チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

スチールFS250刈払機変更点

前回のFS250刈払機のブログ記事にさらに追加します。
当店でFS250をご購入の方(コメント欄)に連絡を取ろうと思ったのですが、保証書を確認した所電話住所の記入がありませんでした。

ハンドル取付け部交換しますので連絡ください。
使用期間が長くなり交換する固定式取付け部が汚れてしまうと交換できなくなりますが予めご了承ください。

スチールFS250刈払機は初期ロットと今現在メーカーから出荷されるものと変更点が数か所あります。
当店では初期ロットが7台ありましたが、すべて販売してしまい新ロットが2台販売しました。

新ロットを初めて販売したときは変更点に気付かず、そのまま販売してしまいました。
カタログの写真と違っていたのでお客さんには不信感を持たれてしまいました。
大変申し訳ありませんでした。



写真左はFS120ですが、初期ロットです。
FS250の初期ロットとほぼ同じものです。異なる点は排気量が違うのでピストンシリンダーの違いだけと言っていいかもしれません。(キャブレターも違うかもしれません。)

比較するだけならばFS120でも問題ないので、並べて写真を撮りました。


パッと見てすぐわかるのはハンドルの幅の違いです。
初期ロットは幅広のハンドルが付いています。
新ロットは日本仕様のものに変更されています。

このハンドルはドイツ本社が小型刈払機日本仕様として開発したものを流用しているようです。
初期のハンドルは大きすぎて使いにくいという声が多くあり日本用として開発したようです。
ただ、幅広のハンドルになれると狭いハンドルが使いにくくなるという声も聞きます。(笑)

幅広のハンドルになれない方がいいかもしれないと思うこともあります。
プロの業者さんは排気量の小さい日本の刈払機も使用することがあるので、ハンドルの大小での違和感が少なくなるかと思います。



コメント欄で問題となったところです。
赤丸のハンドル取付け部これは蝶ネジを緩めてハンドルを縦にして車などに載せやすくするものです。

便利だと思いますが、


これに変更になっています。
4本のボルトでしっかり固定するものになっています。

また、青い矢印部分のハーネス(肩掛けベルト)を掛ける部分も変更になっています。

ハンドル部の取り付け部分は、コスト削減でこうなったと思います。
FS250刈払機は旧型の刈払機で当時は日本未発売でした。
FS200という一型下のものが日本で販売されていました。
FS200の当時の価格は78000円(税抜き)で実売価格でも70000円くらいしていました。

一型上のFS250刈払機は今回54800円(税抜き)という価格です。
排気量40ccオーバーの刈払機としては破格の値段です。

ちなみに新型のスチールFS240刈払機は71800円(税抜き)排気量37.7ccです。

コスト削減は仕方ないかもしれません。

ただ、このハンドル取付け部は固定式のものが良いというお客さんが多くいました。(当店のプロ業者さん)
FS100、FS130、FS200、FS240が同じ可動式取付け部です。
固定式取付け部はなかったのですが、FS26刈払機が発売されてFS26用の固定式取付け部がFS200などに流用できるようになりました。

何人かのお客さんにはFS26用の固定式取付け部を部品として取り寄せ無償で交換していましたが、固定式でも2500円弱位するので今はしていません。(笑)

店舗引っ越しする前はこの可動式取付け部が何個か合ったのですが(交換してのこっってしまったもの)・・・どこに行ったか分からなくなりました。(笑)

プロのお客さんは、可動式もいいけど固定式のシンプルで丈夫な方がいいという方が多かったのです。

FS250初期ロット購入した方の中には、固定式の取付け部に変えてくれと依頼がありましたが、刈払機自体の価格が安いので勘弁してもらいました。(笑)

排気量が大きいし、ハードに使用するケースが多いかと思うので、固定式の方がいいかもしれません。
私自身は固定式になってよかったと思っています。(笑)

もし、可動式のものが良いと思っている方は、お近くのスチール取扱店へ急いで行ってください。
メーカーの在庫には可動式が無いので、可動式は各お店に残っているものだけになります。

当店はFS250刈払機は固定式のものしかありません。


それ以外に変更になったものは

ギアケースです。
旧型はネジ2本で取り付けられています。


新型はネジ1本で取り付けられています。

強度だけを見れば旧型があるかと思いますが、新型のネジ1本でも大丈夫だと思います。
国産排気量40ccオーバーの刈払機も実質の取り付けネジは1本です。


旧型


新型
刈刃取付け時のストッパー棒を差し込む穴が良くなっています。

刈払機を逆さまにして刈刃を取付けるので、ストッパー棒を良く落としていましたが、新型はストッパー棒を止めるストッパーが付いています。(紛らわしいですね)(笑)

これ意外と便利です。(笑)

カバーを取り付ける部分も少し変わっていて、ギアケース自体軽量になっていると思います。




ナイロンカッタ用のこの部品も変更になっています。
当店では、これについてはほとんど説明していません。(笑)
ナイロンカッターで使用する方が多いのですが・・・

これは、無いなら無いでもいいかなと思っています。(笑)
この部分もコスト削減してもいいかなと思うのですが・・・
スチールのプライドで付属させているのかもしれません。

これの使用方法はここでは書きません。

お近くのスチール取扱店で聞いてください。
お店の方と話をして仲良くなってください。(笑)


カタログには初期ロット旧型の写真が使われていましたが、新ロットの取説には変更している写真が使用されています。






来年のカタログには変更した写真が使われるかもしれません。


今回の変更はコスト削減が主なところかもしれません。
でもコスト削減で悪くなっていると一概には言えないと思います。

軽量化になっていると思いますし、固定式取付け部も軽量化とシンプルゆえの耐久性があると思います。


FS250刈払機は当時、USAのカタログにしか載っていませんでした。(私がネットで見ただけなので正確な情報ではありません)
排気量40ccで質量6.3㎏だったので、非常に気になっていました。

日本でもFS200ではなくてFS250を販売すればいいのにと思っていました。(笑)
価格が高くなってもいいから排気量大きい方がいいなと思っていました。

それが、価格が安くなって販売されだしたのです。
GOODです。

問題は、FS240刈払機です。
私は非常にいい刈払機だと思っています。
当店では、スチール同士でぶつかってしまいます。(笑)

ただ、大排気量刈払機どうなんだろうと思っている方や価格や質量で二の足を踏んでいた方に、新FS250刈払機はお勧めかもしれません。

最後に完璧な機械はこの世にありません。
どんな機械にも弱点、欠点があるので購入時にお店の方に尋ねてください。
また、ご自身の使用環境や使用状況をお店の方とよく相談して、FS250刈払機が本当に最適なのかどうかを決めてください。

どういう作業をするか、どれくらいの機械が必要か理解している方は、一握りのプロの方だと思います。

その機械がどんな機械かというのは、販売店の方が若干詳しいかと思います。

ユーザーさんと販売店さんはコミュニケーション取るべきでしょうね。(笑)
支離滅裂で長くなってきたのでこの辺で。

それではまた。


※追伸、
販売店によって、お勧めの機械は変わってきます。
何が正しいかは、わかりません。
いろいろな要因が重なりますので、これが正解というものはないと思います。

すごくいい機械があったとしても部品入手が困難な機種ならばその機械は購入対象からは外すべきだと考える方もいます。

何を選ぶかは難しくもあり、楽しいですね。(笑)


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 11
  • コメント

    [C1383] Re: カバーについて

    こんにちは
    海外の安全基準を満たすために、大きなカバーと取付位置を変更できないような仕組みになっているかと思います。

    以前よりこのカバーに関してはいろいろと不満をお客さんから聞いていますが、安全基準のため仕方ないと諦めてもらっています。

    スチールドイツ仕様刈払機は、世界安全基準なので日本では使いにくい所も多々ありますが、大型刈払機としては非常に能力が高いと思います。

    日本仕様に変更することは無いと思いますので、作業内容に合わせて使い分けるのが良いかもしれません。
    • 2017-09-29 17:53
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1382] カバーについて

    刈り払い機の刃にカバーが近すぎます。ナイロンカッター使用時には、問題なく使えますが、長い雑草になってくると間に挟まってしまいます。
    荒れ地での作業は、カバーが割れるなど、壊れてしまいます。 そのため別のカバーを取り付けましたが、元のカバー取り付け部の凹凸が、原因で、雑草が絡み付きます。 
    ビニールテープを巻き付けることで、草がからまなくなりました。

    [C1381] スチ-ルハンドル固定部品について

    可動式回転折りたたみのできるハンドル固定部品は、最悪です。平地での軽い草については、問題なく作業出来るのですが、傾斜での作業や荒れ地での作業には、すぐにハンドルが滑り曲がってしまいます。ナイロンカッターのコードを出すために、たたいただけで、ハンドルが、手前に曲がってしまうため、毎度強くしめる必要が、あります。
    しかし購入ご、半年ていどで、ネジ山がつぶれてしまいました!今は、完全固定式の部品を取り付けました、ハイパワーの刈り払い機には、豚に真珠状態になります。

    [C1326] Re: ありがとうございました。

    ナイロンカッターは、跳ね石が激しいので大きめのガードを使用したほうが安全だと思います。
    作業性は落ちるかもしれませんが

    周りの状況も注意したほうがいいかもしれません。

    それではまた。
    • 2016-10-08 09:55
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1325] ありがとうございました。

    安全を考えるとやっぱりつけた方がよいですよね。
    実際刈ると引っかかりが多くて、どうしたものかと思ってたんですが、安全第一を考えます。
    ベルトの長さで角度調整をしてみます。
    ありがとうございましたm(_ _)m
    • 2016-10-05 17:27
    • やまさん
    • URL
    • 編集

    [C1324] Re: いつも楽しく拝見しております。

    こんにちは
    黒いカバーは、ナイロンカッターを使用するときに取り付けるといいようです。

    ただ、重くなる、引っかかるなどのデメリットもあります。
    付けなくても使用することは出来ますが、飛散物を少なくするならばつけておいた方がいいと思います。

    販売店としては、つけておいた方がいいという回答しかできませんが、実際作業している方で付けている方は少数かもしれません。

    安全性を考慮するのならば、付けておくことをお勧めします。
    • 2016-10-05 16:42
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1323] いつも楽しく拝見しております。

    はじめまして。更新を楽しみにブログをいつも拝見させてもらっています。
    役に立つ情報ばかりで、林業のプロではない私などはショップで色々聞きずらいので、このブログは本当に楽しみにしております。
    この黒いナイロンコードのカバーなんですが、プロの方もつけてられるのでしょうか?
    つけて草を刈ると、地面の凸凹にカバーが引っかかり刈りずらいように感じているのですが。
    ご教授願えれば幸いです。m(_ _)m
    • 2016-10-05 11:55
    • やまさん
    • URL
    • 編集

    [C1301] Re: 6月3日にコメントした者です

    こちらこそ、よろしくお願いします。
    ハンドル取付け部は、動かすことが無いようであれば、固定式の方がシンプルで安心かもしれません。

    FS250の変更点は担当の営業の方からの連絡が少し遅れてしまい、販売後に変更になる旨の連絡が来ました。

    初期ロットがこれほど早くなくなるとは思っていなかったのかもしれません。

    それでは
    • 2016-06-11 09:48
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1300] 6月3日にコメントした者です

    すいません
    言葉が過ぎてしまい色々とご面倒をお掛けしてしまったみたいで。
    今回のブログの内容的なことを、お店でも伺えたらと、近くのショップではなく貴店にと、足を延ばしました。
    部品の交換等は、特に考えておりませんので大丈夫です。
    これからもチェンソーの購入等考えておりますので、宜しくお願い致します。

    [C1299] Re: タイトルなし

    こんにちは
    幅広のハンドル最初は違和感を感じるようですが、長く使用していると幅広の方が力が入りやすかったり、使いやすく感じるようです。
    平地で広い場所だとこの幅広ハンドルは良いようです。

    ただ、法面や植込みの多い所では、普通のハンドルの方が構造上使いやすいと言っていました。

    今回のFS250刈払機は平地で使用することが多いと思うので、幅広のハンドルのままが良かったかなと思いますが、コスト削減ならば致し方ないかと思います。

    今回のFS250変更点は人によっては良いという方もいるでしょうし、残念と思う方もいると思います。
    私としては、どちらかというと良かったかなと思っています。(笑)

    当店でのFS250購入すると思われる方は、FS100以上をお持ちのお客さんの買い替え購入が多いかと思います。
    幅広ハンドルが良ければ、すでに持っている機械からハンドルだけを外して使用すると思います。

    部品として幅広ハンドルも購入できるので、選択肢が増えるという点ではGOODだと思います。

    それでは。
    • 2016-06-07 11:00
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1298]

    毎度勉強になります。
    私のFS130、可動式ですが1度も畳んだ事がありません(笑)
    逆にかなりキツく締めているつもりですが、ナイロンカッターのブレードを伸ばそうとして刃先をコツンと叩く際にハンドルが滑って前傾していく事がたまにあります。
    私も固定式で良いかなと思うところです。

    が、ハンドルは幅広が良いです!最初は多少違和感を感じますが、慣れると手放せません。身体、特に股関節にねじる負担が掛からない気がします。
    • 2016-06-06 21:58
    • ひっちっち
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する