チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

販売終了末期のチェンソー・・・販売終了後のチェンソーまだ・・・

販売終了後のチェンソー在庫がないのかという問い合わせがあります。

ハスクバーナ346XPです。

当店は今のところ仕入れる予定はありません。
メーカーに仕入れの予約を入れれば、仕入れることはできると思うのですが、すでに販売終了機種になっているのでよほどのことがないと仕入れることは無いと思います。

242XPが販売終了になったときもこのような状況になりましたが、お客さんからたっての要望がない限り仕入れませんでした。

なぜか、その当時は346XPが発売になっていました。
新型なので346XPを売っていました。(少々痛い目にもあいました(笑))
クレーム改良、対応しました。

当時、ハスクバーナの対策部品供給もすばやく何とか乗り切った記憶があります。
当時かなりイライラしましたが、でもお客さんの方がもっとイライラしていたと思います。

お客さんにもっと怒られても仕方がなかったかもしれません。
でもあまり怒られた記憶もありません。
当店のお客さんやさしい方が多いと思います。お詫びと感謝。

242XP良い機械だったので最後の最後まで仕入れればいいのにと思うかもしれません。

242XP良い機械なんです。
今でも動いている242XPあります。
販売終了間近に購入し使用頻度の少ない農家の方などあと10年くらいは十分持つかもしれません。

ただ、部品供給終了しました。あとはメーカー在庫の部品だけになります。
十分に使える機械でも修理不能になってしまいます。

ハスクバーナは部品供給すごく長いんです。
242XPも販売終了になったのは2000年前だったと思います。
部品供給は販売終了から14年以上あったかもしれません。

ここまで長く部品供給するメーカーはスチールだけです。
(国産メーカーはもっと短い)

346XPも初期は不具合がたくさんありましたが、エンジンの基本性能は高かったと思うので、数年後根は良い機械になりました。
販売終了間際の346XPはすごくいい機械だと思います。
販売終了間際の346XPは20年30年持ついい機械かもしれません。

しかし、部品供給がいつまで続くかで、寿命が決まってしまいます。
(日本だと販売終了から7年か9年くらいが部品供給の義務だということです)

どんなにいい機械でも販売終了間際の機械は、部品供給という大きな壁が立ちはだかります。

どんなにいい機械でも10年で消耗するくらい使用頻度が高ければ問題はないでしょう。

悩ましい問題です。

346XP並行品も多く出ているので、メーカー在庫の消耗部品も今までより早くなくなるかも・・・


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する