チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

オイルポンプ

ずいぶん前にもどこかで、書いたことがあると思うのですが、また書いてみようと思います。

オイルポンプが壊れる原因はいろいろありますが、日常的に気を付けておけばその中の一つは防ぐことが出来ます。

それはチェンオイルを入れる際に、ゴミなどが入らないように気を付けることです。

チェンオイルの容器に刷毛やブラシ等を一緒においておくことをおすすめします。
給油する前にチェンオイルタンク回りを掃除してからキャップを開けるようにするといいと思います。


チェンオイルタンクからチェンオイルを抜いたところです。
チェンオイルにゴミが混ざっているのが分かるでしょうか。



ガソリン、灯油などでタンク内を洗浄してもなかなかきれいにはなりません。

完璧にきれいにするには、クランクケースを分解して洗浄するしかないと思います。

写真を見ると大きめのゴミしか入ってないように見えますが、粉末状のゴミも入っているのです。

では、その粉末状のゴミはどこに行ったかというと、



赤い矢印、青い矢印の所です。
ここに詰まってしまうのです。

当然、チェンオイルは出なくなりますので、注意してください。

チェンオイルのフィルターは燃料フィルターのように粉末状のゴミまで濾すようにはなっていません。



このように隙間があります。

チェンオイルは粘性が高いのでこのようになっているのだと思います。

オイルポンプが詰まってしまうとチェンオイルが出なくなります。
症状としては、ソーチェンが動かなくなる。
ソーチェンが張ってしまうような気がします。

この状態になってもガイドバーにチェンオイルを直にかけてだましだまし使う方がいますが、やめた方がいいと思います。

チェンオイルがオイルポンプにもあがってきていないので、オイルポンプ自体が潤滑油不足になり最悪焼けてしまい固着してしまいます。

そうするとワームギアもダメになり結構部品代もかかってしまいます。

チェンオイルが出なくなったときは、速やかにチェンオイルタンクを点検してください。

ゴミが入っているようでしたらきれいにタンク内を洗浄し、後はクラッチを外して、オイルポンプを点検してください。

オイルポンプ自体を分解することは機種により特殊工具が必要だったりしますので、おすすめしません。(簡単な物もありますが)

上の写真(オイルポンプの写真)の赤い矢印、青い矢印の所を点検してみてください。

ゴミではなくホースが破損していることもありますので、そこの所も点検するようにするといいでしょう。

チェンオイルは混合ガソリンのようにシビアに考えなくてもいいですが、ゴミの混入は出来るだけ避けるよう心がけることをおすすめします。

特に小型機を使用するときは、注意してください。

チェンオイルの吐出量が元々少ないように設計されているので、詰まりやすいと思います。


クラッチの外し方は、取扱説明書の方に詳しく書いてあると思いますのでそちらをご覧ください。
それではまた

▼人気blogランキングへ←ブログランキングへ登録しています、よろしければクリックしてください。(応援お願いします)


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 2
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/512-c6d8d3ae

    トラックバック

    コメント

    [C155] No title

    森林ボランティア さん、こんばんは
    チェンオイルがあがってこないで、オイルポンプが焼き付くことは、めったにありません。

    それよりも、ビニールヒモなどを巻き込んだときの方が、焼き付く可能性は高くなります。

    昔は、切る木に印をするときに、荷造り用のビニールヒモを木に巻き付けていたようです。

    それを良くチェンソーに巻き込ませ、そのまま使用しているとそれが熱で溶け、オイルポンプまで入り込んで固着することが良くありました。

    今は、専用のヒモで印をしているようなのでこういう事はめったに起こらなくなりました。

    チェンオイルは季節により指定がある物はそれに従う方がよいと思います。

    エンジンが暖まれば、そのうちチェンオイルも暖まるという方もいますが、冬の寒い日はチェンオイルが出てくるまでにかなり時間が掛かると思います。

    当店では、実店舗でもネットショップでも今現在は、オールシーズン用のチェンオイルのみの販売です。

    少々高くてもその方がめんどくさくないという、お客さんのリクエストに応えてです。

    将来的には、使用するチェンオイルも植物性になっていくと思います。

    それではまた
    • 2007-02-20 21:55
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C154] No title

    チェンソー屋さん こん**は
    給油キャップ廻りはオイルでベタベタしていて確かにいつもゴミが付いていますね。いつかごみが入るのじゃないか思いつつも山の中までブラシやウエスを持っていったことはないですね。

    《チェンオイルがオイルポンプにもあがってきていないので、オイルポンプ自体が潤滑油不足になり最悪焼けてしまい固着してしまいます。

    そうなんですか。これから気お付けけたいと思います。オイルポンプが焼きつくとは知りませんでした。

    焼きつくと言えば、冬はオイルの粘性があがり機種によってはバーまで行かないときがあります(吐出量は最大)。今年は大して寒くないのですが、やはり冬季用オイルをつかう必要があるのかな~?

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する