チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ピストンストッパー(ピストン押さえ)注意点

ピストンストッパーを使用する作業で一番多いのは、リムやスプロケットを交換することでしょう。

ソーチェンやガイドバーと同じようにリムやスプロケットも消耗品です。
ある一定期間使用した物や、摩耗が激しいものは交換が必要となります。
メーカーなどリムやスプロケットは0.5mm前後摩耗したら交換するようにいっています。(中には若干違うところもありますが)
なぜ交換しなければならないかは、▼こちらをご覧ください。

さて、ピストンストッパーを使用する際注意することは、シリンダーないにゴミが入らないようにすることです。

以前、電動工具のインパクトレンチの所で紹介したように、インパクトレンチと併用しないことです。
▼こちら

後、ハスクバーナ346XPのクラッチシューのようにプーラーがなければレンチで回せない物があります。 
▼こちら
プーラーなしで外す際に、ハンマー等で叩いて外すときなど、叩きすぎてピストンヘッドに損傷を与えることがあります。

シリンダー・ピストンの中に異物を差し込むことになるので、十分注意してください。


たまに、ピストンストッパーの変わりにスターターロープや木の棒などで代用する方がいますが、やめた方がいいと思います。

クランクシャフトやコンロッド、ピストンが変形することがあるようです。

ピストンストッパーは計算されて作られていると思われます。

このように、上死点付近でピストンを止めることによって、コンロッドやクランクに掛かる負担を少なくしているようです。

メーカーの方や他の販売店の方たちと、お食事会(飲み会)をしたときに変形した話を聞きました。

変形させたのではなく、変形してしまった機械が修理に入ってきたようです。

軽量小型チェンソーのクランク部はかなり細くなっているのは確かです。
限界に近く軽量化していると思います。

また軽量化しなければ、高回転、パワーも出ないと思いますが。


このように専用の工具というのは、色々なところを考えて作られているのだなと思いました。

スプロケットを交換する際、ピストン押さえが必要なチェンソーならば、持っていた方がいい工具だと思います。

スプロケットも消耗品です。

▼工具のページ

▼ピストンストッパー


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/537-6df15f5e

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する