チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

サムライカービングバー3

マルチマウントガイドバーの弱点というか、チェンソーとの相性という問題を少し紹介します。
以前にもブログで紹介したケースなのですが、少しおさらいという感じで。


マルチマウント(ユニバーサルマウントも言う)ガイドバーは標準ガイドバーと何が違うかというと各メーカー間の互換性のないマウントとに対応するために、ガイドバーの穴を大きくしていることです。

ほとんどの機種に対しては問題はありませんが、一部の機種に対して問題が起こります。


上写真、矢印部分の溝からチェンオイルが出てきます。


そのチェンソーの純正ガイドバーを使用すると何も問題ありません。
矢印の穴に注目してください。
チェンオイル吐出溝は見えません。


マルチマウントガイドバーだとその溝が見えてしまいます。矢印部分
見えるとなぜいけないのか?


上写真は、カバー側です。
チェンオイルが右から左へ逃げてしまいます。
チェンオイルだだ漏れになります。(笑)


カバー側にプレートが付いているタイプだと問題はありません。
プレートがフタの役目を果たし、チェンオイルが漏れることはありません。

小型国産チェンソーはほとんどがプレートが付いているので問題はないです。






サムライ、ツムラのカービングバーはスチールにも対応するために穴の数も増えています。
穴が多くても、国産チェンソーに対してはプレートがあるので、問題はないのですが・・・。


スチール小型チェンソーのカバーにはプレートが付いていません。


チェンオイル吐出溝です。




ツムラ、サムライともチェンオイル吐出溝は見えません。
チェンオイル漏れは心配しなくても良さそうな気がします。

ただ、この方向からチェンオイルが漏れるかもしれません。




ガイドバーの方の溝とつながっています。


チェンオイルが漏れる可能性はあると思います。
ただ、右から左へだだ漏れという事ではないので、漏れの量としては少ないかと思います。
問題なく使用している人もいるようです。

ただ、一つ頭に入れておいてほしいのは、スチールはチェンオイルの吐出量が少なく設定されています。(環境に配慮している)
少ないチェンオイルが漏れて足りないこともあるかもしれません。

スチールチェンソーで使用する際は、ガイドバーの状況に注意することをお勧めします。



思い切った方法もあります。

テープを貼って穴を塞いでしまう方法です。(笑)
写真ではビニールテープを貼っていますが、金属テープ(ステンレスかアルミ)の方がいいかもしれません。

ビニールはスプロケットに巻き込むといろいろとまずいことになります。
金属テープでも巻き込んでしまうと問題を起こしかと思いますが・・・

スチールチェンソーでマルチマウントガイドバーをすでに使用している方もいます。
チェンオイルが漏れすぎて困るという事もあまり聞きませんので、あまり心配する必要もないかもしれません。

もし気になるという方は、金属テープなどで対応するといいかもしれません。
ただし、あくまでも自己責任でお願いします。

次回、SECRETブログでお知らせがあります。
カーバーの方に朗報かもしれません。(笑)


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する