チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ハスクバーナ346XPチェンソー修理

先日、とても疲れてしまった修理がありました。
エンジンの掛かりは少し悪いかなというくらいで、アイドリングの状態のときに徐々に回転が落ちていき、ストンと止まるというものでした。

その他は高速回転は安定しているし、ふけあがりもいいのです。
スロー調整で3600回転までアイドリングをあげてやると、エンジンは止まらないのです。

ここまで簡単に書きましたが、実際に修理ではもうすでに何回かばらしたり組み立てたりをやっていました。燃料ホース、フィルター、さらにキャブレターまで新品を取り付けていました。

こういうときには良く思うのです。
キャブレターまではずしたのならなぜその時マニホールドやパルスホースも切れているかどうか調べなかったのか....
ハスクバーナの昔のチェンソーはマニホールドとパルスホースが一体化した樹脂製のもので出来ていました。
ですからここが壊れたということがまったくといっていいほどなかったので、ついつい点検し忘れるのです。

マニホールドの方は傷や破れはありませんでしたが、案の定パルスホースが裂けていました。

↑このパルスホース約1?弱裂けていました。
こんなに大きく裂けているのになぜ気づかなかったのかと思うでしょうが、汚れがホースの裂け目をきれいに隠していたのです。

ホースの裂け目をふさぐようにまるで補修してるみたいにゴミがついていました。
今回、勉強になりました。思いこみはいけないということです。

もう1台346XPチェンソーの修理があったので、それも点検してみたらやはりこうなっていました。(下のホース)


ホースの片側がすり減っているのが分かるでしょうか。
すり減って裂けてしまうのでしょう。
黒いゴミがつくのできれいに掃除しないと摩耗しているかどうかは分かりません。

さてパルスホースが切れているということが分かったので、これを交換して組み立てればOKと思っていました...

ところが、エンジンの掛かりも対して変わらないし、症状もそれほど改善していませんでした。

オイルシールが破損しているようには思えなかったので、とりあえずピストンシリンダーを外すことにしました。

見事に傷が付いていました。排気ポート側全面にきれいに...

ここまで傷が付いているのに、エンジンかかるし吹けあがる機械は初めてでした。
始動性が少々悪いのと、スローが安定しないだけだったのに...
通常ここまで傷が付いていると、エンジン全くかからないことがほとんどです。
参りました。

この焼き付きの原因は、たぶんパルスホースの破損のせいでしょう。
ピストンの排気ポート側がまんべんなく傷が付いているということは、エンジンの回転が高くなりすぎ、潤滑が不十分になったからでしょう。

パルスホースが裂けていてポンプダイヤフラムの動きが悪くなり、燃料が薄くなってしまったのでしょう。
ピストンに傷が付いたらエンジン全くかからなくなる方がいいです。
なまじかかるとあちこちいじってしまいます。

しかし、今回はいい勉強になりました。
少し古くなったチェンソーはパルスホースの点検必須ですね。
焼き付く前に交換しなければなりません。
チェンソー専門店としてプロ用のチェンソーを販売しているので少しでもチェンソーを長持ちさせたいです。日々精進(なんてね)





●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 3
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/346-8f7a0a18

    トラックバック

    コメント

    [C141] No title

    こんばんは、
    コメントありがとうございます。

    パルスホースはキャブレターにつながり、キャブレター内のポンプダイヤフラムを動かします。

    ポンプダイヤフラムは動くことによって燃料を燃料タンクから吸い上げます。

    ハスクバーナは燃料ホースよりもパルスホースの材質の方を良くしているようです。

    後ほど、パルスホースの仕組み等簡単に紹介したいと思います。
    • 2007-01-24 21:11
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C140] No title

    パルスホースとオートデコンプは違う話ですよね!
    デコンプのメクラ蓋ですか?
    良く分からないけど。
    • 2007-01-24 19:59
    • race saw
    • URL
    • 編集

    [C136] No title

    パルスホースの部品を取り除き、過去の圧縮抜きバルブの部品に戻すと良いかもしれませんね。

    焼きつき防止の根本的な対策だと思います。
    • 2007-01-22 18:42
    • 山のきこり
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する