チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

MS200マフラー交換

スチールMS200のマフラーはアルミ合金のようなものでできています。
(詳細な金属組成は分かりませんが・・・)
また、少々形はマフラーとしては変わった形をしています。

チェンソー本体の小型軽量化のためにこのようになったのだと思います。

メリットとしてはマフラーが錆び付かないということでしょう。
デメリットとしてはマフラーが割れるということです。


青い矢印の所マフラーが割れています。
赤い矢印はチェンキャッチャーが折れています。


右が折れたマフラーです。
(左は正常なマフラー、このように少々いびつな形をしている)

通常は新品のマフラーを取り付けるのですが、今回はすごく程度のいい中古のマフラーがあったので、そちらを使用しました。

マフラーガスケットは新品を使用しました。

あとはスプロケットも摩耗していたので交換、スプロケットカバーも破損していたので中古部品と交換しました。

そして、重要なチェンキャッチャー新品を取り付けました。


左のようにチェンキャッチャーはすぐに壊れます。

ソーチェンが外れたり切れたりした際は、壊れてしまうことが多いので、必ず点検しましょう。
壊れていたら新品を取り付けなければいけません。
チェンキャッチャーは消耗品と考えていいと思います。




ソーチェンが外れたり切れたりした際、ここでソーチェンを受け止める。

チェンキャッチャーがアルミやプラスティックで壊れやすいのは、ソーチェンより柔らかいもので作る必要があるからでしょう。

ソーチェンを受け止めた際、ソーチェンより硬ければソーチェンがさらに切れたりして危険だからでしょう。

もし、MS200または020、トップハンドル、リアハンドルに関わらずチェンキャッチャーが壊れていたら速やかに新品と交換してください。
かなり危険だと思います。

またこれ以外のチェンソーでも同じようにチェンキャッチャーが付いていますので、一度点検してみてください。

チェンキャッチャーの場所がよく分からないときは、ご購入店にご相談ください。
または取扱説明書に書いてあるかと思います。


最後におもしろいものを紹介します。

青い矢印の所に丸い物があります。

取り出したところ

汚れが小さい隙間でチェンソーの振動によって、玉になったものです。
チェンソー修理業界ではこれを「泥真珠」と呼びます。
嘘です。

すみません今思いつきました。

お持ちのチェンソーでこのようなおもしろいものができることはあるでしょうか。

今回の玉はあまり丸くありませんが、ほんとにまん丸の玉ができていることもあります。

これができるということはあまりいいことではないと思います・・・


それではまた


▼人気blogランキングへ←ブログランキングへ登録しています、よろしければクリックしてください。(応援お願いします)


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 3
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/549-46838be4

    トラックバック

    コメント

    [C202] No title

    Krauseさん、もちゃさん、こんばんは

    私は、機械工学のことを専門に勉強したことがないので、専門的なことに深く突っ込まれると、返答できないこともありますが、ご了承ください。

    汚れの玉ですが、これができる条件はチェンソーにとってあまりいい条件ではありません。

    目立てが悪く切削屑が粉状になり、掃除をあまりしないとこのような玉ができると思います。

    このような状態で使用し続けると、チェンソーの寿命は短くなると思います。
    • 2007-06-06 15:30
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C201] No title

    はじめまして。いつもブログ拝見させております。
    技術的な話題が多くて非常に参考になります。
    先日、同じ職場の先輩のチェーンソー(新ダイワ製1039S)を整備する事になりました。
    先輩は機械には無頓着で、購入してから約2年間整備した事が無いとのことでした。
    早速、分解してみると切削屑やオイルでひどい状態でした。
    よくこんなので動いていたな…
    よく見ると、クラッチドラムの周りに直径5ミリ位の黒い玉状のものが5、6個付着していました。
    なぜこんなところにウサギのフンが…?
    カバーに穴が開いていたのでそこから入ったのだろうか?
    しばらく考えてるうちに理解しました。切削屑などがクラッチドラムと一緒に回転しているうちにできたものだと。
    自分のチェーンソーでは見たこと無いものだったのでかなり驚きました。
    • 2007-06-06 15:29
    • もちゃ
    • URL
    • 編集

    [C200] No title

    チェーンソは通常使用しているのですが、知識に乏しいので、とても勉強になります。

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する