チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Latest Entries

ハスクバーナNEWソーチェン

大変お待たせしました。
ハスクバーナのSP21Gチェンの動画アップしました。

スチールのPMMC3 3/8ピッチ 1.1mmゲージソーチェンと比較してみました。

楠で切ってから2年ほど経過していて、乾燥して硬くなっています。

ではまず動画をご覧ください。



乾燥した硬い木だったので、伐採剪定作業に使用する際の場合はどのような結果になるか

切削スピードはほぼ同じという感じです。

押さえつけた場合もソーチェンが止まることなく切り込んでいきます。

ハスクバーナT536LiXPチェンソーのパワートルク 改めて強いと感じました。(笑)

ハスクバーナX-CUT SP21Gソーチェンの弱点は、リールチェンがないということです。
カットチェンしかなく仕入れ価格が高くなるので、販売価格も高くなります。

ハスクバーナ30cmガイドバーならば 3/8ピッチ 1.1mmゲージ ガイドバーのほうがランニングコストは安くなると思います。

スチールのPMMC3チェンもなかなかいいソーチェンなので、PMMC3チェンを使用するのもありだと思います。

当店でT535iXPチェンソー販売するときは、SP21Gチェン仕様で販売します。

ネットショップでは3/8ピッチ 1.1mmゲージ仕様でも販売しています。

どちらを選んでもいと思います。

実際作業でどちらが使いやすいのかは、正直私にはわかりません。スミマセン木を切る作業ほとんどしたことがないので・・・(笑)

実際の使用感は、やはりプロの方にしかわからないと思います。



1/4ピッチ 1.1mmゲージ ソーチェンの試し切りも行いました。
思いがけない結果が出ました。
もっと試したいことが出てきたので、これは追加の試し切りをしてからまたアップします。

やまびこの軽量トップハンドルバッテリーチェンソーの試し切りも、スチールの新しいMSA220チェンソーの試し切りもしたいのですが・・・デモ機があれば借りてまた動画を撮ってみたいと思います。(笑)


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 1
  • 昨年 2019年は大型チェンソーが

    昨年は、当店在庫分も含めてスチールMS880チェンソーが4台売れました。
    一年でこんなに売れたのは、初めてです。
    一年で2台売れたことはあったのですが・・・

    MS880チェンソークラス排気量120ccクラスは、数年に1台売れればいいというくらいのチェンソーです。
    (当店のような小規模ショップだと)

    何故超大排気量チェンソーがよく売れるようになってきたのか?
    私なりの推察ですが

    地球規模の温暖化だと思います。大きく出てみました。(笑)
    ここ最近の台風は大型化していると思います。

    例年台風被害も大きくなっているようです。

    大木が倒れたり、今までの台風では大丈夫だったかもしれないけれど・・・
    今度は倒れるかもしれないという大木があるかもしれません。

    そういう大木を切っているのかもしれません。

    その理由だけではないと思いますが、

    大排気量チェンソーが売れるのはうれしいのですが、一つ困ったことがあります。
    五十肩なんです。

    チェンソーも重たいし、エンジン掛けるのもきついです。(笑)



    言い訳
    ガイドバーも重いし、スパイクバンパーも大きくて・・・(笑)

    それと滅多にこんなに長いガイドバーは取り付けることがないので、慣れていませんでした。


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • ぺフォードヤスリ前回の続き

    前回の続きです。
    少し疑問に思ったことがあったので追加で書いてみます。


    縦筋の傷ですが、ついているところと付いていないところがあります。
    ヤスリハンドルに差し込むところには付いていません。

    ヤスリの面を水平にするために削り、その削りの傷をそのまま残しているのか?
    差込部分の傷がないところは、凸凹しているかというと 私が見る限りそこまで凸凹があるとは思えないのですが・・・



    そこで私が疑問に思ったことは、わざとこの縦筋を付けているのか?
    他社のバローべにも同じようについているし

    縦筋が付いた状態で、ヤスリの目を付けていくとヤスリの目ギザギザになるなと



    ヤスリの目 ギザギザになっています。
    このほうがヤスリがかかりやすいのでしょうか?

    私はヤスリに関してはド素人なので、よくわかりません。(笑)


    ヤスリに詳しい方がいれば教えていただけると助かります。(笑)


    エンジンのシリンダー表面もツルツルではなくホーニング加工しています。
    ギザギザです。

    ツルツルのほうがフリクションロスは少なくなりそうですが、潤滑油の保持という観点から若干のギザギザがあるほうがいいと

    ではギザギザがあればいいのかというとそれもフリクションロスになります。

    ホーニングにもシングルホーニングとプラトーホーニングがあります。
    プラトーホーニングは一工程多いホーニングです。

    ハスクバーナの346XP初期モデルはシリンダーニカジルメッキでした。
    硬いメッキでシングルホーニングということを聞きました。

    1~2ヶ月慣らし運転が必要とのことでした。
    慣らし運転がプラトーホーニングをしてくれることになります。

    慣らし後の346XPの吹け上りが変わると言われていました。
    確かに拭けが良くなりました。

    今はニカジルメッキではなくクロムメッキが多いのではないでしょうか。

    ニカジルメッキは製造処理工程で環境に悪いということであまり採用されなくなったということを聞きました。

    スミマセン話がそれてしまいました。
    知ったかぶりもしてしまいました。(笑)

    ヤスリの縦筋、目立てにいい影響があるのならばいいですが・・・


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 2
  • ぺフォードヤスリ

    ぺフォードのヤスリについてお知らせしたいことがあります。
    以前 書いたときから微妙に変わっていたり、見た目が変わっていたりしているのでそれらをお知らせします。


    まずはヤスリハンドル青です。
    ヤスリ自体の差し込むところが細くなったので、ヤスリハンドル青自体の差し込み穴も小さくなりました。


    ヤスリを差し込んでみるとなかなか真っ直ぐ差せません。

    若干斜めに差さってしまいます。
    私自身は斜めでもあまり気にならないのですが・・・
    気になる方は、違うヤスリハンドルを選ぶか、ヤスリハンドルを自作するほうがいいかもしれません。

    または、ヤスリハンドル青の穴を加工するという方法もあります。

    ヤスリハンドル青は材質が固いのでぺフォードダブルベベルヤスリのぐらつきが少ないと感じています。
    それなので、当店でお勧めしています。
    ただ、完璧に合うというわけでもないのでその点はご了承ください。




    上が現行のぺフォードダブルベベルヤスリで下が以前のものになります。



    左が現行品、右が古いもの
    現行品は縦に筋が入っています。


    ヤスリの目の部分にも縦筋が付いているようです。




    品質的には悪くなっているような気がします。
    (縦筋があるので)

    ただ、実際に目立てした時に目立てができればいいと思います。

    現行品で目立てしてみましたが、目立てできました。
    ただ、以前のものと比べてどうなのかといわれると、正直私にはよくわかりません。
    ぺフォードダブルベベルヤスリで目立てをすることが滅多にないので、感覚が研ぎ澄まされていません(笑)

    この縦筋のあるぺフォードダブルベベルヤスリは不良品かと思ったので、当店在庫のものを調べてみましたが、縦筋付いていました。

    また、仕入先に問い合わせてみて、仕入先も同じように縦筋付いていました。

    ちなみにバローべにもダブルベベルヤスリがあるのですが、バローべのものも縦筋があるとのことでした。

    ヤスリを製造する機械による縦筋かもしれないとのことでした。

    ぺフォードダブルベベルヤスリ発売当初は販売価格2500円ほどしていました。
    それから考えると、今は半額以下です。

    価格が下がったので、製造が雑になったのでしょうか?
    私にはわかりませんが・・・

    とりあえずは、皆さんにお知らせしておこうと思いました。

    目立て自体はきれいにできました。
    ヤスリの耐久性や使用感は、私には何とも言えませんスミマセン
    ユーザーさんのほうがはるかに使用頻度も高いですし感覚も研ぎ澄まされていると思います。

    もしよろしければ、以前のぺフォードダブルベベルヤスリを持っている方、または使用した方
    違いが判る方がいれば教えていただけると助かります。

    現行のぺフォードダブルベベルヤスリはこのまま販売を続けます。

    目立てが下手な私でも、そこそこ切れるようになる目立てができるので・・(笑)
    私の場合 丸ヤスリで目立てするよりもぺフォードダブルベベルヤスリで目立てしたほうが、切れ味がいいです。

    あくまでも私個人の意見です。(笑)

    丸ヤスリがいいという方もいます。
    ぺフォードダブルベベルヤスリがいいという方もいます。

    ▼ぺフォードヤスリこちら

    丸ヤスリでイマイチうまく目立てできないという方や、変わったものを試してみたいという方は、是非いちどぺフォードダブルベベルヤスリ試してみてはどうでしょうか?


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • ノウハウ

    数年前、バッテリーチェンソーを家電メーカーが作るかもしれないというということを、ブログで書きました。
    内容はほぼ私のたわごとだったので、読んでくださった方も、話半分でいてくれたことと思います。(笑)

    ソニーがバッテリーチェンソー作ると面白いなと思いましたが・・・

    最近はもしソニーが参入してくるとしてもかなり厳しいことになるだろうなと思うようになりました。

    バッテリーチェンソーが世に出て5年以上たつと思います。(ちゃんとしたバッテリーチェンソー)
    市場に多く出回りだして2~3年実際にユーザーさんに使用してもらい、修理をしていく中で思うことがあります。

    ノウハウは重要ですね。

    エンジンチェンソーは、キャブレターから燃焼室、クランク室と動力を作りだす部分が難しく、同じ材料、似たような形状でも大きく使用感やパワーに差が出てきます。(非常に重要な部分です)
    各メーカー自社開発自社工場製造なので、各メーカーのノウハウてんこ盛りだと思います。(笑)

    バッテリーチェンソーは、その重要な部分がモーターとバッテリーに置き換わるので、簡単にチェンソー業界に入ってこれると想像したわけです。
    (いいモーターを供給してもらえれば、またはいいモーターをすでに持っているメーカーからの参入)

    しかし、そう簡単ではなさそうです。
    動力源以外でも積み重ねられてきたノウハウがあるということです。

    いろいろなメーカーのバッテリーチェンソーを所有していて、使用頻度の高いプロユーザーの方は、感じていることがあると思います。
    また、いろいろなメーカーのバッテリーチェンソーを販売して修理している販売店も気が付いていることがあると思います。

    販売店の立場からすると、バッテリーチェンソーも故障するということです。
    確かに燃料系統の故障はありません。

    しかし、それ以外のところはエンジンチェンソーとほぼ同じ理屈で木を切っているので、同じような故障もあります。
    バッテリーチェンソーだから起こると考えられる故障もあります。

    バッテリーチェンソーに新しいシステムを組み込んでいるとそこに不具合が出ることが多かったりします。



    自動車業界のバッテリーカー、なんとなくですが新興のバッテリーだけのメーカーは厳しそうな気がしています。
    既存のエンジン自動車メーカーがバッテリー自動車業界でもシェアを取るのではないでしょうか。

    スマホやパソコンみたいな電子機器でメカニカルな部分がほぼないというならば、良い部品を集めただけでいい製品ができそうですが・・・

    自動車はメカニカルな部分のほうがはるかに多く、そこには何十年と培ったノウハウが詰まっていそうです。

    新興自動車メーカー テスラはノウハウを持った技術者、会社をガンガン引き抜いているのでは・・・(笑)

    新興メーカーのテスラは価格帯を高くして高級志向にし、ブランドを確立したと思います。
    そして環境にいいエコカーと高級ブランドということで富裕層の心をつかんだと思います。(笑)

    販売価格も高く設定でき、投資にも多く資金を回せるでしょう。
    その資金で技術者、会社を集めることもできるでしょう。

    新興メーカーで廉価版からスタートしたら、既存の自動車メーカーにやられてしまうと思います。
    (国がその新興メーカーを保護してくれればいいでしょうが)

    テスラも大自動車メーカーになれるかどうか・・・メルセデスやトヨタなど追い抜くことができるか?

    自動車としてだけだと無理かもしれませんが、ネットの世界とつながることでどうなるか私の頭では想像が付きません。
    Googleなど違う方向から自動車会社を傘下に収めたりして・・・


    チェンソーに戻ります。(笑)

    ノウハウを蓄積させるには、ユーザーからの情報が重要だと思います。
    また、修理屋からの情報も少しは必要かと(笑)

    ハスクバーナのファームウエアのアップデートいいと思います。
    ファームウエアアップデート時にはネットに接続します。(ハスクバーナのサイトにつながる)

    出来ればハスクバーナは、使用状況などの情報も各個人のチェンソーから集めていてほしいです。
    全世界中のチェンソーからファームウエアアップデート時に情報を集める。
    「ビッグデータ」

    バッテリーとモーターをどういう状況下でどのように制御すればいいか データを集めてより良い商品になるよう生かしてほしいです。

    ただ、情報抜いていないと思います。
    なんかいろいろと問題がありそうなので・・・

    私としては抜いてほしいのですが(笑)


    バッテリーチェンソーに関しては、強力なモーター、強力なバッテリーがあれば、強力なチェンソーができると思います。
    ただそれが、使いやすいチェンソーになるかが問題です。

    自動車で強力で大きなモーター付けて大きなバッテリーたくさん積んで、それだけだとまっすぐ走るだけなら早い車作れそうですが・・・
    止まる曲がるがあります。乗り心地も重要です。


    チェンソーは手で持つので軽量化が必要です。
    パワーがあっても大きくて重ければ、使いにくいと思います。

    また、フィーリングも重要かと思います。
    いままではエンジンチェンソーを使ってきました。

    エンジン特性を考えた木の切り方をしていたと思います。
    エンジンの音やチェンスピードを感じながら使用していたと思います。

    バッテリーチェンソーになるとエンジン音がなくなります。
    静かでいいのですが、チェンソー使用者は音からもいろいろな情報を感覚的に感じていたと思います。

    古い専門メーカーはそのようなノウハウもあると思います。

    メカニカルな部分もいろいろとノウハウ持っていると思います。

    バッテリーチェンソー自体はまだ新しいカテゴリーなので、バッテリーチェンソー固有のノウハウはまだそこまで積み重ねていないかもしれません。

    これからさらにユーザーが増えてユーザーさんの声が上がってくると思います。
    私ら販売店も少しでも貢献できればいいかと思います。(笑)

    バッテリーツールも壊れるので、修理は付き物になります。

    各メーカーのバッテリーツール 少なからず修理あります。

    修理していく中でいろいろとわかってくるものがあります。
    当店のセールストークとして使っていきます。(笑)



    ブログなかなか書けません。

    今日もスチールチェンソー初めての方にスチールチェンソー販売しました。
    使い方注意点説明するだけで、1時間弱かかりました。

    お客さんは、「忘れてしまいそう」といっていました。
    何回でも説明するので、忘れたらまた来てくださいと伝えました。

    当店には説明するということしか、能がないです。(笑)

    ブログ書くより、お客さんとコミュニケーションとるほうが楽しいかな~(笑)

    ブログでお知らせしなくてはならないことがたくさんあるのですが・・・


    ※バッテリーチェンソーはエンジンチェンソーでも評価が高いメーカー製が、良いような気がします。
    チェンソーは動力源のパワーも非常に重要ですが、それだけではないということが改めてわかりました。


    ●ブログランキング
    ▼人気blogランキング
    ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
    (応援お願いします)

    ※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • Appendix

    カレンダー

    03 | 2020/04 | 05
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する