いろいろな作業に使用すると面白いかもしれません。



    395XP 28インチ  と   372XP 18インチ
    切り方を工夫すると・・・

    あくまでも机上の空論です。(笑)

    それではまた。


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • Appendix

    カレンダー

    05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する