チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

改良され続ける機械

前回、ハスクバーナ339XPチェンソーがずいぶん良くなってきているということを書きました。

335XPTというチェンソーからするとずいぶんと改良されていると紹介しました。

最初から完璧なチェンソーはないと思います。
悪いところを少しずつ、改良してそして出来るだけ完璧に近づけて行くことが、いいチェンソーを作っていくと思います。

名機と呼ばれるチェンソーでも、色々なところが改良されています。最初から変わっていない名機はないと思います。
ただ名機といわれるチェンソーには大きな共通点があると思います。

それは、エンジンの素性が最初からいいというところだと思います。
パワーがあるということが重要だと思います。

名機と呼ばれるチェンソーは最初からエンジンのパワー等良かったのではないかと思います。
この部分はなかなか改良することは出来ないと思います。
その他のエアフィルターとかキャブレターとかは改良することが比較的簡単に出来ると思います。


各メーカー、売れ筋の商品ほど改良の頻度が高いのではないでしょうか。
商品の回転が速ければ改良のペースもあがるでしょうし、何より製品が多く出るということは、ユーザーから多くのクレームと多くの要望の声が挙がってくると思います。
それを製品に反映させればいいからです。

いい機械は、たくさん売れる→ユーザー多くなる→クレームや要望多くなる→製品に反映させる→さらにいい製品になる→たくさん売れる。
このようなサイクルができあがり、名機になっていくのではないでしょうか。

改良の頻度が高い製品はスチールのMS200だと思います。
メーカーからのテクニカルインフォメーションでの改良点通達が多いような気がします。
今年に入ってからも数回改良されたのではないでしょうか。

特に欧米では環境問題等もいち早く対応してきますのでその点の改良も多いのです。

改良されていい機械になってくることは、非常にいいことなのですが、修理や泣かせのところもあります。
まず部品の点数が多くなる。新旧で部品があわない等の問題が出てくるのです。

ですから当店では、販売した機械のシリアルナンバーおよび販売年月等を記録しています。
そうして新旧部品がある場合に間違えを出来るだけ防ぐようにしています。

これにはメーカーもしっかりしているところでないと、シリアルナンバー等で新旧部品のどちら使用されているか分からないということが起こってくるからです。

当店直接取引はないのですが某大手メーカーは、部品点数が多くまた新旧部品の数が多く、メーカーも把握していないというところもあるようです。
すごく部品間違いが多いという噂を聞きます。


部品購入の際は注意が必要です。
シリアルナンバー、購入年月日が分かっていても、どの部品を使用しているか分からない機種もあります。

また、ある程度チェンソー、機械等に詳しくなければ部品の違いに気が付かないかもしれません。

私も取引のあるメーカーの場合はある程度分かりますし、分からなくても直接メーカーに問い合わせることも出来ますので大丈夫だと思いますが、
直接取引のないメーカーの場合は詳しいことは分からないというのが本音です。

ハスクバーナもスチールも対策部品や改良した部品等などメールやFAX、資料等で連絡がくるので安心はしています。
ただ、私自身の頭がそれを忘れてしまうことがあるので、困ってしまうのですけれど。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 4
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/439-382b3d06

    トラックバック

    コメント

    [C75] No title

    佐藤さん、こんにちは
    私も佐藤さんが言うように、すごくもちやすいと思います。
    動かしやすい、取り回しがしやすいように感じています。

    それとパワーがある点、これが、ハスクバーナにもスチールにも言えることなのですが、普通は排気量が大きければパワーも大きいのですが、プロ機といわれるものは、カジュアルチェンソー(アマチュア用)より排気量が小さくても、パワーがあるように感じてしまいます。
    そこがプロ機とカジュアルチェンソーの違いなのでしょう。

    ハスクバーナはプロ機には数字の後にXPという文字が入っています。
    スチールのプロ機はMS○○○と三桁の数字がありますが、その二桁目の数字が偶数のものがプロ機となります。
    (MS180とMS280を除く)

    ハスクバーナ、スチールのカジュアルチェンソーも結構いいチェンソーなのですが、プロ機はさらにその上を行くという感じです。

    佐藤さんの不満点についてはまたブログ上で書いてみたいと思います。

    ではまた。
    • 2006-09-09 13:21
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C74] No title

    某ハスク代理店さん、こんにちは
    私は、339XP出始め頃はほとんど販売しなかったので、あまりひどい目に会いませんでしたが・・・

    335XPTの症状とほぼ同じのようです。
    オイル、リコイル、・・・などでした。

    339XPを初めて見たときにこの部分をチェックしましたが、335XPTと変わりがないようだと感じました。
    ですから、販売に消極的でした。
    結果的に良かったかもしれません、某ハスク代理店さんのコメントを見ると、大変だったのが伺えますから。

    339XPずいぶんと良くなったのでしょう。
    しかし、私はそれだけではないと思います。
    ひどい目にあった営業マンや販売店の人たちが、339XPを販売するときに、お客さんにここはこれ以上触ってはいけないとか、いろいろな注意点を伝えているからではないでしょうか。

    某ハスク代理店 さんもそうではないでしょうか。

    ではまた
    • 2006-09-09 12:51
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C73] No title

    私は今年の初めに339XPを購入したので興味深く拝見しました。
    ある方から「とても使いやすくてパワーもあるし、初期型はキャブの問題から余りよくなかったけど、改良されて良くなってるよ!」と教えられたからです。

    実際使ってみると、
    ・持ちやすい(キックバックの心配が少ない)、
    ・パワーがある(カタログ値以上に感じました)、
    ・満タンにしてからの稼働時間が多い、
    などで気に入ってます。

    不満は
    ・燃料とオイルの給油口が間違えやすい形状と位置
    ・10万以上の高価なプロ用チェンソーなんだからアルミハンドルにして欲しかった。
    ・プラグの位置やオイル調整ネジの節度のなさ
    位でしょうか。
    現在までトラブル無しで働いてます。

    私は部品製造会社に勤務しておりますが、改良についての考え方は同感です。
    お客様の意見をどんどん反映できて改良が出来るメーカーや製品が結果的に生き残れると思います。
    • 2006-09-09 10:57
    • 佐藤
    • URL
    • 編集

    [C72] No title

    どうもご無沙汰しております。

    339xpは今でも販売しておりますが、

    たしかに初期型はトラブルメーカでしたよ・・・

    オイルポンプ、リコイルドラム、インマニブーツ・・・

    ちょっとキレましたよ。

    売る側としてとても勉強になりました。

    なので今度は新商品の説明会は必ず出て、欠点を見つけまく

    ってあげようと思いました。うへへへぇ
    • 2006-09-08 10:52
    • 某ハスク代理店
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する