チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ガイドバーカバー

チェンソーを持ち運ぶときに、ソーチェンの刃でケガをしないようにカバーをはめますが、このカバーもプラスティック製のものや布製などがあります。

このカバーやはりしていないとズボンを破いたり、ケガしたりすることがあります。(特に目立てが上手な人はそうなりやすい)

刃物に取り付けるのでこのカバーも長期間使用すると、あちこち破けてきます。
部品として換えのものはありますが、1000円から2000円位します。
また結構なくす人もいるので、出費がかさむというひともいます。

色々自作する人もいます。
木の板を張り合わせてカバーを作ったり、幌布で作っている人などもいます。

実はそんなものより簡単でしかも丈夫、ソーチェンの刃も痛めない優れもののガイドバーカバーがあるのです。
制作するのにはハサミで切るだけ。(厚みがあるので少々力がいりますが)

それは消防用のホースです。消防用のホースはその性格上耐用年数とかが決まっているらしく、何年かに一度交換するらしいのですが、それをもらってきてハサミで切るとちょうどいいガイドバーカバーになるのです。
材質もすごく丈夫で、プラスティックのカバーよりも数段長持ちするそうです。


内側もゴムが張ってありソーチェンの刃を痛めることもないようです。
長いガイドバーでもお好みの長さに切ればいいだけですので、簡単です。

チェンソーをお持ちの方は一度試してみてはいかがでしょうか。





●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/362-4c26763f

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する