チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ハスクバーナ、コマツゼノア買収


正確に言いますと、ハスクバーナAB 社がコマツゼノア社の農林機器事業買収ということらしいです。
プレスリリースは9月25日のようです。
ハスクバーナから当店へメールにて送られてきました(26日)

コマツゼノアにとっては、日本国内の林業の低迷、大型建機販売の好調などの要因で、農林機器事業から手を引くことを決めたのではないでしょうか。(日本の林業はやばいかもしれない、コマツゼノアは見限ったのか?)

農林機器事業は世界市場をターゲットのしないと、日本国内だけでは厳しいのが現状だと思います。
ハスクバーナはグローバル企業ですし、販売網も世界各国にあります。
またハスクバーナとしてはアジアの拠点が出来るわけですし、ハスクバーナジャパンとしては、草刈り機など製品の品揃えが増えて販売戦略が立てやすくなると思います。
競合する製品チェンソーなどがありますが、それ以外はあまり競合する製品がないので都合が良かったのでしょう。

国産の草刈り機も、小型軽量の機種はなかなかいいと思います。
欧米諸国に出していくには、排気ガス規制等対策しなければならないでしょうが、機械的には優れていると思います。

ハスクバーナやスチールなどの草刈り機は丈夫でパワーもありますが、いかんせん重量がありすぎるきらいがあります。

アメリカでも小型軽量のチェンソーが売れてきているということなので、草刈り機にもその流れが押し寄せるかもしれません。
小型化軽量化は日本の得意分野ですから、ハスクバーナもそこを狙っていたのでしょうか?

ハスクバーナ取扱店としましては、品揃えが増えることは歓迎しますが、両手をあげて喜ぶには不安があります。

コマツゼノア取扱店もハスクバーナの機械を取り扱うようになるのかということです。

そうなると、販売店レベルでは競合店が増えるということです。
コマツゼノア取扱店はプロショップも多数ありますが、商社、販社が多いと聞きますし、修理が出来ない販売店もあると聞きます。
そういうところもハスクバーナのチェンソーを取り扱うようになると、プロショップは大変になると思います。

売るだけ売って、修理が出来ない、修理はプロショップとなると・・・


ハスクさんこの頃、小さいプロショップ冷遇しているようですし。orz

九州のある地域では、DIYショップに卸すようになって、チェンソーの価格が崩れたようです。
近所のプロショップでは、価格を崩されただけでなく、DIYショップが修理ができなくて、修理だけプロショップに持ち込むとぼやいていました。

強気のプロショップでは買ったところでアフターサービスは受けなさいと突っぱねるらしいのですが、小さいプロショップでは評判(修理を突っぱねるといろいろ悪口を言われたりするらしい)を恐れてしぶしぶ修理を引き受けているようです。

今のところ当店の周りではこのようなことは起こっていませんが、近い将来、起こるかもしれません。

日本各地でも起こる可能性はあるでしょう。

ハスクバーナの取り扱い製品が増えることを喜びつつ、不安も感じているところです。

がんばりますのでよろしく



▼人気blogランキングへ←ブログランキングへ登録しましたので応援クリックお願いします。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 5
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/451-a999543b

    トラックバック

    コメント

    [C1102] No title

    こんにちは、
    チェンソーの販売形態も様変わりしてきていると思います。

    ホームセンター、ネットショップ、並行輸入品、オークション等。

    どちらかというと売りっぱなしに近い販売形態が勢力を増してきていると思います。

    この業界は他の業界に比べて修理工賃かなり安いと思います。

    オオマチキハン時代の平均工賃を見返しても、30年以上前でも平均工賃が3500円位で、今現在の北九チェンソーで4000円です。

    500円アップも大英断でした。(笑)

    修理で正常に利益を上げお店を運営していくための試算をメーカーさんがやってくれたことがあります。

    ざっと見ても3倍以上工賃が高かったです。
    これくらいでなければ、うまくいかないということでした。

    修理だけで運営するにはこれくらいなければつぶれてしまうということだと思います。
    販売もやっているからやっていけるのでしょう。

    他店購入品の修理割増価格が浸透すれば、店を閉める修理のできる販売店は減っていくかもしれません。
    • 2014-05-10 18:34
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1097] No title

    他店購入品の修理は割り増し価格で受ければよいのでは?
    高いと文句を言う客は安い処へ行けばいいだけ。

    「品質を選ぶのは顧客である」と言うのが日本以外の諸外国の常識です。

    [C1091] No title

    自店で購入したものしか修理受付しないような店は淘汰されていくのでしょうね。3次産業であれば当然ですが。

    [C89] No title

    こんばんは、
    確かにゼノアの製品はユニークな物が多いですね。
    アイディアをどんどん実用化しているのではないでしょうか。

    チャレンジ精神旺盛なメーカーだと思います。
    • 2006-09-27 23:49
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C88] No title

    本当に良いような悪いような・・・

    ゼノアの社員は若くて有望ですが、
    製品の質はプロ機としてはちょっと・・・

    ま、ハスクのプロ機に
    ゼノアの遊び心を入れないでほしい

    と、いったところですね。

    • 2006-09-27 11:25
    • 某ハスク代理店
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する