チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

プロ用刈払機

プロ用刈払機に限らずバランスは非常に大切だと思います。

バランスというのは重量バランスだけでなくパワーと強度のバランスとかです。

排気量30cc前後の刈払機でなかなかパワーもあり、この排気量のプロ機としては軽量です。
排気量からするナイロンカッターの使用も大丈夫だと思っていました。

しかし、バランスが悪かったかもしれません。
重量バランスは良いと思います。重量だけを考えると非常にいいと思います。

普通の金属の刈刃を使用するだけならばパワーと質量、の関係は良いのではないかと思います。
しかし、ナイロンカッターを使用することでバランスが崩れてしまったかもしれません。


排気量30cc前後の刈払機のギアケースは右側のギアケース位の大きさになります。

しかし、最近はエンドユーザーからの軽量化の声にこたえるために・・・
一クラス下のギアケースのサイズです。

排気量25ccクラスのプロ用刈払機ならばナイロンカッターを使用してもギアケースの耐久性も大丈夫だったかもしれません。
排気量30ccクラスだとエンジンパワーがあるので、ギアケースが耐えられなかったのかもしれません。

パワーを取るか、軽さを取るか、耐久性を取るか
全部を取ることも今の技術だとできると思います。
しかし、今度はコストに跳ね返ってきます。

難しい問題です。

当店ではこの機種を販売するときは、ナイロンカッターの使用は出来るだけ少なくした方がいいと説明しています。
(金属の刈刃専用で勧めています)

一般の方や農家さんレベルの使用であればナイロンカッターでも大丈夫かと思います。

ただ、ナイロンカッターはかなり負荷が高く刈払機に対するダメージは大きいと考えていてください。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する