チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Latest Entries

スチールMS500iチェンソーの発売日について

前々回のブログで、「10月前には少しずつMS500iチェンソー各販売店へ入荷していくと思いますので興味のある方は各販売店へ足を運んでみてください。」

と書きましたが、消費税増税前に発売になると予想して書いたものです。
9月6日頃からブログ少しずつ書き足してきたので、その当時は増税前に出すと勝手に予想していました。

いつ頃発売になるか。
また、価格はいくらくらいかは、わかりません。

念を押しますが、当店には発売日価格等の情報は一切入っていません。(笑)

消費税が上がる兼ね合いがありますが、必要な時に必要なものを購入するというスタンスでいいと思います。(笑)



今、発売になっていてお勧めのスチール商品は、BR800C-Eブロワ

強い

とにかく強いということです。

BR700ブロワ在庫が1台あるのですが・・・、売れ残り・・・売れる自信がありません。(笑)

消費税が上がる前に買う商品の一つとしてBR800C-Eブロワ!お勧めです。



●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • 前回の続き  スチールMS500iチェンソー

    前回の続きです。

    スチールMS500iチェンソーは新技術てんこ盛りです。
    新しもの好きの人にはたまらない商品でしょうが、心配性の人にはなかなかいきなり飛びつける商品ではないかもしれません。

    修理屋の立場からしてもMS500iチェンソー期待と不安が・・・(笑)
    しかし、今回はメーカー技術の方が日本全国を回ってMS500iの技術講習会を開いてくれています。

    単なる新商品発表会ではなく、MS500iチェンソー ピストンシリンダーまで分解する講習会を行ってくれています。
    ピストンシリンダーまで、分解するということは全分解することに近いです。
    中をじかに見ることができるということは、修理屋としては自信がつきます。
    修理をしたという実績がつくわけではないのですが、どのような仕組みになっているのか、どのように分解していけばいいのかというのが実際に体験できるというのは、すごくいいです。

    実際にインジェクションやコントロールユニット、ポンプ燃料回りを見て 意外とシンプルで故障は少ないのかもしれないと思いました。

    中の仕組みを見るのと見ないのとでは、安心感が違います。

    実は、ハスクバーナ550XPMarkⅡチェンソーが新発売になった時もハスクバーナが、分解する講習会を開いてくれました。
    新商品発表会は、全分解するくらいの発表会がいいと思います。(笑)


    スチールのコンピュータ制御はコントロールユニットとで点火、燃料などの量やタイミングを管理しています。
    コントロールユニットは燃料タンクのわきに配置されていてシリンダーやマフラーから離れたところに配置されています。
    熱の影響を受けにくいかと思います。

    残念なのは、ファームウエアの更新が簡単にできないということかもしれません。(全くできない、コントロールユニットの交換でできるかも?)

    コンピュータ制御は、使用状況などすべてのデータを記録し、ファームウエア更新時にメーカーへ そのデータすべて送り、解析してよりよい制御に役立ててほしいところです。

    全世界何万台というチェンソーからデータ収集しビッグデータをAIで解析するのもいいと思います。(笑)

    ハスクバーナは、データ収集しているのかな?
    使用者の個人情報などが特定できなければ、データ収集してもいいと思います。



    インジェクションについてですが、思っていたよりもコンパクトで驚きました。
    インジェクションというと高圧で噴射するというイメージがあったので

    MS500iチェンソーは吸気ポート内に燃料噴射するので、高圧で噴射する必要が無いようです。

    よく考えると、2ストロークのエンジンは吸気ポートに噴射するしかないかもしれません。
    (クランク室に噴射してもいいかもしれませんが)

    潤滑のことを考えると吸気ポートに噴射するのが良いでしょうし、高圧で噴射しなくてもいいので、システムは簡素化できるのでしょう。

    排気ガス規制などを考えると燃焼室内に噴射するか、筒内噴射のほうがいいと思います。
    さらにダイレクトに燃料制御できると思います。

    ただ、2ストロークのエンジンは潤滑のシステムが基本的にないので、クランク室の潤滑を考えると燃焼室内直噴は選択できないでしょう。


    ※今から30年くらい前にトヨタが2ストローク直噴エンジンを開発しているというテレビ番組を見たことがあります。
    車のエンジンで、理論上4ストロークのエンジンの半分のサイズで同等の馬力が出せるというものでした。
    (燃焼の回数が倍になるので)

    燃焼室内の噴射にずいぶん手こずっているという内容だったと思います。
    圧縮するときに燃焼室に燃料噴射しその直後に点火するという仕組みだったと思います。

    高圧の中 噴射するということと、微細な噴射で速やかに燃料が撹拌するというのが難しいという内容だったかと・・・

    その時の番組を見ていたので、インジェクションは高圧で噴射するというイメージが付いていました。(笑)



    今回の技術講習会で分解したことによって、空気の取入れやインジェクションの配置など実際に見ることができてインジェクションのメリットが体感できました。(笑)

    小型チェンソー用のインジェクションシステムができるといいかと思います。
    HD2フィルター大型で強力なエアフィルターシステムを小型チェンソーでも採用できるといいかもしれません。

    排気ガス規制エンジンはエアフィルターが弱いと不調になりやすいのではと思っています。

    スチールMS500iチェンソーは排気量79.2cc(80ccクラス)あるので、需要が大きいとは言えないので多くの方の目に触れるのは少ないかもしれません。

    排気量40ccクラスのチェンソーに搭載されるのもそう遠くない未来かもしれませんね。(笑)(私の単なる思い込みの予想です)

    車やバイクも排気ガス規制やパワーを求めるとキャブレターからインジェクションへ移りました。
    チェンソーも同じ道を進むと思います。

    車やバイクは、道具の部分もありますが趣味の部分も比率が多いです。
    チェンソーは何の目的もなく木を切るということは無いでしょう。(笑)
    林業、造園、家庭菜園、薪つくり、何らかの目的があります。
    道具としての部分のほうが大きいです。

    道具としてみると、やはりインジェクションに移行していくのかもしれません。

    チェンソー初のインジェクション搭載チェンソー、MS500i 

    それではまた。


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 2
  • スチールMS500iチェンソー 世界初インジェクション搭載チェンソー


    今回は、あまり写真を撮らなかったので、伝わらないことも多いかもしれません。
    10月前には少しずつMS500iチェンソー各販売店へ入荷していくと思いますので興味のある方は各販売店へ足を運んでみてください。


    試し切りはかなり荒っぽく意地悪な切り方をしてみました。
    ソーチェンが止まるように押し付けたりしましたが、なかなかいい感じでした。
    パワーバンドも広くトルクフルだと感じました。

    MS500iチェンソーは、インジェクションでMトロニック(コンピュータ制御)です。
    そのあたりから紹介していくことにします。

    上画像白い線で囲ってあるところがコントロールユニットです。


    スプリング内蔵のパージポンプが付いています。
    このパージポンプはエンジン始動時、再始動時にはしっかりポンピングすることです。
    コントロールユニットがあったりパージポンプが大きめだったりしますが、キャブレターが無いので設計の自由度は高いような気がします。


    エアクリーナーはHD2フィルターで大きめです。
    排気量約80ccあるのである程度の大きさは必要かと思います。
    エアクリーナーの写真撮ればよかったのですが、忘れました。(笑)

    エアクリーナー大型化するとカバーが大きくなりがちですが、下記写真ご覧ください。


    円で囲った部分、大きめのエアクリーナーがあるとは思えないような感じです。
    スタイリッシュです。



    エアクリーナーとインテイクマニホールドの間にキャブレターが無いということが、コンパクト化に貢献していると思います。

    排気量80ccクラスのキャブレターは結構大きいです。
    それが無いということは設計の自由度は大きかったでしょう。

    下写真2枚、スロットルシャッターです。



    シャッターは上下に開く横軸回転ではなく、縦軸回転で左右に開きます。

    縦軸になったのは、スロットルロッドなどのレイアウトを考えてこのようにしたのだと思います。
    スロットルロッドの写真も撮ればよかったのですが・・・

    短くて曲がりが少ないものになっています。
    軽量化、コンパクト化に一役買っているでしょう。


    キャブレターだとスロットルシャッターは上下に開かなければなりませんが、インジェクションの場合はどの方向に開閉してもOKということでしょう。

    シャッターだけだとこの薄さになるのもいいです。
    キャブレターの厚さと比較するとかなり薄いです。

    矢印は空気の流れる方向です。





    キャブレターは無いかもしれないが、インジェクションはあるだろうと思うでしょう。
    その分のスペースは確かに必要ですがレイアウト的にキャブレターより有利です。

    インジェクションはマニホールドの間にあるというより、下側に配置されています。(白丸)
    マニホールドに噴出口分のスペースだけでいいと言えます。




    そして燃料をマニホールド下側から噴射しています。

    ここで噴射と書きましたが、高圧で噴射しているわけではないようです。

    燃焼室内や筒内に噴射するわけではないので、高圧にする必要はないということです。

    マニホールドなので霧吹き効果もあるのでタイミングと噴射量だけ注意すればいいと思います。

    かぶることは少なくなると思いますが、燃料がいかないということが起こりそうです。
    燃料ホース内のべーパーロック

    インジェクションはエアインテイク、エアフィルターを含めてデザインがしやすくなると思います。
    スチールチェンソーの中でもかなりスタイリッシュだと思います。

    よくよく考えると、コンピュータ制御はキャブレターで使用するよりインジェクションで使用したほうが、ダイレクトにコントロールできるし、コンパクトになるのでいいかと思います。

    ではなぜ、キャブレター式を採用していたのか?
    今までは、インジェクションの小型化などのハードルがあったのかもしれません。

    それと、キャブレター式にした理由が・・・私の独断と偏見ですがあると思います。(笑)
    下写真ご覧ください。

    シリンダーです。シリンダーフィンは筒に対して斜めに配置しています。
    空冷効果を高めていると思われます。

    そしてシンプルです。

    排気ガス規制クリアしているエンジンです。
    何か気が付きませんか?

    層状掃気エンジンなのですが、先導空気の部分がありません。
    スロットルシャッターも先導空気の取り入れ口はありませんでした。

    初期の層状掃気エンジンは、先導空気を使って掃気ポートに空気を入れ排気ガスと未燃焼ガスの間に層を作り未燃焼ガスの漏れを防ぐというものでした。

    先導空気を使う層状掃気エンジンは、先導空気を制御するのにキャブレター式が都合が良かったのかもしれません。

    先導空気式はインジェクションで使用するには、インジェクションのメリットを食ってしまいそうです。

    MS500iチェンソーどのような層状掃気かかというと、排気ガスを使用した層状掃気です。
    排気ガス(燃焼したガス)を一部掃気ポートに戻し、未燃焼ガスの漏れを防ぐというやり方です。

    排気ガスを使用して層状掃気エンジンは、MS500iチェンソーが初めてではありません。

    MS461というチェンソーですでに採用されていました。(データや実績積んでいると思います)

    先導空気を使用したほうがいいのか、排気ガスを使用したほうがいいのか。
    どちらの層状掃気エンジンがいいのか、私にはわかりません。

    しかし、排気ガスを使用した層状掃気エンジンのほうが、シリンダーやピストンの形状がシンプルで済みます。
    また、先導空気を取り入れる仕組みも必要ないので、インジェクションのメリットを食うことも少ないかと思います。

    私の考えですが、インジェクションのほうがより燃料をダイレクトにコントロールできるので、排気ガス方式の層状掃気エンジンにマッチするのかもしれません。





    先導空気式層状掃気エンジンのピストンは形状が複雑で縦長になりますが、排気ガス式層状掃気エンジンはシンプルなピストンになります。

    ピストンがシンプルだと、軽くなります。軽くなると慣性の法則も小さくなり、加速性高回転化につながると思います。
    故障も少なくなると思います。
    製造コストも・・・


    下写真はシリンダーを下からみています。

    排気ガス式の層状掃気は、シリンダーもシンプルになります。

    写真左側がマフラー側になります。
    マフラー側に掃気ポートを配置しています。
    シリンダーを横に膨らませることなくチェンソーの横幅もタイトになるかと思います。

    ここでまた私の独断と偏見です。
    チェンソーをスリム化するというより、掃気ポートをマフラー側に持ってくることでマフラーからの熱を遮っているのかもしれません。

    排気ガス規制エンジンは、燃料少ないので燃料冷却も難しく熱に弱いと言われています。

    (マフラー側に掃気ポートが配置されているのは、ハスクバーナの550XPチェンソーでも採用されています。)

    2ストロークのエンジン、昔は掃気ポートは クランク室からシリンダー燃焼室へ出来るだけ短くなるようにと言われていましたが、今では掃気ポート経路が長くなっています。
    層状掃気で排気ガス規制もあるからだと思います。



    フライホイールは、小型化されています。
    インジェクションとコントロールユニットで、電気を食うのですが、小型化出来たのはネオジム磁石を採用したからだと思います。(発電量アップ)

    中心部に小さい穴が多数あるのは、軽量化だと思います。

    これ以外にも、気が付いた点がありましたか、忘れてしまいました。(笑)

    このクラスのチェンソーは、日本国内ではあまり売れる機種ではありませんが、インジェクション式チェンソーとして歴史に残るでしょう。(笑)

    修理は大変になりそうです。
    多分大変でしょう。
    キャブレター式チェンソーの故障事例は多数蓄積していますが、インジェクション式チェンソーは、初めてです。
    インジェクション由来の故障もあるでしょう。
    物理的な故障と電気的センサーの不具合などもあると思います。
    チェックするところの数が増えるということになります。

    期待と不安が入り混じりますね。(笑)
    修理もシッカリするお店は、新型機種が出るときは期待と不安を感じると思います。(笑)

    コンピューター制御の修理の経験も生きてくると思います。

    修理に関しては、講習を受けたり、修理工具を揃えるのも重要ですが、修理台数が一番の勉強です。

    自動車学校で免許取ったから、レーシングドライバーになれるわけではありません。
    長年運転して運転技術がアップします。
    修理も同じです。

    ペーパードライバーが運転下手といわれるのも、経験が少ないからだと思います。

    話がそれました。(笑)

    スチールMS500iチェンソーは、TS500iエンジンカッターのいろいろ情報を収集し、改良されていると思います。

    不具合が少ないことを願いますが、いつも言うように100%完璧な機械はありません。

    当店もMS500iチェンソーを取り扱うにあたって、しっかりアフターサービス対応していかなければと思っています。
    機械ものは販売店も機械の性能に少なからず関与していると考えています。

    そうでなければ、我々販売店の存在意義は・・・無いでしょう。

    ネット通販形態もあるのでメーカー直で商売ができてしまいます。(笑)

    次回に続く


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • スチールMS500iチェンソー

    先日、スチールの技術講習会へ参加しました。
    本来、各販売店一人だけの参加ということだったのですが、無理を言って2人参加させてもらいました。

    店も臨時休業して参加しました。

    MS500iチェンソーは大型チェンソーなので月に何台も売れるチェンソーではないかもしれませんが、技術的な知識もないとチェンソー販売するのは難しいと思っています。

    MS500i はチェンソーとして世界初のインジェクションシステムを搭載しています。(多分世界初)
    手持ちエンジンとしてはTS500iエンジンカッターがすでにインジェクション搭載で発売されています。

    MS500i はそのノウハウを使っているはずなので、改良され信頼性もアップしていると思います。

    今回の技術講習会は玉切の試し切り、そして分解、パソコンに接続して診断まで、行いました。
    ピストンシリンダーまで分解したので、すごく良かったです。

    私は、新型機械を販売するときは、自信満々で販売することはありません。(笑)

    ある程度分解したり、修理したりしていい点や弱点を知ることで、販売に自信が付いてきます。
    何故かというと販売するときに、お客さんにここに注意してくださいとアドバイスできるからです。

    それをするだけで、壊れにくい機械になると思っています。

    玉切の試し切りでは、少し乱暴にあつかってみました。
    スパイクバンパー使用してぐいぐい圧力かけてみたりしました。
    回転が下がってもトルクフルだったです。

    残念だったのは、試し切りできる機械がMS500iだけだったので、比較できませんでした。

    我々販売店は、修理は毎日のようにしますが、木を切ることは正直ド素人です。
    切れ味やパワーは漠然と感じますが、これがどれくらいのパワーなのか比較するものが無いとよくわかりません。

    出来ればMS462とMS661チェンソーと切比べしたかったです。

    特にMS661と切比べをしたかったです。

    MS661チェンソーは排気量90ccです。
    そのチェンソーにどれくらい迫るパワーなのか?

    体験したかったです。残念

    これから、他の地域でも技術講習会開かれると思いますが、その時にはMS661チェンソーがあるといいですね。

    体験できるとセールストークにも使えると思います。(笑)

    また、機械を分解していて感じることもありました。
    これもセールストークに使えると思います。

    次回写真付きで書いてみたいと思います。

    最近は、こまごまとしたことで忙しくブログ書くのが面倒になってきました。

    お店に来てくれる上得意様にはいろいろ話をしているのですが・・・
    ブログに書くより話すほうが、楽なので・・・(笑)

    それではまた。


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • お知らせ

    お知らせ。
    オレゴン軽量チャップスが少量ですが入荷しました。

    ▼こちら

    こちらの商品の次回入荷は未定です。

    オレゴンのエプロンチャップスは8月夏季休暇明けあたりに入荷予定です。

    ▼こちら


    ハスクバーナのチャップスも夏季休暇明けあたりに入荷予定です。
    ▼こちら

    ほとんどのメーカーで商品在庫切れ状態になっています。


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • Appendix

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する