チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Latest Entries

ハスクバーナ545チェンソー、550XPと比較

手前が545、奥が550XPです。


外観の仕上げはやはり550XPがきれいです。
昔からハスクバーナを使っている人は、オールオレンジ545のカラーリングに親しみを持つかもしれませんが。(笑)








550XPの方がカッコよく見えますが、545のオールオレンジはハスクバーナという感じが私にはします。(笑)
懐かしさを感じてしまいますね。(笑)


エアフィルターの色が違います。
エアフィルターとしての能力(ゴミを濾す能力)は、545のオレンジのエアフィルターの方が上です。

ハスクバーナには黒、イエロー、オレンジのエアフィルターがあります。
色が違うだけではなくメッシュフィルターの目の大きさが違います。
黒は80μm、イエローは44μm、オレンジが25μmになります。

オレンジが一番目が細かいので、細かいゴミまでキャッチするわけです。
では何故、550XPはオレンジのエアフィルターにしないのか?
訳があります。
ここでは控えておきます。来店していただいたお客さんへの話のネタにしています。スミマセン(笑)



シリンダーの色が若干違います。
材質が違うかと思います。(正確な情報ではありません)
何故そう思うかと言うと、過去のハスクバーナチェンソーはXPとそうでない物の違いはシリンダーの材質が違うという事だからです。(その当時のハスクバーナの方から聞いた話です)

XPはプロ機、高回転がハスクバーナの代名詞と言っていいので、それに耐えうる金属で作られているのだと思います。
過去の242XPは楽に16000回転回っていたそうです。
※当時オイルの性能が良くない物を使用していた方々の242XPは良く焼付いていたと聞きました。

545と550XPの大きな違いの一つがシリンダーだと思います。

さて、そのほかの異なる点を書いてみたいと思います。
その前に、これはメーカー発表ではなくあくまでも私個人の思い込みであることを予めご了承ください。
そして、間違っていたとしても怒らないでください。(笑)

イグニッションモジュールとキャブレターが違います。

イグニッションモジュールが違うのは、すぐに想像できるかと思います。
最高回転を抑えるようになっているでしょう。
コンピュータ制御なのでキャブレターもそれに合わせたものが使用されていると思われます。
キャブレターにコンピュータ制御チップが付いています。

大きな違いはこの3点だけかと思います。

クランクシャフトも若干異なります。
クランクシャフトの金属の材質等は同じだと思います。
ベアリングやシール材も同じものを使用していると思われます。
カップという部品が550XPには追加されています。
クランク室内の体積を小さくするための部品だと思います。

クランク室の体積を小さくするとクランク室から燃焼室内への未燃焼ガスの移動が速くなります。

それ以外は、クランクケース、スプロケットカバー、などです。
これらは、カラーリングが異なるだけかなと思っています。
材質まで変えているとは思えません。

今のところ私が気が付いた点はこれくらいです。

2台を並べて全分解したわけではないので、正確な情報でないのでその辺はよろしくお願いします。(笑)

これ以外にも異なる点はあるかもしれません。


545チェンソーを550XPに改造する場合かなり部品代金がかかるという事になります。
シリンダー、イグニッション、キャブレターの3点を交換するだけでです。

最高の能力を求めるならば、最初から550XPの方がいいと思います。
(林業プロの方のメイン機)

545チェンソーは本格薪ストーブユーザーや林業プロの方の予備機として適しているかと思います。

当ネットショップで販売していた353チェンソーと同じようなモデルです。
実際353の後継モデルと言っていいでしょう。

ネット通販で販売するならば353チェンソーの方が前モデルで古く信頼性が高いので安心なんですが(笑)

545チェンソーも販売開始から5年ほど経過していると思います。
また、550XPよりもエンジン回転押さえていますし、その点で耐久信頼性は上がるかもしれません。

545チェンソーも悪くないかと思っています。
ただ、いつも言いますが、完璧な機械はこの世に存在しません。
ご購入使用開始から故障が始まるといっていいかと思います。
また、初期不良や不具合、使用方法ミスからのいろいろな問題が起こるかもしれません。

どこで購入するかは、ご購入する方の自由ですが、メンテナンス修理、部品購入などのアフターサービスはご購入店経由で行うことが前提だと考えておいた方がいいと思います。

親身になって対応してくれる修理屋は、ご購入店が一番だと思います。
私自身当店購入品と他店購入品では気合の入り方が違うのは事実です。
本当は、差を作るべきではないだろうと思っていますが・・・

購入はいつもネット通販など他店で、アフターサービスだけは当店というケースが増えてきています。
逆に、機械商品は高くてもアフターサービスが必ず必要だから機械は当店から買うというお客さんもいます。

私個人としては、両者に対してまったく同じサービスをするという事に申し訳ないと思ってしまいます。
他店購入の方のアフターサービスの質を当店購入の方と同じにするには、アフターサービスの料金を3倍くらいに上げないと同じくらいの気合に近づけないかなとも思います。(笑)

でもそれをやると、悪い評判が立ってしまいます。(あそこはぼったくる)(笑)

全国には私と同じような思いの販売店さんがいると思います。

当店もネットショップでハスクバーナのチェンソー数機種販売再開しますが、当ネットショップでご購入の方には、修理等は当店へお願いしたいと思っています。
送料をご負担していただくことになりますが、負担してもその方がいいのではないかと思っています。
販売した責任があるのでしっかり対応させていただきます。

家電通販大手のジャパネット高田は自社で修理アフターサービスを行っています。
それには到底及びませんが、アフターサービスはしっかりやっていこうと思っています。



545チェンソーは海外ではすでに発売されていましたが、国内正規品の販売は今回が初めてになります。
正直な所、どれくらい初期不良があるか心配しています。
こんなことを書くとメーカーさんに怒られるかもしれませんが(笑)

調子が悪くてもきちんと対応すれば、評価も下がらないと思います。

最近の550XPは対策も施されずいぶんよくなってきています。
パワーもあり、吹け上がりもいいと思います。

その550XPをベースとしてデチューンされている機械なので、なかなかいい機械なのではないかと期待しています。
当店入荷した545チェンソーは2017年製造でスウェーデン製です。
今まで問題があった所は対策されている製品だと思います。

林業家の方は、お付き合いのある近隣の販売店さんから購入するかと思います。
※何か不具合があった際に素早い対応を望むなら近隣の修理もする販売店からの購入をお勧めします。

当ネットショップとしては、販売店が近くにないという方、薪ストーブユーザーで本格的なチェンソーが欲しいという方に販売していこうかと考えております。

ハスクバーナチェンソー初めての方に、ハスクバーナチェンソーのクセや注意点等もお知らせしていこうかと思います。

チェンソー販売店、特に老舗で修理もしっかりやる販売店は、全国にありますが、どこにでもあるというほど各地域にあるお店ではありません。(農機具の販売店はあっても林業機械専門店は少ない)

チェンソーを販売している所はたくさんあるかもしれませんが、詳しいお店は少ないかと思います。

ネット通販のチェンソー販売量が増えて、説明を受けないまま使用していたり、不具合があったまま使用していたりして、ハスクバーナのクセを知らないまま使用し、ハスクバーナの評価を下げているケースも少なからずあるかと思います。

これは、どこのメーカーでも同じことは起こりえます。

※最近の実店舗の話です。
エンジンがかからないといってスチールMS241rチェンソーを持ってこられました。(当店ユーザ)
話を聞いて現物を見ると何が原因かおおよそ見当が付きました。
裏ワザというかチェンソー修理屋さんなら分かる方法で、すんなりエンジン始動しました。

何故エンジン掛からなくなったのか、その場合はどうすればいいのか、を説明してやってみせました。
出来るだけエンジンがかかりやすいようにする方法も説明しました。

その時に思ったのが、チェンソーを当店に持ってきて即対応したので、MS241チェンソーの評価が下がっていないと思いました。
お客さんとしては、そういう原因があったのかと理解していただけたと思うので、チェンソー自体に不信感を持たなかったと思います。

これが、相談するところもなく、エンジン掛からなかったり、延々とそれを繰り返すと、機械が悪いという印象になりかねません。

それはユーザーさんにとっても、メーカーにとっても悲しい状況です。
しかし、その間の販売店が活躍できるところでもあります。

MS241チェンソーおかしいと思っていたユーザーさんは、原因が分かり対処法も分かったと思うので不信感無く帰って行かれたと思います。

薪ストーブユーザーさんほど本来は販売店のバックアップが必要だと思います。(使用頻度がプロの方より少ないので)

エンジンをかける操作はチョークレバー引いてスターター引いて・・・と決まった操作をしますが、
状況によってはかかりやすかったり掛かりにくかったりします。
何も知らなければ、チェンソーが悪いになります。(チェンソーが悪い場合もありますが)

エンジンをかけるという操作だけでも、いろいろなケースがあります。
ちょっとしたことでもエンジン掛からなくなります。

それが、ひょっとするとチェンソーの評価をガタ落ちにさせている場合もあるかもしれません。

550XPの評価にバラツキが出だした?

話を戻します。

545チェンソーなかなかいいと思います。

どこで購入されてもいいのですが、何かおかしいと思ったら、出来るだけ早くご購入店へ点検に出すことです。

もし、ご購入店さんが近くの修理屋に持って行くようにというアフターサービス丸投げの販売店さんなら、あきらめて近くの修理屋さんから新しいチェンソー購入してください。(笑)

▼ハスクバーナ545チェンソー

ハスクバーナ545チェンソー完璧なチェンソーではありません。
ただ、10万円前後で排気量50ccクラスしかも550XPとベースはほとんど同じという事を考えるといいチェンソーだと思います。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • 新商品がたくさんあり紹介したいのですが・・・時間が

    新商品だけでもお知らせしたいことがたくさんあります。

    修理のこともいろいろあるのですが、こちらはもうすでに私の書きたいという熱が冷めてきているのでお蔵入りになりそうです。(笑)

    最近は修理は他の人に任せています。
    私は修理が忙しくなった時だけ手伝うという感じです。

    私が担当するのは、古い機械の修理が多いですね。


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • 今月は4人

    今月は、3人になりました。

    チェンソーを買いに来た方、2人。
    刈払機を買いに来た方、2人。

    チェンソーを買いに来た方の内訳は、チェンソー必要ないしその作業ではチェンソー使えませんよと、いうケース。
    チェンソーエンジン掛けるのが難しいというタイプ、知り合いに大きいチェンソー持っている方がいるという事なのでその方に頼んだ方がいいですよというケース。

    最初のケースは、生け垣の太い枝をチェンソー出来るという方でした。
    ヘッジトリマーでは切れないのでチェンソー買いに来たということでした。

    話をよく聞くと切る枝は、小指から親指よりちょっと大きい位の枝をチェンソーで切りたいとのこと、スチールの安いチェンソーがあると近所の方から聞いてきたらしいのですが、チェンソーでそのような枝は切るのが難しいです。
    切れたとしてもきれいに切ることは出来ないかと思います。

    やまびこにそのような枝を切るチェンソーがありますが、8万円前後します。
    一般家庭の使用でその機械を用意するのは、使用頻度を考えると現実的ではありません。

    ハサミで切るか、手鋸で切ることを勧めました。
    手でするのはきついという事だったので、山林用のチップソーを提案しました。
    低く刈りこむという事だったので、刈払機に山林用のチップソーをつけて切りそろえる方法を提案した次第です。

    生け垣を低く刈りこむ場合太い枝を切らなければならないこともあります。
    ヘッジトリマーで切れないと思います。
    その場合、刈払機に切れ味のよい山林用チップソーとかで切る方法もあります。
    刈払機の刃を腰の高さ以上に持ち上げてくる場合には使えない方法ではありますが。(笑)

    もう一人のチェンソー買いに来た方は、欅の30~40cm直径の木を切るという話でした。
    こちらの方もいろいろ話を聞いて、ご近所の知り合いの方に依頼された方がいいとアドバイスしました。

    排気量30ccのチェンソーで切ろうとしていました。
    45ccのチェンソーを勧めましたが、スターターを引くことができませんでした。
    アシストスターター付のチェンソーもありましたが、予算オーバーという事でした。

    チェンソーを当店で購入するより、ご近所の方に伐倒代金を払って処理したほうがいいと思いました。

    その木を切ればその後チェンソー滅多に使うことは無いという事だったので、なおさら依頼したほうがいいと思いました。


    刈払機のケースは、年配の方と女性の方でした。

    当店でも2万円そこそこの刈払機を販売しています。
    しかし、排気量質量が大きく意外と本格派の刈払機なので、スターターを引くことに少し不安がありました。
    (エンジン掛けられない可能性がある)

    バッテリー刈払機や排気量の小さくエンジン掛けやすい刈払機もありましたが、予算の都合で今回は販売しませんでした。

    ホームセンターで排気量の小さい刈払機を買ったかもしれません。
    力がない方にとっては、エンジンがかかりやすいという事は、重要なのでそちらを選択するのも仕方ありません。

    刈払機もホームセンターでは、1万円そこそこで売っています。
    一般家庭の庭程度ならそれで十分だと思います。

    それくらいの価格で販売できる刈払機も仕入れることは出来ますが、売ることができないので仕入れませんが(笑)
    当店で購入するという方は、ほとんどの方が壊れた場合は修理をするつもりだと思います。

    しかし、安い刈払機は耐久性も弱いですし、壊れたら買い替えた方がいいケースがほとんどです。
    ちょっとした故障でもキャブレター分解するだけで工賃4000円+部品代かかります。
    ここを修理したとしても次は違うところがすぐ壊れそうで心配になります。




    オレゴンのガイドバーを曲げてソーチェンまで痛んだとしたら、普通はガイドバーとチェンだけを交換すればいいと思いますが、4980円ならば新品を買ってもいいかなと思ってしまいます。(笑)

    価格が安くてもチェンソーはチェンソーなので、危険度は同じです。

    当店でこのようなチェンソー販売して、説明に時間をかけていると・・・
    この価格だと説明なしで商品を渡すだけになるのは仕方ないですね。

    良く切れるノコギリよりも安いというのが、凄いです。

    たまにこのような、激安の機械の修理を持ってこられる方がいます。
    ご購入店へ修理依頼された方がいいですよと言うと、そのお店では新しい機械かった方がいいと言われるという事でした。

    実はそれ正しいかもしれません。
    新品価格が安い機械商品は、修理せず買い替えが一番安心です。

    話がそれてきたので、この辺で終わります。(笑)


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 2
  • いろいろな話

    こんにちは
    今回は、支離滅裂になるかと思います。(笑)

    人から聞いた話、お店での話、電話での話などを紹介します。

    そして、それらについて私の思うところを書いてみたいと思います。

    機械購入、機械選定のヒントにでもなるかもしれません。
    ならないかな。(笑)



    ハスクバーナ346XPチェンソーを高く評価している方がいます。
    今年、個人で購入された方です。

    今までは、ある会社所有のスチールMS261C-Mチェンソー(コンピュータ制御)を借りて作業していたらしいのですが、そのMS261C-Mチェンソーの評価があまりよくなかったのです。

    その方は、個人でチェンソー買う時はハスクバーナにすると思ったそうです。
    ハスクバーナチェンソーにすると決めた時に346XPにすると思っているようでした。

    新型の550XPを選択するつもりはなかったようです。

    スチール、ハスクバーナ、両社の最新機種ではなく、何故一型前のチェンソーを選んだのか?
    これには、深いわけがありそうです。

    ハスクバーナ346XPは当店からご購入いただきました。
    販売時にはしっかり説明させていただきました。
    346XPのクセや弱点注意点優れているところなどです。

    特に弱点注意点クセを知っているかどうかで、かなり使い勝手が変わってくると思います。
    チェンソーは自動車と違ってキーを回せばだれでもエンジン掛けられるという代物ではないからです。




    借りて使用していたスチールMS261C-Mチェンソーの評価が良かったのなら、個人で購入するチェンソーもMS261C-Mになっていたかもしれません。

    私としては、MS261C-M販売していて不具合も少ないチェンソーだし、新型なのでこれから長い期間部品供給も安心できるので、MS261C-Mも勧めはしました。即NGでしたが(笑)

    では何故MS261C-Mチェンソーがその方にとってダメだったのか?
    運悪く調子が良くないMS261C-Mチェンソーに当たったからだと思います。
    調子が悪いなと思ったら、すぐに購入店へ相談した方がいいです。

    今回の場合はMS261C-Mを使用していた方を攻めることは出来ません。
    会社の所有物でどこから購入したかは分からないし、自分の持ち物ではないので勝手に点検修理に出すこともできないと思います。
    調子が悪いと聞いていたので、購入店へ点検するよう、私からも進言はしていました。
    話を聞いてそれはおかしいと思っていたので、購入店へ早く持って行って点検してもらった方がいいと・・・
    点検してもらったとはその後聞きませんでした。(この間も聞いたのですがそのまま使っているようでした)
    コンピュータ制御なので何か不具合があっても軽い不具合ならばコンピュータ制御で動かしてしまっているケースもあるかもしれません。
    どういう状況で、どういう症状なのか、判断は難しいです。

    調子が悪いまま使用していれば、それはやはり評価の低い代物になってしまうでしょう。

    出荷されたチェンソーすべてが完璧なことは無いと思います。
    メーカーは完璧を目指していると思いますが、仕方がないことかもしれません。
    これだけは言っておきますが、スチールMS261C-Mチェンソーは初期不良の割合は少ないチェンソーだと思います。

    初期不良があるのは仕方がないと思います。
    その後の対応で評価は変わります。
    以前書きましたが、カーツの刈払機の初期不良で、怒り心頭だったお客さんたちが、カーツの刈払機最高に変わり宣伝までしてくれた話です。(笑)

    そうなんです、たとえ初期不良の機械でもうまく対応できれば、その機械の評価は下がらないのです。(と思います)



    現場で使用していた方と会社の間ではチェンソー調子悪いというコミュニケーション取れていたと思いましたが、会社と販売店の間でコミュニケーションうまく取れていなかったのかもしれません。

    販売店側からは何かあったらすぐ連絡してくれと、言っているとは思いますが、会社の方がそこまで気にならなかったのかもしれません。(コンピュータ制御で試運転問題ないから)

    使用者の方と販売店の間にワンクッションあるとコミュニケーションが難しくなる・・・


    さて、その方のスチールMS261C-Mチェンソーの評価が悪ければ、ハスクバーナ550XPチェンソーに行くかと思うのですが、ハスクバーナ346XPチェンソーだったのです。

    そこにも隠れたわけがあると思います。

    当店は、各メーカーのチェンソーを販売しています。
    ハスクバーナチェンソーも販売しています。
    1~2前に販売している550XPチェンソー位からはクレーム滅多に言われません。
    修理にも入ってきません。(販売台数多いとは言えませんが(笑))

    確かに新発売当初はいろいろあったようですが、対策もされているはずですし、徐々に良くなってきてはいると思います。

    ハスクバーナチェンソー買うと言っていたので550XPもその方には勧めました。
    対策もされてきていますよという話もしました。

    ただ、その方の周りの同業者の方が550XPを所有していて調子が悪いまま使用しているようで、評価も悪いようでした。
    同業者の方の550XPも購入店とうまくコミュニケーションが取れていないのかもしれません。(対策部品等出ているのですが・・・)

    悪い評価を聞くと当然同じ機械を購入するのは二の足を踏みます。
    また、ネットの情報も影響があるかと思います。

    ある方から教えていただいたサイトを見ると、悪い評価がいろいろ書いてありました。
    私自身そのサイト今見たので、現在の話かなと思っていたのですが・・・
    良く調べると、数年前の話だったということがあります。(笑)


    ただ、346XPと550XPどちらが信頼性高いですか?と聞かれると・・・

    346XPを販売してしまいました。
    私自身信頼性だけを問われると、前モデルになってしまいます。
    長年販売されてきた機械は、いろいろ改良が施され信頼性は上がります。

    機械は販売して終わりではないと思います。
    販売店側から各ユーザーさんに連絡を取ることは、難しいものがありますし、連絡取りすぎるとうるさいと思われたりもするでしょう(笑)
    何かあったときはユーザーさんからアクションを起こした方がいいと思います。

    ユーザーと販売店のコミュニケーションも大事ですが、販売店とメーカーのコミュニケーションも大事だと思います。

    メーカーさんとの情報交換がないとすごく不安になります。
    情報が少ないと販売するのにも不安になります。

    メーカーさんの会議には出来るだけ参加するようにはしています。

    メーカーさんによって様々ですが、会議に出て販売店同士の情報交換も勉強になります。

    メーカーさんの会議でお願いしたいことは、自社製品の弱点、注意点も教えてもらいたいことです。
    なかなか難しいですかね。(笑)(修理して販売店が調べるしかないかな(笑))


    実店舗で対面販売で購入するにしろ、ネットショップでネット通販で購入するにしろ、機械の故障修理は基本的に購入店で行うことをお勧めします。

    修理屋からすると販売した機械が修理に持ち込まれる場合と、他店で購入した機械が修理に持ち込まれる場合の、気合の入り方というか責任感というか違います。

    まあ、違って当たり前かもしれませんが、(笑)

    ユーザーさんはしっかり対応してもらいたいと思うならば、購入店へ修理に出すことです。
    その方が、安心できるかと思います。(送料がかかっても)

    当店もネット通販しています。
    ネット通販で販売した機械が修理に入ってきたときは、気合が入ります。(笑)

    遠方で送料がかかるので、故障個所の点検は言うまでもなく、それに付随するところも、また消耗部品のところも点検しまくります。(笑)
    遠方なので、行ったり来たり出来ないからです。

    性格的なものかもしれません。(笑)


    346XPを当店から購入してくれた方の、346XPに関する感想は、吹け上がりがいい、パワーがあるというものです。
    MS261C-Mよりも吹け上がりもパワーも上だという感想です。

    これは、まずいと思います。
    MS261C-Mは吹け上がりもパワーもあります。
    コンピュータ制御なので・・・

    調子の悪いMS261と比較しているので、このような感想になっていると思います。

    この方の回りでは、346XPの評価が上がるでしょう。

    当店では、排気量50ccクラスのチェンソー、一番売れているのはMS261C-Mです。
    評価も高いです。

    初期不良のMS261もありましたが、うまく対応して評価を下げることもありませんでした。
    ユーザーさんとうまくコミュニケーションできたからだと思います。

    しかし、すべてうまくいっている訳ではないと思っています。
    人によっては、調子の悪い機械使わず、新しい他の機械を他のお店で買っているかもしれません。
    その場合調子の悪い機械のクレームは上がってこないでしょう。

    当店のお客さんの中にもいるかもしれません。
    意外とたくさんいるかもしれません。(来なくなったお客さんもいます)
    心配になってきました。

    失敗することもあるので、信頼を失うこともあると思います。

    まじめにやっていくだけですかね。(笑)




    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 1
  • ヘッジトリマー







    スチールHS87Tヘッジトリマーと防振のシステムは同様のものです。
    スプリング防振です。

    ゴム防振とスプリング防振は、雲泥の差です。

    国産エンジン式ヘッジトリマーでスプリング防振タイプのヘッジトリマーはマキタのこの機種だけかもしれません。

    質量も4.7㎏なので新ダイワHT2210-750HB(4.7㎏)、ゼノアHT750H-Pro1(4.6㎏)と同等です。

    国産機の中では群を抜いて振動は少ないです。
    価格もリーズナブルです。

    なかなか良さそうなマキタのヘッジトリマーです。
    ただ、当店のお客さんの中には、このマキタのヘッジトリマーからゼノア、新ダイワへ買い替える方が少なからずいます。

    このマキタのヘッジトリマー当店で販売実績もないし、修理もほとんどしたことがないので、弱点等がどこにあるのかわかりません。

    プロの業者さんが使用するには、ブレードとか耐久性に問題があるのかもしれません。(あくまでも私の予想です)
    何故そう思うかというと価格がリーズナブルだからです。
    意味もなく価格が安いとは思えないので、何かしらの部品をコストダウンしているのかもしれません。

    それと、お客さんが言うには、スムーズにメンテナンス修理するところがないのが、ネックになっているようです。
    マキタ機械商品のメンテナンス修理は、販売店で行うことはほとんどないようです。
    ただし、マキタさんは修理サービスの拠点が各地にありそこでメンテナンス修理をしているようです。
    メリットは、マキタ商品に詳しい方が修理をするという事です。
    デメリットとしては、修理に時間がかかるという事でしょうか。

    私自身もこの機械の修理の経験がほとんどないので、注意点等をお客さんに教えることもできません。
    機械の弱点を知っているのと知らないとでは、故障の頻度は変わってくると思います。

    振動の少なさは、スチールHS87Tヘッジトリマーと同等と思います。
    しかし、スチールには他メーカーにないもう一つ大きい特徴があります。

    それは、お近くのスチール取扱店にてお尋ねください。


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • Appendix

    カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する