チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

スチール020Tチェンソー

いろいろと忙しくて、なかなかアップできませんでした。

スチール020Tチェンソーの修理の話を書いてみます。

今から8年程前に販売したチェンソーの修理です。

購入してから一回しか使用していないということでした。


購入してから3年ほどして一度使用しそれから使用していないが、まったくエンジンがかからないということでした。
ほんとに一回しか使っていないのかなと思いながらスプロケットを見るときれいだったので、本当にあまり使っていないようでした。

その割に結構汚れていますねというと、納屋の奥に置いといて埃かぶっていたらしいです。


お客さんもエンジンがかからない原因がわかっているらしく、燃料を入れっぱなしにしていたというのです。使おうとして燃料キャップをあけてみるとガソリン分が蒸発し混合オイルのかすみたいなのが少し入っていたということです。

私はそれを聞いて、キャブレターがさびているかも知れないと思い、キャブレターを分解してみいましたが、錆はありませんでした。
ダイアフラムのほうも問題はなさそうでした。
キャブレターは大丈夫でしょう。

燃料フィルターも多分大丈夫だと思います。たいして使用していないからです。

後はホース回りです。

矢印の部分が切れていました。



右側新品のホースと交換して組立です。
エンジンの調子は良好です燃料ホースが切れていただけでした。

燃料ホースのほうも確かに劣化はしていましたが、切れた原因はほかにあるような切断面でした。

なにか刃によって切れたような切断面でした。納屋の奥に置いているときに何かに引っ掛けたのかも知れません。

まあキャブレターがさびたりしていなくて良かったというところです。
チェンソーは使い終わったら燃料を抜く、めんどくさいと思うならばせめて一週間以上使わないなら燃料抜くことです。
梅雨時や冬の寒い日などは、2日以上使わないときは燃料抜くように心がけておくと良いでしょう。

あとチェンソーなど使わなくても劣化する部品がありますので長期保管するときはできるだけきれいにしてから保管したほうが良いと思います。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/349-dd9096e0

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する