チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

販売方法によるメリット、デメリット

前回の続きから、内容が若干外れるかもしれませんがご了承ください。(笑)

いろいろな販売方法については、以前にも書いています。
重複するところもあるかと思いますが、ご勘弁を(笑)。

ずいぶん昔の話なのですが、お付き合いください。


当時ある地域の方たちにカーツの新型刈払機をまとめて販売しました。
軽量で同排気量の刈払機からするとパワーがあるという事で。
新発売ホヤホヤの刈払機でした。

しかし、不具合が数か所出ました。
購入した方すべての機械が次々同じようになりました。

不具合の台数が増えるにつれお客さんのクレームは高まり、これはカーツの刈払機すごくまずい状況になったと思いました。
(私自身も対応に飛び回りました)
当店からもメーカーへ対応を依頼しました。

その時のメーカーの対応の早さにビックリしました。
技術の方数人が機械を引き取りに来られ、状況をユーザーさんに聞き、改良した機械をまたもってきました。

最初滅茶苦茶悪かったお客さんのメーカーに対する評価が、対応のスピードの速さに一変しました。
カーツは良いになったのです。
実際、さらにカーツは改良して不具合を直しました。三菱のエンジンも調子が良かったのもありました。

対応してもらったお客さんがその地域の人たちに宣伝して、その後カーツの刈払機が結構売れたのです。

クレーム対応の速さで変わるものだと思いました。

ただ、クレーム保証は難しいです。
商品の方に問題があるのか?
それともユーザーさんの使用方法に問題があるのか?
判断が難しいことがほとんどです。

ただこの時のカーツの件は新製品という事もあり、また、販売後すぐだったので商品に問題があると判断できました。

当時、私はこのお客さんたちはもうカーツの商品買わないだろうなと思っていたのですが・・・
逆にカーツのファンになってしまいました。

ここ最近でいうと、スチールMS261チェンソーで不具合がありました。
遠方のお客さんだったのでチェンソーは当店から購入したわけではありませんでした。
ただ、そのほかの商品をいろいろネットショップから購入してくれていましたし、通販でいいからMS261を当店から買いたいと言ってくれるお客さんだったので、何とかしようと思いました。

また、このままにするとMS261の評価が下がるかもしれないとも思いました。
取りあえず購入店へ持っていき点検してもらうように言いました。

購入店で点検しても異常がないという事でした。
どういう症状なのか尋ねると実際に木を切っている時でないとその症状が出ないということでした。

なんとなく思い当たる節もありました。
ただ、もう一度購入店で点検してもらえというには気が引けました。
また異常なしで戻ってくるかもしれないと思い、スチール技術の方に連絡してユーザーさんと話してもらい、購入店経由でスチール技術サービスへ機械を送るように手配してもらいました。
角が立たないようにうまくやってもらいました。(笑)

実際メーカー技術サービスで点検すると異常があったそうです。保証修理で対応できたようです。

ユーザーさんも何かおかしいと不安になっていのも解消できてよかったです。
MS261C-Mも調子がよくなり、良かったと思います。
このままほっておくと、いつか壊れてしまい、MS261C-Mの評価は悪くなるところだったと思います。

100%完璧な機械は無いと思います。
出来るだけそれに近づけるためには、アフターサービスが必要になるかと思います。

バックアップ、アフターサービスもその機械の評価を上げる一因かもしれません。
修理屋としてはそう思いたいですね。(笑)




242XPも発売当初はいろいろと有ったようです。

346XPも発売当初はいろいろありました。
最初の頃は、前モデルの242XPに変えてくれとかお客さんに言われていました。

ただ、私は346XPは242XPの後継モデルだし、いろいろな所が良い方向に改良されていましたので、346XPの方をお勧めしていました。(対応に飛び回りましたけれど(笑))
発売後から時が経つごとに不具合が解消されていき、評価は徐々に上がっていきました。

初期型を購入した方は我慢して使用し続けていたわけではありません。
クレーム個所であればきちんと対応して、対策部品と交換して対応していました。
(ホント今思い返すと346XPもいろいろありました(笑))

今現在346XP復活販売していますが、凄く調子のいいチェンソーという評価です。

新発売当時から1~2年で346XPの評価安定してきました。
まだまだ弱い所もありましたが、旧モデルから性能が上がっている所も多々あったのでそのあたりが評価されだしてきたからです。

また、自慢になりますが、当店(オオマチキハン)はクレーム対応をしっかりやってきたと思うので、346XPの評価が良くなってきたのだと思います。
当然、全国のハスクバーナ取扱店(修理対応プロショップ)さんもしっかり対応したと思います。
(メーカーさんから販売店へも対応がありました)
メーカー → 販売店 → エンドユーザーのつながりがしっかりしていたからだと思います。

販売店が346XPクレーム対応せず、ほったらかしだったら・・・346XPの評価は、ガタ落ちだったと思います。(笑)

550XPはどうか?
当然ですが、完璧な機械は世の中に存在しないと思っています。
550XPにも初期不良、不具合はありました。
これは仕方がないことです。(ユーザーさん側からすると納得できないかもしれませんが・・・)

ただ、新型機種なので最新鋭の技術や良くなっている所も多々あります。
新し物好きな方や新技術に興味のある、パイオニア的なユーザーさんが購入してくれます。

現在、550XP手こずっているかと思います。
しかし、着実に改良されてきていると思います。

新発売から5年ほど経過したと思います。
評価はどうかというと、皆さんもご存じの通りだと思います。
あまり芳しくありません。

ただ、最近の550XPはずいぶんよくなってきたと思っています。
しかし、評価にムラがあるような気がします。

良いよというユーザーさんもいれば、ダメというユーザーさん。
初期型のものを購入していても対策部品で対応してもらっていれば、良くなっているはずですが・・・

最近の販売の550XPでも完璧ではないですし、当たり外れはあると思います。
それでもクレーム対応していれば、評価が悪いままであるというのはあまりないのではないかと思います。
長引いているような気がします。

気になることはあります。
一つは並行輸入品です。
並行輸入業者にも良心的な所とそうでないところがあると思いますが、並行輸入品を購入したユーザーさん対策部品やメンテナンスが受けられていないのかもしれません。

当店のユーザーさんから聞いた話ですが、同僚の550XPも調子が悪いそうです。
一度点検してもらった方がいいのではないかと思ったので、当店のユーザーさんにその同僚の方550XP購入店へ点検に出した方がいいですよと言いました。

もう、その話をしてから1年ほど経ちますが、まだ購入店へ点検に出していないようです。
調子が悪いまま使用し続けているようです。

調子が悪いのに、何の対策もせず使用していれば、当然評価は良くならないと思います。

ユーザーと販売店のつながりがうまくいっていないようです。

その550XP国内正規品ですが、ネット通販で購入したようで、点検整備に出すのが面倒なようです。

ひょっとしたら、一度は点検整備に出しているかもしれません。

意思の疎通がうまくいかず、うまく対応できていないのかもしれません。
また、原因が良くわからない時は、点検修理後使用しチェックするそしてまた点検整備という事を繰り返さないとうまくいかないケースもあります。
行きつけの販売店であれば、販売店もどういう作業内容かどういう症状か対面で質問しながら聞けるし、ユーザーさん側も説明がしやすいと思います。

修理屋の立場からすると、何の情報もなく修理してくれと言われるのはきついものがあります。(笑)
(たまにあります。奥さんが旦那さんに頼まれて機械を持って来る時など)

販売店とユーザーのつながりがうまくいかないと、商品の評価は上がっていかないのかもしれません。

当店では、あまり550XPの悪い評価は無いです。(台数あまり販売していませんが(笑))
販売時にハスクバーナチェンソーのクセや注意点等をしっかり説明して、その時の対応方法なども説明してはいます。

メーカーから販売店へ対策部品や情報等が流れてきていても、そこから先のユーザーさんへ届いていないのかもしれません。

ユーザーさん側からのアクションがなければ、販売店はその機械問題なく調子よく動いているものだと思ってしまいます。

当店もネット通販していますが、何もアクションがないと調子よく動いているものだと思ってしまいます。

※一度、調子が悪いとチェンソー返品されてしまったことがあります。(笑)
こちらからは、しっかり返金したのですが・・・、付属品やサービス品は戻ってきませんでした(T_T)

そのチェンソー調子が悪いと返品されたのですが、当店で試運転しても全く問題有りませんでした。
しかし、調子が悪いと言われたので、そのチェンソーは機械に詳しい人に格安で販売しました。(付属品も無し使用しているし)

ちょくちょく調子どうですかと尋ねましたが、まったく問題ないという事でした。(笑)
修理にも入ってきません。(笑)

対面販売ではなかったので、意思の疎通ができなかったわけです。(笑)(T_T)

売る方も買う方も、リスクがあるという事ですね。


ネット通販で販売する機械は、改良がかなり施された、少し枯れた機械が安心なのかもしれません。

353チェンソーなどがそれにあたるかと思います。

346XPなどもネット通販で販売するにはいいかと思います。
長年販売されて、悪い所改良されているからです。


話を戻します。

ユーザーさんと販売店のつながりがうまくいかないと、販売店とメーカーとのつながりにも影響が出るかと思います。
機械の情報がフィードバックされない状況になるかも・・・心配です。


今までも名機と言われるチェンソー各メーカーから出ていますが、新発売当初から名機だったわけではありません。

メーカー、販売店、ユーザーのつながりが、名機を作り上げてきたと思います。

途中の販売店が、ネット通販でも構わないのです。
つながりさえきちんと取れていれば問題はないのです。

ユーザーさんはクレーム対策を受けたいならば、購入店へ行かなければなりません。
購入店以外へ持ち込んだ場合は、クレーム対応できないと思った方がいいです。
クレーム対応で部品代金はかからないかもしれませんが、手間賃がかかるからです。
他店購入品の場合、クレーム対応すると面倒なだけになるのです。

通常修理ならば工賃も部品代も請求できるので、利益は出ます。

クレームが通らない場合もあります。(笑)
他店購入品をクレーム対応するのは修理屋はリスクが高すぎます。(笑)

ですからクレーム対応をしてもらいたいときは、購入店で行うことです。

ネット通販で購入した場合、送る手間や送料、時間がかかるかもしれません。(デメリット)
しかし、購入時に格安で購入しているケースが多いので仕方がないと思います。(格安はメリット)

調子が悪いまま機械を使用していると、最終的には大きな不具合を起こすことになると思います。
出来るだけ早く点検整備に出すことをお勧めします。
メリット、デメリットは、あるかもしれませんが。
(時がたてばクレーム修理受けにくくなります)

最後に私の感想ですが、550XP改良されてきてだんだん良くなってきていると思います。

お持ちの550XPの調子が悪ければ、購入店に点検修理を依頼されてはいかがでしょうか。
購入店とうまくつながりを持ち、情報交換するようにする事をお勧めします。

それが、名機を作っていく一因になると思っています。

それではまた。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する