チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

スチール新型ソーチェン

スチール.325ピッチのソーチェンが新型になっていました。
テクニカルインフォメーションではすでに発表されていましたが、気づいていませんでした。

今回気づいたのもソーチェン注文時に品番が変わっていたので、気が付いた次第です。


左が従来型で右が新型です。
新型ソーチェン単体で見ると気が付かない方も多いかもしれませんが、わかる方はすぐにわかるかもしれません。


並べてみるとすぐにわかります。
上刃の幅が小さくなっています。
抵抗が少なくなると考えられます。

オレゴンの21BPソーチェンと比較するとスチールの従来型ソーチェンは上刃の幅が大きくアサリも大きいので抵抗は大きいと私は考えていました。

スチールソーチェンは.325ピッチは1.6mm、1.5mm、1.3mmとゲージ幅が異なるソーチェンがありますが、カッターの形は同じものだと思います。

オレゴンからは95VP(ピクセル)などもあり、アサリも小さく(上刃の幅も狭い)切れ味もいいという評価もあります。
(パワーのあるチェンソーの場合はある程度アサリがあるほうが使いやすいとも言われます)

ここからは、私の考えです。(妄想とも言います(笑))
ハスクバーナや他社製チェンソーは.325ピッチのソーチェンは排気量60ccクラスのチェンソーでも使用しています。

スチールは.325ピッチのソーチェンは排気量50ccクラスまでとなっています。(プロ機)
排気量60cc以上のチェンソーには3/8ピッチのソーチェンになります。

スチールMS261チェンソーは.325ピッチ1.6mmソーチェンが標準になります。
私的には少しソーチェンが大きいと思っていました。
オレゴン21BP位がベストな気がしていました、

今回スチールの.325ピッチ1.6mmが新型になり上刃が狭くなったことは、MS261にベストマッチするのではないかと期待しています。

MS261にベストマッチにすることが.325ピッチのソーチェンにとっては重要だと思います。
このサイズのソーチェンはMS261が一番使用するといっても過言ではないからです。

スチールの.325ピッチのソーチェンには5種類が用意されていますが、全部新型カッターになるのかどうかわかりません。
たぶん全部変更になるのではないかと思っています。
同じものを作ったほうが製造コストは低く抑えられると思います。



従来型


新型

横から比較すると違いはほとんどわかりませんでした。

後は実際の使用感がどうなのかです。

カッター形状がほんの少し違うだけなので、たぶん私には違いが分からないと思います。(笑)

プロの方の意見をお待ちします。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する