チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

サムライカービングバー2

前回の続きです。
サムライカービングバーがマルチマウント(スチールマウントも含む)でソリッドになりました。
ほとんどの小型国産チェンソー、ハスクバーナ(小型)、スチール(小型)チェンソーに取り付けできるようになりました。
一部取付困難なものや取り付けできない物もありので注意してください。




16インチのものは先端径は大きくなります。



スチールMS192、MS193チェンソーには取付けができません。
取付には加工が必要になります。



MS150のマウント


MS193のマウント


MS201のマウント

違いが分かりますか?

MS150チェンソーに、このサムライカービングバーを取付けることは無いかもしれませんが、比較の為に画像掲載しました。(笑)



MS192はスプロケット(クラッチドラム)とマウントのスクリューの間が狭いのです。





ガイドバーの厚みよりも狭いので取付けできないのです。

MS150はスプロケットの径が小さく隙間が大きいので取り付けられますし、MS201はマウントのスクリューが小さいので隙間が大きくなり取り付け可能になります。

MS193シリーズのチェンソーに取り付けるには、加工が必要になります。


矢印の部分を削り落とせば大丈夫です。

この手のカービングバーを使用するという方は、チェンソーアートをやる方だと思います。
チェンソーアートをやろうという方は、ある程度手先が器用だと思います。

ディスクグラインダーなどで削り落とすことは、簡単にできる方が多いかと思います。

出来そうにないという方は、他社のカービングバーかスチール純正のカービングバーを使用するしかないでしょう。(笑)

私が加工してもいいのですが、きれいな仕上がりにはならない可能性が非常に高いと思います。
また、時間がかかるし工具も使用しますので、手間賃として3000円(税別)ほどいただきたいと思います。
これくらいの金額言っておけば、ほとんどの方は自分でやろうと思うでしょう。(笑)

面倒なので出来るだけやりたくないというのが本当の気持ちです。(笑)

マルチマウントに関しては、他に少し注意する点もあるよという他メーカーさんもいます。
それについては、SECRETブログの方で後日書いてみたいと思います。

それではまた。

▼NEWサムライカービングバーこちら


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する