チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ハスクバーナ42チェンソー修理(汚れのみで不具合)

この間、ハスクの42チェンソーの修理依頼があり、お客さんのところまで出向いていきました。

ブレーキが壊れて動かなくなったようだとのことでした。
部品を取り寄せないとダメかなと思いとりあえず持ち帰り、分解してみました。




ものすごくゴミが詰まっていました。
切削屑、というよりも枝や葉がびっしりと詰まっていました。
このゴミがブレーキバンドとスプロケットの間に入り込みブレーキを掛けた状態にしていました。
そして、ハンドガードも動かなくなっていたのです。

木を切るだけならば、切削屑が溜まるだけですが、林業や造園業関連の場合、枝や葉を切ることもありますし、伐木する際など、回りに下草や蔓などが生えていますので、チェンソーに巻き込んでしまうことも多々あります。

長年の経験者や手入れを良くする方たちは、こういう現場ではチェンソーの動きが悪くなったり、ある程度の時間使用した場合、点検整備をするので、ここまでゴミが詰まることはありません。

たぶんこのチェンソーを使用していた人はこのような作業初めてだったのかもしれません。

今回のこの修理では、部品等が破損しているところは運良くありませんでした。
きれいに清掃したら、まったく問題ありませんでした。
このように清掃しただけでも修理工賃は発生します。
機械引き取りに行き、清掃点検して2時間か3時間ほど掛かったからです。
ゴミ掃除しただけなのにと思われるかもしれませんが、正当な修理工賃だと思います。
確かに私も請求するのは、気が引けますがこれだけの時間とガソリン代を使用したので工賃を頂かないと赤字になってしまいます。
修理の中にはたまにこういう事もあります。

ですから、機械の調子が悪いと感じた場合すぐに修理に出すのではなくとりあえず各部を洗浄して(エアフィルター等)プラグ点検、など自分で出来る点検をやってみて、それでもダメなら修理に出すようにした方がいいと思います。

燃料フィルターの交換、古い燃料の入れ替え、エアフィルター洗浄、プラグ交換、これだけで直る修理も結構あります。
これは修理屋に頼まなくとも、ほとんどのかたが自分で出来る事だと思います。

確かに、メンテナンスをしっかりするお客さんは機械を修理に出す頻度は少ないです。

チェンソーの場合(ハスク、スチール)取扱説明書にメンテナンスのしかたなども結構詳しく書いてあります。
一度読み直してはどうでしょうか。

ではまた

人気blogランキングへ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 4
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/443-bed95b63

    トラックバック

    コメント

    [C84] No title

    薪バスターさん、こんにちは
    242シリーズは現行機種に負けないパワーと信頼性がありますから、これからも十分使っていけると思います。
    まだ部品等も供給されていますし、現役で動いている機械もたくさんあると思います。
    ではまた。
    • 2006-09-15 08:58
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C83] No title

    チェンソー屋さん、こんにちは!
    古い機種に慣れてしまうと新機種の安全性の高い設計が馴染めないことがあります。
    “346XP”を無理な姿勢で保持する作業で知らぬ間にキルスイッチを作動させたり安全ブレーキを押したりします。
    逆にこれが安全性の高さを証明する結果なのですが・・・(笑)
    そんなわけでなかなかどうして古い機種も手放すことができません。
    今週も“242”のロープを巻き直ししたばかりです。
    これからもよろしくお願いします。
    • 2006-09-14 18:08
    • 薪バスター
    • URL
    • 編集

    [C82] No title

    薪バスターさん、はじめまして。
    こちらこそよろしくお願いします。
    ハスクバーナの名機といわれたシリーズのチェンソーをお持ちのようですね。

    まだ現役で使用しているようですから、大事に使っている見たいですね。
    さすがに、このごろはこのシリーズのチェンソー修理に入ってくることが少なくなってきました。
    徐々に後継機種の346XPに移行しているようです。


    ブログのマナーが良く分かりませんので、この文章と同じ文章を巻きバスターさんのブログにも掲載させていただきます。
    マナー違反なら教えてください。

    これから私も薪バスターさんのブログよらせていただきます。
    ではよろしくお願いします。
    • 2006-09-14 17:19
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C81] No title

    チェンソー屋さん、はじめまして。
    『人気blogランキング』からこちらへ来ました愛知県三河在住の薪バスターと申します。
    私も薪作りやチェンソーカービングで数台のチェンソーを所有しておりますのでこちらのブログサイトは大変参考になり感心して読まさせていただきました。
    なかでも“42”“242”“246”のシリーズはお気に入りの機種で各1台づつ所有していますがメンテナンスについて詳しい記事を発表されているで助かります。
    解らない事があったらいろいろ教えてください。
    よろしくお願いします。
    • 2006-09-14 10:25
    • 薪バスター
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する