チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

工具について

当店では、小型農林機械の修理が主なので、大型農機具や車、バイクなどのように特殊な専用工具はあまり必要ありません。

大がかりな特殊工具も必要がないので、その点は助かっています。
それでもメーカー推奨の工具は一揃えしています。

機械固有の工具などもありますが、そういう工具は機械が販売終了になり、使われなくなると工具も必要のないものになります。
ほとんど使用しないうちに機械が販売終了になり、元を取っていない工具も結構あります。(笑)

工夫すれば手持ちの工具でも修理できることもあるのですが、良く考えられている専用の工具はすごく便利です。
それを知ってしまうとついつい他の専用工具も買ってしまいます。
たまに、全然ダメなものもあります。
汎用性のある工具を使った方がいいという場合もあります。(笑)

専用工具だからすごく便利なはずだと思っても痛い目に合うこともあります。

メーカーの専用工具はメーカーの技術の人に使い方や使用感を尋ねることができるので最近は失敗しません。
買う前に聞くようにします。(笑)

メーカーの専用工具でもメーカー間を超えて使える工具もあります。
ちょっとした工具でもこれ便利だというものがあります。
例えて言うとピストンリング押さえなどです。ほとんど構造が同じなのでメーカー間を超えて使用できます。

市販品の工具を少し紹介します。
ベアリングプーラーです。
外側を引っかけて軸から外す場合はギアプーラーを使用できます。

ベアリングが埋め込みで取り付けてある場合、私はこれを使っています。

オオマチキハンの時から似たようなものは使用していました。
北九チェンソーになってからこれを購入しました。

滅多に使用しないので、まだ新品の様でしょう。
こういう滅多に使用しない工具は使用後にきれいに洗浄してからかたずけるようにしています。
工具は錆びてしまうと使い物にならないと思っています。

いつも使う工具はあまり洗わないな~。 拭きはしますが・・・

必要な工具だけれどもあまり使わないというものもあります。
しかも物によってはかなり高額で購入には二の足を踏んでしまいます。(笑)

代表的なのがトルクレンチでしょうか。

このトルクレンチセットは比較的安価でした。

自転車用の工具だったと思います。
チェンソーなどの小型機械はこれで十分だと思います。

これらの工具はアマゾンで購入しました。







ヘッジトリマーの修理には上記ベアリングプーラーがあると便利だと思います。
ケースを温めれば外れるかもしれませんが、あると便利な工具だと思います。

トルクレンチはチェンソーの修理には使っている人は少ないと思います。
そういう私もあまり使用していません。

各ネジ、ボルト、ナットの適正トルクを公表しているメーカーもあまりないと思います。(私が知らないだけかもしれません)

スチールはテクニカルインフォメーションでたまに適正トルク値を見かけます。

最近のチェンソーは軽量化の為にプラスチック樹脂を多用しているので、スクリューが木ネジみたいなタッピングスクリューになっています。
力を加えすぎるとすぐになめてしまいます。
トルクレンチを使えということなのかもしれません。

たまにお客さんが自身でメンテナンスしてねじ山を壊している場合もあります。
外れることを心配し、締めすぎるのかもしれません。

私はネジロックを塗ったりしています。



以前スチールの技術を訪問したことがありますが、いろいろ工具がありました。
各メーカーの技術に行っていろいろ工具を見てみたいものです。

便利な工具なども教えてもらいたいです。

工具は自分で作るというか部品を改造して作ったり、既存の工具を改造したりして使いやすいようにすることもあります。

改造しすぎてまったく使い物にならなくなることもあります。(笑)

今欲しい工具はキリ(ドリル)です。
1mm~2mmのすごく丈夫なキリがほしいです。
魔法みたいに丈夫なキリがほしいです。(笑)


買って全く使っていない物もあります。

ファイバースコープです。
すごく高価なものだと細くてどんな狭い所にも入っていけるものがあるのかもしれませんが。

私が買えるくらいのファイバースコープだと小型エンジンには無理でした。

シリンダーの中が見えるかなと思ったのですが・・・

歯医者さんで使う鏡の方が良く見えたりします。(笑)

失敗しました。(笑)


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 2
  • コメント

    [C1100] Re: タイトルなし

    村人さん、こんにちは
    確かにネジは締めすぎる傾向にあると思います。
    小型の機械はネジも小さく振動も激しいのでついつい締めすぎるのだと思います。

    昔のチェンソーは金属部品を多用していたのでねじ切ることは少なかったかもしれませんが、最近の機械はプラスチックを多用しているので締めすぎないように気を付けています。

    トルクレンチを使用した場合ももう少し締めた方がいいのでは、と思うこともあります。
    プラスチックはねじ切りやすいのでそのくらいでいいのかなと思う反面、使用中にネジの脱落ということも最近多いような気がします。

    いいのかどうかわかりませんが、気になるネジにはネジロックを塗布しています。

    新品の機械を販売するときは、機種によっては増し締めしたりもしています。

    私も工具を買うのは好きなのですが、1回しか使用していないとかまったく使用したことがないという工具があります。
    私は商売人なのでどうしてもコストのことを考えてしまいます。(笑)

    しかし、すぐ忘れてしまいます。(笑)

    村人さんは、マイクロメーターや顕微鏡みたいな道具も持っているようですね。
    見習わなければと思うのですが・・・どうも貧乏性なので(笑)

    ブログ拝見しました。
    目立ての台は万力の方が安定感があると思います。

    昔オレゴンにいい目立ての台があったのですが、私が買う前に販売終了になってしまいました。
    非常に残念です。

    それではまた。
    • 2014-05-10 17:29
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1098]

    村人です。

    紹介のトルクレンチは同じ物を持っていますが2-22Nまで計れるのでチェンソーなら十分です。
    このタイプのトルクレンチは使い終わったら緩めて置かないと狂ってくるので要注意。

    チェンソー等のネジの適正トルクは一般ユーザー向けには公表されておりませんが、
    サービスマニュアルに記載されていますね。
    スチールは前の方に締め付けトルクの一覧がありますが分解図には記載されていませんでした。
    ハスク560XPは分解図に直接トルクが記載されているので分かりやすいです。
    (いずれも英文のマニュアルを参照しています)
    しかし、ゼノアのサービスマニュアルは社外秘の様なので、機械屋さんに
    オンラインのマニュアルを見せてもらいました。

    ネジはついつい締めすぎてしまう傾向にありますので、適正トルクを知った上で
    それがどれ位の手応えなのか知る事は必要かと思います。
    特に小さいネジは意外なほど締め付けトルクが小さいので。

    私は某ディーラーで仕事をしていた時に日常的にトルクレンチを使って居ましたが、
    それ以前はエンジンの重要箇所にしかトルクレンチは使って居ませんでした。
    良いメカニックの要素の一つはネジを締めすぎない事だと最近思っています。

    機械整備をしていると工具はどんどん増えていき、同じ物を複数持っていたりもします。
    使いもしない工具を集めたり眺めて楽しむのは男の趣味、元なんて取れなくて良いのです。
    • 2014-05-09 15:35
    • 村人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する