チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

T540XPチェンソー、スプロケット

T540XPチェンソーのスプロケットは338XPTチェンソーと互換性がありませんでした。残念。


ウォームギア、スプロケット自体の形状も異なるので、無理やり取付けることもできないです。
こういうところの部品は互換性がある方が、助かるしエンドユーザーさんの選択肢も増えるのでいいのですが・・・

なぜ、互換性、共通部品を使わないのか?
共通部品を使った方がコストも削減できるはずなのになぜ?

大きな理由は、軽量化にあると思います。
ただでさえ小型チェンソーは前モデルでも軽量化を図ってきています。
しかも、今回は排気ガス規制という質量が増えてしまう規制もかかっています。

各メーカー、質量を小さくするのに苦労していると思います。
ただ軽くするだけならば簡単だと思います。
新素材をふんだんに使用すれば軽量化は比較的簡単でしょう。
カーボングラファイト素材、チタンなど強度が高く軽量な素材はあります。

ただ、これらの素材は価格が高くコスト的には市販チェンソーに使用するにはまだまだ難しいと思います。

必然的に各部品を見直し、数グラム数ミリグラムの軽量化を図らなければならないでしょう。

スプロケットも軽量化しているでしょう、質量差がどれくらいあるか?
計測していません。(笑)
ただ、たぶん軽くなっていると思います。(笑)
推論で書いていいかな~と少し不安になりました。

さて、T540XPにはこのスプロケットしか用意されていません。
3/8ピッチのスパースプロケットです。

他のチェンソーと互換性がないので、少し残念です。
1/4ピッチがないのが残念ですね、小型チェンソーなのでカービングなどに使用したいところですが、それがかないません。

海外では、T540XPは数年前から販売されているので他社製のT540XP用スプロケットがあるか調べてみましたが、ありませんでした。
(リム式スプロケットが欲しい旨伝えておきました)

T540XPをチェンソーアートに使用するには少々重いという事で1/4ピッチがないのでしょうか?

確かに、もっと排気量が小さく軽量なチェンソーが最近は出てきているので、それらのチェンソーで先細のカービングバーを使用するから必要ないのかもしれませんね。

ただ、339XPの時にもリム式スプロケットを使用したいというユーザーさんも多くいたので、.325ピッチリム式スプロケットが作られました。

T540XPにもリム式スプロケットが欲しい所です。(できればリアハンドルタイプも)(笑)

339XPの話を少し書きますが、339XPの源流的チェンソー335XPTというものがありました。
エンジンパワーはライバル機のスチール020Tチェンソーに引けは取りませんでしたが、エンジン以外のところで少々不具合があり、当時当店のシェアは020Tにかなり差をつけられていました。(335XPTさっぱり売れなくなったといっていいかもしれません)

その後スチールから020のリアハンドルタイプが出てプロ用軽量リアハンドルチェンソーとして人気が出ました。
ハスクバーナからも333というリアハンドルタイプが出ましたが厳しいものがありました。

それから排気量をアップした、339XPが出ました。
軽量で振動も少ない良いチェンソーでしたが、市場を席巻することは無かったかもしれません。

ただ、一部のプロユーザーから支持されだしました。
それが、339XPにリム式スプロケットが搭載されだしてからです。

スチール020チェンソーを使用しているプロユーザーさんからは以前から020にはリム式スプロケットはないのかと言われていました。
MS200とマイナーチェンジした時もリム式スプロケットは出ることはありませんでした。
020の当時当店からはメーカーさんへリム式スプロケット出してくれとお願いしましたが・・・無理でした。

339XPの時も最初はリム式スプロケットはなかったのですが、これもプロ機というならリム式スプロケットがなければプロ機じゃないとメーカーさんへダメもとで言い続けていたら、ある日予告なくリム式スプロケットが出てきました。(笑)

私の声が、スウェーデンへ届いたとは思いませんが、ハスクバーナは意外とこういうう要求にこたえてくれるのかなと当時思いました。(笑)

当時はスチールさんにも同じようにリム式スプロケット出してくださいとお願いしたのですが、このクラスのチェンソーにリム式スプロケットは必要ないですという回答でした。残念でした。(笑)

確かにリム式スプロケットは質量が大きくなるというデメリットがありますが、ランニングコストが安くなる、ソーチェンへ与えるダメージが少なくなるというメリットもあります。 

今度のT540XPはどうなるでしょうか?
一つの部品を追加するとコストも高くなるので、難しいかもしれませんね。

スチールもMS201用にリム式スプロケット出してもらいたいです。

コスト的に難しいならば、リム、スプロケットメーカーでもあるオレゴンさんから出てくれるといいのですが・・・

それではまた。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 2
  • コメント

    [C1435] Re: もし出来るなら…。

    残念ながら、T540XPにはスプロケットが用意されていません。
    軽量化を図りたいためか。
    オレゴンから部品を取りたくないのか。(笑)
    339XPと互換性とってくれていれば何の問題もなかったのですが・・・

    何かわけがあるのかな?
    とにかく残念です。
    • 2018-01-28 17:48
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1433] もし出来るなら…。

    T540XPを、スピードカットバー "13inch"で95TXLを8T位で使ってみたい気もします。

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    07 | 2018/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する