チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

珍しい故障

珍しい修理を紹介します。

私の中では焼き付きという故障になります。


ピストンが欠けています。
ピストンリングが折れたり欠けたりすることはたまにあるのですが、ピストンリングはそのままで間のピストン自体が欠けています。

赤い矢印がピストンリングです。

エンジンの掛が悪く掛かってもすぐエンストしていました。

匂いを嗅いでみて迷わずマフラーを外しました。
最近匂い嗅いだだけで、どうすればいいかわかるのです。(嘘です。)

なんとなくピストンにキズがあるような気がしただけです。

ピストンのキズを確認するときは、ピストンの中央を確認します。
キズがなく黒く汚れているだけでした。
写真撮り忘れました。

勘が外れたかな~と思いながらピストンを上下させてみるとこの状態でした。

修理すれば治ると思いましたが、使用年数も長く他の部分もあちこち傷んでいたので修理しないことになりました。

スチールMS261を2台購入したのでチェンソーは間に合っているようでした。

今回は運よく故障の原因がすぐわかったので助かりました。

今考えるとツボにはまりそうな故障でした。

キャブレターやらあちこち点検して原因が分からないということになりそうでした。
特に最近は目が悪くなってきたので、ピストンが欠けているのに気が付かなかったかもしれません。

ラッキーでした。


幻の酒です(笑)


それではまた。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する