チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

マキタバッテリーチェンソー

マキタのバッテリートップハンドルチェンソーです。
当店で販売したチェンソーではありませんが、ガイドバーソーチェンの変更を提案しました。

ただ、少し問題がありました。(笑)


バーマウントの形状です。
汎用性のあるガイドバーが使えない形状です。


チェンテンションバーも引き代が短く、こちらでも対応できません。


上のガイドバーは純正で、下のガイドバーはツムラ製でほとんどの国産チェンソーメーカーに取り付けることができますが、このマキタのチェンソーには取付けができません。
矢印の部分の長さが違うからです。


ガイドバーマウント部が違うことで、純正品しか使えないという縛りができるので、純正品を売りたいという事を考えるといいかもしれませんが・・・

パワーがないのでより切れ味をよくしたいと思ったりした場合に、他メーカーのガイドバーを使用したいが使えないという事になります。

このチェンソーの純正は3/8ピッチ、1.3mmゲージのバーチェンが付いています。

お客さんはパワー不足を何とかするために、3/8ピッチ、1.1mmゲージのカッティングシステムに変更することにしました。
私が勧めたのですが、取付けが出来ないという事を私自身知りませんでした。

お客さんは器用な方だったので、ツムラのガイドバーを加工しました。




フリーハンドでグラインダーで削ったとは思えないほどきれいな仕上がりです。

バッチリだと思います。

ソーチェンのアサリも小さくなったので、切れ味もアップしたようです。



このマキタバッテリーチェンソー
もっと切れ味が良くなるようにすることもできます。

秘密兵器です。(笑)

ただ、ガイドバーも変更しなければなりません。

ガイドバーマウントが違うので、また加工が必要です。

マキタさんは、電動工具が専門なので、このあたりのことはあまり考えてなかったのかもしれませんね。

力が弱いなら弱いなりに切れ味を良くする方法があるので、汎用性があるガイドバーマウントにしておく方がいいと思うのですが。

マキタは電動工具では世界トップレベルのメーカーなので、園芸機器のバッテリーツールもこれからいいのが出てくるのではないかと思っています。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 9
  • コメント

    [C1402] Re: マキタはエンジンチェンソーも

    こんにちは
    小型エンジントップハンドルチェンソーは新ダイワのE2025Tチェンソーが当店のお客さんの中では評価が高いです。
    エンジンパワー使いやすさがいいようです。
    その次はスチールMS150Tがいいようです。

    注意してほしいのですが、バッテリーツールのバッテリーは出来るだけ純正品を使用したほうがいいかと思います。

    ソニー、パナソニック、サムスンこの三社がリチウムイオン電池市場を占めています。
    独占しているというより技術的に量産する能力があるのはこの三社だけというのが実情のようです。

    バッテリーツールメーカーはこの三社以外の電池は怖くて使用できないのではないでしょうか。
    リチウムイオン電池は発火や本体の損傷など異常を起こしやすいので注意してください。

    メーカーからも互換バッテリーは使用しないように言われています。
    • 2017-11-14 14:58
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1400] マキタはエンジンチェンソーも

    マキタのエンジンチェンソーはタナカのOEMですが使っています。マキタのコード式電動チェンソーは静かでトルクがあって、カッティングシステムも91VXLなど汎用品が使えるので、それも便利に使っています。バーもスプロケット式ですが安くて買いやすいです。自宅前での薪ストーブ用薪作りなら、電源はあるし、電動が静かで近所迷惑にならないので、人に勧める事もあります。

    バッテリー式草刈り機もマキタの18Vのを使っています。バッテリーは他社の5000円位の廉価品でも使えるので、今後伸びていくと思います。

    [C1399] Re: タイトルなし

    こんにちは
    私もメーカーはなぜいろいろな種類のガイドバーを用意しないのかなと思っていました。

    ガイドバー製造メーカーに聞いてみると、それが何本売れるかという事が非常に重要になるそうです。
    少ない本数だと製造コストをその本数に掛けなければならないので、価格が高くなってしまうようです。

    既存のガイドバーを使えるようなガイドバーマウントにする方が、楽なのかもしれません。

    確かに、ツムラさんにガイドバー加工してくださいとお願いすると、何本単位になりますかという返事が返ってきます。(笑)

    そのチェンソーが何万台も売れているのなら何も考えず製造しても、売れる見込みがあるのでいいのかもしれませんが・・・

    難しい所です。(笑)
    • 2017-11-07 11:11
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1398] 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    [C1397]

    マウントを専用にするなら、合わせて豊富なガイドバーを用意するのが大メーカーとしての義務だと思うの。
    逆にツムラさんが商機と見て国産機種用のバーの長穴を延長するとか。
    • 2017-11-01 11:07
    • 冠山のおんじ
    • URL
    • 編集

    [C1395] Re: タイトルなし

    マキタ純正にもこのサイズのガイドバーがあったんですね。
    秘密兵器は他社製のスパースプロケットになります。

    3/8ピッチ、1.1mmゲージでも力が足りないと言っています。

    もうひとつ別の新型ソーチェンに期待しています。
    • 2017-10-25 14:00
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1392]

    こんにちは。
    考えることは皆一緒ですね。私もツムラのを加工して同じように使っています。しかしながらマキタ純正の3/8ピッチ、1.1mmの10インチもありますので私はそれも使っています。ただしハードノーズですがなんといってもマキタ純正は値段が安い。
    それと秘密兵器ですが・・・これは122や121用の4/1の流用ですかね?
    • 2017-10-24 21:34
    • 愛媛のAIより
    • URL
    • 編集

    [C1391] Re: タイトルなし

    こんにちは
    私もマキタさんには頑張ってもらいたいと思っています。

    次回の予定しているブログは、マキタさんに厳しい内容になるかもしれません。
    でも、良い商品を出してもらいたいからなのです。

    国産メーカーなので頑張って欲しい所です。
    • 2017-10-24 11:31
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1388]

    いつも参考にさせていただいてます。
    充電式でトップハンドルは いいですね~
    仕事柄 住宅地での剪定・伐採作業はエンジン音に気を使います。 ただ充電式はパワー不足で作業効率が悪いのではないかとかの先入観があって購入をためらってました。カッティングシステムの変更がいろいろできるなら、楽しいですね。(パワーシャープの使用とか) マキタさんに頑張って欲しいです。
    • 2017-10-23 22:48
    • キートン
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する