チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Latest Entries

お知らせ

当店よりバッテリーチェンソーとエンジンチェンソーご購入の方へお知らせ。
ユーザーブログをご覧ください。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • ハスクバーナ新世代チェンソー

    もう既にご存知の方も多いかもしれませんが、MarkⅡというチェンソーが3月に発売になるようです。

    まずはメーカーサイトをご覧ください。
    ▼ハスクバーナ新世代チェンソー


    346XPの時もボアアップして排気量を45ccから50ccにしたチェンソーをNewEditionとしてマイナーチェンジしたことがありました。

    今回は排気量ボアアップはありませんでしたが、いろいろなところを改良したようです。
    そして、MarkⅡとして新発売です。

    MarkⅡを冠したチェンソーは以前からyoutubeで120MarkⅡというのを見かけていました。(236e)

    550XPMarkⅡ 現物を見ていないので、憶測になってしまうのですが・・・
    耐久性は高くなっていると思われます。
    熱に強くなっているとも思います。
    パワーもアップしているようですし、よくなっていると思います。

    現物がまだなので、MarkⅡの話はここまでにしておきます。(笑)
    私自身もメーカーサイトの情報と営業マンからの情報しかありません。(笑)

    皆さんと大差ない情報量です。
    新しい機械が出るというのは、ワクワクします。(笑)


    最近、ハスクバーナ550XPを購入した方は、ショックを受けているかもしれません。

    昔の話をします。
    346XPが346XPNewEditionになったとき、私は在庫していた346XP売れなくなると思いました。
    確かにNewEditionが出たときは、旧346XP 売れ行きが鈍りました。

    しかし、しばらくすると346XPNewEditionより346XPがいいという人も出てきました。
    私は、なぜ? と

    ボアアップして排気量が大きくなってパワーは増したのですが、レスポンスが悪くなったという方もいました。(本体質量も若干アップ)
    ピストンが大きくなったので、レスポンスが悪くなるのは仕方がないところです。

    たった、少しのタイムラグが・・・、体に染みついた346XPのレスポンスの良さが、346XPNewEditionには無いということのようでした。
    正直私には感じることができませんでしたが。(笑)

    旧346XPは日本では346XPJPとして346XPNewEditionと併売されていました。

    売れるのは346XPNewEditionのほうが多かったです。(当店)

    しかし、346XPJPを選ぶ人もいました。

    346XPJPが、販売終了になったときは、探してくれと頼まれたりもしました。

    実は346XPJP一台当店で展示用にとっておいたのですが・・・それもどうしても譲ってほしいと言われて、泣く泣く手放したことがありました。(笑)


    最近の550XPはずいぶんよくなっていますし、550XPMarkⅡと比較して異なるところもあります。

    その異なるところにこだわり そこがいいと思うのならば、550XPもありだと思います。
    346XPJPと346XPNewEditionのレスポンスの差(私には感じることができない差)そこにこだわる方は346XPJPだったので。


    550XPはコンピュータ制御、並行輸入品、不具合、アフターサービス、などいろいろあり、評価の低いチェンソーとして・・・

    そのまま終わらせるのはなんか忍びない。(笑)

    550XPユーザーの方へ、特に最終形は、そんなに悪くはないと思っています。
    確かに完璧だとは言いませんが、いろいろ対策されていて初期型と比べるとかなり良くなっていると思います。

    それではまた。




    ※お知らせ、新しいブログ始めました。


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • 限定セール

    ハスクバーナのガイドバーです。
    本数限定です。
    まずはハスクバーナの新しいガイドバー X-Force

    当店セール価格 5940円(税込) メーカー小売価格9720円(税込)

    ハードノーズバー超高耐久性 鉄板一枚もの削り出し、先端ステライト加工



    当店セール価格 4860円(税込)
    在庫処分品です。


    ▼こちらセールページの上二つが今回紹介したガイドバーです。


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • 完璧な商品は無い。

    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • 今年は新しいソーチェンが発売になる予定です。

    表題通り今年は新しいソーチェンが、出ます。
    昨年も新型チェン出たほうですが、今年はさらに出るということになりそうです。

    それに伴い、ほかのカッティングシステムも新しいものが出るかもしれません。

    新しいソーチェンというか全く新しい規格のソーチェンもあるようです。
    それが、どういうものになるかによって、スプロケットやリムなども新しい規格のものが出てくるでしょう。

    本当はカッティングシステムの最大メーカーオレゴンさんには、もっといろいろなチェンソーに合うスプロケットを出してほしいのですが・・・

    最近チェンソーメーカーはすでにある汎用性の高い(オレゴン製に準じた)スプロケットなどを使用しないケースが増えてきました。
    一つのタイプのソーチェンしか使用できないチェンソーもあります。
    チェンソーメーカーでいろいろなソーチェンが使用できるようにいろいろスプロケットを出してくれればいいのですが・・・

    チェンソーメーカーが出さないのであればオレゴンさんに出してもらいたいところですが、そのチェンソーにしか使用できないスプロケットなど製造しても販売数量としては微々たるものになり利益出ないでしょう。

    ハスクバーナT540XPチェンソーは独自のスプロケットなので、いろいろなタイプのソーチェンが使用できないです。

    339XPシリーズの時はハスクバーナがいろいろなスプロケットを出してくれたのですが、T540XPは出していません。

    当店に工作機械でもあれば加工するのですが(笑)


    ここからは私の想像ですが、メーカーはいろいろなソーチェンを使用することができるのに制限をかけているかもしれません。
    なぜか
    チェンソーの販売チャンネルが増えたからです。

    以前はチェンソーというとどこで買えばいいかわからないほど、販売しているところがありませんでした。
    チェンソー販売しているお店が専門店すぎて少なかったからです。

    しかし、今はホームセンター、インターネット、どこでも買えるというくらいに増えました。
    お店は増えていいですが、チェンソーに詳しい販売員が増えていないのです。

    カッティングシステムの組み合わせが悪く故障の原因になるかもしれません。
    故障だけならいいですが、ケガ事故が起こると大変です。

    そのようなことを考えると、メーカーが推奨しているカッティングシステムしか使えないようにしたほうが安全です。
    また、販売員も詳しくないので一つの種類のカッティングシステムに絞ったほうが間違いも少なくなるでしょう。

    メーカーさんそのようなことを考えているのかもしれません。

    チェンソー専門店だけでチェンソー販売し、アフターサービスでソーチェンや部品も専門店だけで購入し、カッティングシステムもお店の人と相談しながら変更すればいろいろな選択肢を用意しても間違いは少ないと思います。
    (無理な組み合わせをしたとしても、十分注意する点を説明してくれると思います)

    実店舗でソーチェンを買いに初めて来る方がいます。
    チェンソーメーカー名だけを言ってソーチェンくださいと言われます。
    当方としてもメーカー名だけ言われてチェンソー本体が何かわからない。
    どのタイプのソーチェンを使用しているかわからないので販売することはできません。

    販売チャンネルが増えてよくなったのですが・・・デメリットもありますね。


    話がそれました。

    新しいソーチェンが増えますが、新規格のソーチェンなどはどれくらい汎用性を上げてくるかわかりません。
    無茶な組み合わせをするかもしれないので・・・


    まあ、新しいソーチェンが出るまでのお楽しみです。

    新しい規格のソーチェンが出るとチェンソー自体の能力もアップできるので楽しみです。(組み合わせによりますが)


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • Appendix

    カレンダー

    01 | 2019/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する