チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ハスクバーナ・オリジナル・ピクセルチェン

ピクセルチェンについて書いてみたいと思います。
ピクセルチェンはハスクバーナが開発したソーチェンですが、オレゴン製のものもあります。
オレゴン製はハスク製と同じ物と思っていいでしょう。
(ハスクバーナ製はオレゴンのOEM商品です)


ガイドバーもピクセルチェン用のものでなければいけません。
上の写真、下がピクセルのバーです。



青い矢印のマークがピクセルバーの印です。
ピクセルバーと通常のバーの大きな違いはゲージの大きさが1.3mmと小さいことです。





上の写真を見てもらうと解ると思いますが、ゲージの幅が薄いだけでなくガイドバーの厚み自体も通常のバーと比べるとかなり薄くなっています。

ですからガイドバーの重さはかなり軽くなります。
軽くなり作業性良くなり、疲労が軽減されますが、使用する人の腕が必要となります。

薄いので、強度的には弱くガイドバーを挟んだりするとすぐ変形してしまいます。

ソーチェンはタイストラップ等軽量化(薄く)されていてソーチェン自体の重さもかなり軽いです。

また上の写真のようにドライブリンクも1個おきに穴があいていて軽量化とチェンオイルの保持の効果があります。

(左がピクセル)
それとこのソーチェンの最大の特徴アサリが小さいということです。

通常のソーチェンの赤い線の幅は4.25mm、ピクセルチェンの赤い線の幅は4.00mmとなっています。
たった0.25mmの差ですが、これだけでも切れ味が違ってくると、フォレストデモ講師のアントンセン氏はいっていました。
北欧では325ピッチのソーチェンは、プロの場合ほとんどピクセルになっているといっていました。

ソーチェンも軽いのでエンジンを吹かしたときのソーチェンのスピードの立ち上がりも速いようです。
エンジンの負担も軽くなると思います。



右からハスクバーナ325ピッチ切削
真ん中、ピクセルチェンの切削
左、スチールのラピッドマイクロ325ピッチ

切削痕を見比べてもほとんど違いは解らないと思います。

今から10年ほど前日本でピクセルのバーとチェンが発売された頃、当店ではかなりの数販売しました。

そのときの評価は、実は悪かったのです。
ガイドバーが弱いという事でした。
切れ味は確かにいいという評価だったのですが、ガイドバーの耐久性がないという評価だったのです。

そして、徐々に使用する人が減ってきて、最後は当店でも仕入れないようになりました。
最後までピクセルバーを注文していた人は今思えば、上手な人だったような気がします。

この頃は当店でもまた仕入れています。
339XPには丁度いいガイドバーだと思ったからです。


この間のフォレストデモでアントンセン氏の伐倒方法だと、ガイドバーを挟むことはほとんど無くなるでしょうから、ガイドバーを曲げることも少なくなるでしょう。

ただ、やはり通常のバーと比べるとかなり薄く頼りない感じがするので、使用する人を選ぶガイドバーかもしれません。(346XP,357XPで使用する場合)

アントンセン氏の話を聞いていると特に、357XPでピクセルチェンを使うと切れ味は良さそうです。
もちろん重要な要素として目立てがいいということが、一番の要因です。

▼ピクセルチェン
▼ピクセルバー


▼人気blogランキングへ←ブログランキングへ登録しています、よろしければクリックしてください。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 5
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/476-7d80f581

    トラックバック

    コメント

    [C114] No title

    塚原さん、こんにちは
    おっしゃるように、オレゴンの型番ですと95VPです。

    ハスクバーナのソーチェンはオレゴンのOEMとなっています。
    ただ、ピクセルチェンはハスクバーナが開発したのです。

    タイストラップ等が若干違いますが、カッター部は同じだと思います。
    絶対そうだとは断言できませんが・・・

    ドライブリンクのゲージ幅は同じなので、ピクセルのガイドバーには取り付けることは出来ます。

    それではまた
    • 2006-11-21 12:14
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C113] No title

    管理人さんこんにちは。

    >オレゴン製はハスク製と同じ物と思っていいでしょう。

    オレゴンですと95VPになるのでしょうか。
    • 2006-11-21 10:43
    • 塚原
    • URL
    • 編集

    [C112] No title

    北のきこりさん、薪バスターさん、こんばんは
    昔、ピクセルのバーとチェンでブリスターパックのセット品があったのです。
    バー1本とソーチェン2本で9800円(税別)とかなり安く当時当店は100本ほどあっという間に売れてしまった事でした。

    メーカーがピクセルを広めるために、行ったセールだと思います。

    このピクセルはスチールのMS200にもいいのではないかと思います。
    ただスチールのガイドバーはゲージ幅が1.6mmと大きくピクセルを取り付けるには大きすぎると思います。

    これを意識したのかどうかわかりませんがスチールのピコマイクロチェンのカッター部のサイズが大きくなりました。(私の推測です)

    ソーチェンは少しずつ改良されていて、販売店で気づかないときがあります。
    • 2006-11-20 22:04
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C111] No title

    実は私の246にはこのピクセルチェーンを装着しています。
    主にチェンソーカービング用の原木丸太の玉切りに使用しますがスギやヒノキ材を数秒で切り抜く性能に惚れこんでいます。
    薪材雑木の伐採は北のきこりさんが言われているように先端交換式オレゴンパワーマッチ16インチガイドバーを21BPと合わせて254に装着して使用しています。
    346もこれと同じ組み合わせですがもう少し短くしたいです。
    しかし、13インチガイドバーはまだまだとても使いこなす自信がありません。
    突っ込みのあの快感はいいのですが・・噛み合わないやら届かないやらで余計に汗をかきそうです。(下手なりに苦笑)
    • 2006-11-20 10:43
    • 薪バスター
    • URL
    • 編集

    [C110] No title

    ピクセルチェーンは、ハスクバーナ246XPに装着されてデビューしたと記憶しています。当時発売と同時に購入し使用しました。現在も346XPに使っています。21BPより確かに切れ味は良いと感じます。ただ、材料が薄い為か、伐倒の際クサビに叩かれるとカッター(上歯)がよく欠けてしまいます。また、専用のラミネートタイプのガイドバーは、軽量で価格も安くて良いのですが、ふにゃふにゃする所が好きになれません。できれば、先端交換タイプの一枚物のガイドバー(オレゴン パワーマッチ等)が使えるともっと良いのですが・・・ ホントに切れますよ!
    • 2006-11-19 20:57
    • 北のきこり
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する