チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ハスクバーナの工具

ハスクバーナに限らずチェンソーの工具はたくさんの種類があります。
左下の本は339と346のサービスマニュアルです。



相当数の工具があると思います。
この工具すべてそろえなければ分解メンテナンスできないかというとそうでもありません。
あるとものすごく楽に作業が出来るけれど、無くても作業が出来る工具や絶対に必要な工具、無くてもいい工具、市販品の方が使いやすい工具、自分で作れる工具など色々とあります。

あると便利な工具は、メーカーの方に教えていただかないと、まずずっと知らないままです。(初めて見る工具は得てしてなんに使うか分からないことが多い)
また本来の使いかと違う部品に使うことなどもあります。

また以前は使用していた工具を全く使わなくなったりもします。(もっといい方法を思いついたりする)

今のチェンソーはちょっとした修理ならば市販の工具で十分間に合います。
昔は、キャブレターを外すにも特殊な六角レンチが必要だったりしたのですが...

今のチェンソーは楽にメンテナンスできるように設計されているようです。
これはほとんどの場合いいことですが、中にはあまり良くないと思うところも私はあります。(これについてはまた別の機会に)

私が昔はよく使用していて、今はほとんど使用しない工具を一つ紹介します。
それはピストン押さえです。クラッチシューなどを外すときに使用する工具ですが、今はほとんど使用しません。
エンジンの中に異物を入れてピストンのヘッドを押さえるのですからあまり気持ちのいいものではないなと思っていました。

今はなにを使っているかというと、電動工具のインパクトレンチを使用しています。
12Vクラスのものであれば、簡単にクラッチシューが外れます。
たまになかなか外れないものもありますが。
シリンダーの中になにも入れないしピストンヘッドにも傷を付けません。

ハスクバーナの石川さんに教えてもらった技です。

一度使ったら他のは使えないという工具は、六角レンチ、と星形レンチ、プラグレンチでしょうか。(星形レンチの正式名称が分かりません)

私が使っているのは六角レンチハスクバーナー、星形レンチハスクバーナーとスチール、プラグレンチスチールです。
これらはものが違います。材質が違うのでしょう。
プラグレンチは一度なくしたので違いますが、六角レンチ星形レンチはすべて私がこの仕事に就いてから使い続けているものです。(15年以上)

六角レンチはあまり使用しないかもしれませんが、プラグレンチはよく使うと思うので、一度スチールのプラグレンチを使ってみてはどうでしょうか。丈夫ですよ
草刈り機の刃を交換するときなど、スチールのプラグレンチを使うとものすごく長持ちすると聞きます。▼スチールプラグレンチ

いい工具を持つと、メンテナンスをしたくなるので機械にもいいかもしれません。
ではまた。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 5
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/375-04674a35

    トラックバック

    コメント

    [C48] No title

    フライホイールの外し方に大変興味があります。後日のアップ楽しみにしています。

    • 2006-04-16 21:36
    • 北のきこり
    • URL
    • 編集

    [C47] No title

    北のきこりさん、初めまして
    もう1ヶ月以上前にフライホイールを外した修理があり、外し方の方法を3種類ほど写真に撮ったのですが、そのままになっています。
    その他にも色々修理の写真を撮っていたのですが、もう整理がつかず、サイトにアップする時間もなく、そのままになっています。
    少しずつアップしていくつもりですが、お待ちください。

    さてフライホイールの外し方ですが、ナットを外しポンチなどでクランクシャフトを軽く数回連続で叩くとたいがい外れます。
    取り付けてあるナットをゆるめてそのナットを叩くことはしませんが、クランクシャフトにショックを与えて取るのは、メーカーの方でもそうします。
    それ専用のナット状の工具もあります。

    それ以外にはフライホイール自体を引っ張り出す工具もあります。

    後日、写真付きでアップしたいと思います。
    • 2006-04-16 21:00
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C46] No title

    いつも楽しく拝見しています。チェンソー屋さんは、ハスクバーナのフライホイールを外すのには、専用工具を使うのですか?私の知人はナットを緩め、フライホイールを持ち上げ(機体全体)、ナットをプラハンで叩いて外していました。これって、どうなんでしょう~?
    • 2006-04-16 19:06
    • 北のきこり
    • URL
    • 編集

    [C45] No title

    mikenekoさん
    どうもありがとうございます。
    トルクスレンチでいいのですね。
    スチールのかたがそのようにいっていたのですが、スチール社の呼び方なのかと思っていました。

    アレンキーの方もハスクバーナの部品表などにそのように書かれています。

    スチールの機械はほとんどこのトルクスネジの方を使用しています。
    修理をするときはトルクスネジの方がいいような気がします。アレンキーネジと比べるとなめにくいです。
    ただ電動工具用のものが種類が少ないのが難点ですね。
    (色々な長さのものなど)

    また何か分からないことがあったら教えてください。
    ありがとうございました。
    • 2006-04-15 21:01
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C44] No title

    こんにちは。
    星形レンチは、「トルクス」と言います。
    通常Tー30と言った表示でサイズを表します。
    一般的にトルクスの穴は、六角穴付きボルトと比較して浅いので
    差し込む角度に留意をしないと舐めますね。
    構造的には舐めにくいのですが。

    ちなみに六角レンチを「アレンキー」と呼んでいる人も居ます。
    • 2006-04-15 12:21
    • mikeneko
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する