チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ダブルトリガーレバー

新ダイワの刈払機(草刈り機)にダブルトリガーレバーというスロットルレバーがあります。

見た目はあまり格好がいいとはいえませんが、結構いいシステムだと思います。

日本の草刈り機には通常、固定式スロットルレバーという方式のレバーが付いています。

固定式レバーはエンジン回転を微調整でき、お好みのスロットル開度を保持することができます。

ただ素早い調整や素早くエンジン回転を下げたいなどの操作には、向いていません。(やりにくい)

欧米諸国では、固定式レバーは危険だということで、使用が認められていないようです。(ハンドルから手を離したらエンジン回転が自動で下がらなければならない)

欧米諸国では、チェンソーのスロットルレバーと同じように、セイフティーロックとトリガー式のスロットルレバー、そしてストップスイッチがすぐ近くになければならないようです。

緑の矢印スイッチ、青の矢印スロットルレバー、赤い矢印セイフティロック。

?ハンドルをきちんと握ってからでないとスロットルレバーを操作できない。
?ハンドルから手を離すとエンジン回転が自動で下がる。
?ハンドルを握ったままでエンジンストップできる。

という3点が必須になっているようです。(その他にまだあるかもしれませんが)

この方式は、チェンソーのように素早く微妙な調整ができるのでその点はとてもいいのです。

色々な草が生えていて、茂った草をエンジン回転をあげて切りたいときなど、素早く対処できます。

しかしデメリットもあります。
お客さんから聞いたのですが、ハーフスロットルでスロットル開度を一定にして使用したいときなど、それができないというのです。

草を切るときは刈払機を振りますので、そのときにどうしてもスロットルレバーを握りこむということでした。
またハーフスロットルの状態を指の力加減だけで長時間続けるのはつらいしできないとのことでした。

確かにチェンソーはその使用上エンジン全開かアイドリング状態のどちらかだと思います。

木を切らないときはアイドリング、木を切り始めたときはエンジン全開で切るようになっています。
ハーフスロットルで木を切ることはありませんので。

カービングやログなどではハーフスロットルを使うことはあっても長時間一定のハーフスロットルを使い続けることはあまりないと思います。
(草刈り機の場合1時間、2時間は続けて使用するのに比べれば)

スチールの背負い式ブロワ(チェンソータイプレバー)などでは、ハーフスロットルにすることができます。

しかし、スロットルレバーをハーフスロットルの位置で押さえつけてしまうタイプなので、ハンドルから手を離したときに、スロットルレバーが戻らないようになります。(エンジン回転は下がらない)


新ダイワのダブルトリガーレバーは、トリガータイプでもハーフスロットル位置でのスロットル開度を調整でき、しかもそれを一定に保つことができます。

長いレバーと短いレバーがありますが、短いレバーの方にスロットルワイヤーが接続されています。
長いレバーの方を手で操作します。

?スロットル全開時のスロットルレバーの動作状況

アイドリング状態
赤い線の間隔は狭くなっています。


スロットルレバーを握り込みます。(アクセル全開)
短いレバーの根元は赤い矢印の所まできています。(場所を覚えておいてください)
(長いレバーはグリップまで接触していませんが、スロットルワイヤーの引きしろがなくなったっためです。)


?ハーフスロットル時のスロットルレバーの動作状況

黒い矢印の所のネジを回すと調整ができます。
赤い線の間隔を広くします。


これでスロットルレバーを握り込みます。
短いレバーの根元は赤い矢印の所になります。


長いレバーを同じように握りこんでも、短いレバーの位置が違うのが分かるでしょうか。
これによって、ハーフスロットル時のスロットル開度を一定に保つことができるのです。

また、ハンドルから手を離せばスロットルレバーもアイドリング位置に戻ります。

ハーフスロットルの位置もネジで微調整できるので、必要なエンジン回転も選ぶことができます。

ただ、ハーフスロットルに設定していて、少しの間エンジン全開にしたいというときに、簡単にできないという難点はあります。
長いレバーと短いレバーが完全に固定されているからです。


黄色い矢印の間隔が固定されているので、そこの所を改良して短いレバーを(緑色の矢印)握れば、スロットル全開になるようにするといいかと思います。
(長いレバーと短いレバーのスペースはスプリングなどで取ればいいと思います。)

また、もう一点セイフティーロックが付いていないということが、欧米諸国に受け入れられない点になるでしょう。



スチールのこのタイプのスロットルレバーでもハーフスロットルを微調整できるようにするといいかもしれません。

ブロワのスロットルのように押さえつけることでハーフスロットル位置を保持するのではなく。

スロットルレバーをそれ以上握り込めないようにストッパーを入れるといいかと思います。
ストッパーは無段階で調整できるようにするとなおいいでしょう。


スロットルレバーで素早くエンジン回転を調整できることは、いいことですが、草刈り機の場合一定のスロットル開度で作業することもあるので、それに対応したレバーを開発してもらいたいです。



▼人気blogランキングへ←ブログランキングへ登録しています、よろしければクリックしてください。(応援お願いします)


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 13
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/552-d18b1b75

    トラックバック

    コメント

    [C948] No title

    こんにちは.
    ダブルトリガーレバーの使い方今いちよくわかっていませんでした。

    このレバーは簡単で故障も少ないと思います。

    安全性、使い安さを考えるとスチールのレバーが、いいと思います。
    グリップが大きいので持ちにくいという方もいます。

    これからも改良されていくことを期待しています。
    • 2013-05-30 08:02
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C947] No title

    こんにちは、はじめまして


    いつも楽しみに拝見しています。

    ダブルトリガーレバーを使っていましたが、
    写真を見ていてセッティングに疑問をもってしまいました。

    ロングレバーは中速回転用でショートレバーは高速回転(全開)で一時的に使用する為にあるものだと思います。

    ショートレバーとロングレバーを繋いでいるアジャスターの調整ナットは本来ロングレバー側で締めるのではないのでしょうか?
    ショートレバーはあくまでも一時的にアクセルを全開にするためのものと考えれば、調整ナットをロングレバー側で固定しショートレバーを可変(フリー)にしておけば

    ロングレバーを一杯握って使用し必要な時にはショートレバーも同時に握ってパワーを出す・・・これが「ダブルトリガー」と言われる所以だと私は思っています。

    こういう使い方に慣れてしまうと思いのままに中速~高速のアクセルコントロールができるので振動等の疲労度合いが随分と変わってきますよ。

    • 2013-05-30 00:43
    • たい君のパパ
    • URL
    • 編集

    [C945] No title

    こんにちは、
    刈払機のスロットルレバーは各社からいろいろなものが出てきています。

    その中でもスチールのFS26刈払機以下のクラスで採用されているトリガーレバーが一番使いやすいような気がします。

    エンジン回転数を制御しないタイプでもスチールFS100以上の機種で採用されているトリガーレバーが一番いいかと思っています。
    (耐久性が高い)

    以前の刈払機はスロットルレバーはどこのメーカーの刈払機でもほぼ同じでした。

    これからはメーカー間で違うものになってくると思います。

    刈払機を購入する際の選択肢の一つになってくると思います。
    • 2013-05-27 10:39
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C943] No title

    トリガーレバータイプについて、前記の方が(”常にエンジンの回転を自分の指でコントロールしているので!”とありますが、私も初めて使った時に、親指を離せずに疲れるし、困ってしまいました。
    そこで私の使い方が間違っているにかと?疑問に思いこのコーナーを読んで、こういう機能だと理解しましたが、説明書にはその点がシッカリ書かれていませんでした。
    そこで、トリガーレバーのアクセルのネジの占め具合のネジを調整したら、途中のいくらでも止まるようになり、ひと安心して今は使っていますが、安全レバーを離せば、すぐに元に戻りますので、問題ないと思いますが、、、いかがでしょうか。ただ、思うにメーカーは、手の握りの部分のゴム形状等をもう少し工夫して握りやすい形状にして欲しいと思いますし、別売でもいいから、そのような商品を出してほしいと思います。

    [C833] No title

    こんにちは。
    昔に比べて今現在のほうが安全に対する意識はずいぶん高くなってきていると思います。

    これは業界団体の啓蒙活動などのおかげだと思います。
    また、若い人ほど安全装具に必要性を感じていると思います。

    安全装具、防護用品は安全第一であるべきですが、それ以外にもファッション、デザインも重要だと思います。

    これを着て仕事がしたいと思われるような商品が必要だと思います。

    当店でも安全装具に関してはこれからも紹介していきたいと思います。

    機能的でかっこよくリーズナブルなものが出てくることを期待しています。
    • 2012-04-13 11:02
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C831] No title

    こんばんわ 先日コメントさせて頂きましたが少し言い足りなかったので付け加えさせて頂きます。当地でチェンソーによる死亡事故がありまして10年以上のベテランにもかかわらず枝払い中にひだり内ももを切断するという信じられないことです。草刈機も同等に鋭い刃が高速回転しています。思わぬキックバックや石などへの接触で刃が欠け飛んでくる、または斜面やつまずきですべり足を切るなど、また大勢での接近作業で他人を切るなど数々の危険が潜んでいます。ヘルメット、安全靴、バンド等適切につけ、たとえ転んでも刃先が体に接触しないセッチングが必要です。また草刈りといえども皆条件が異なり、固定レバーで十分の場合もあればU字ハンドルが良い場合やストレートハンドルが適している場合、山林の下刈などある程度の木や巻きついた弦を切る場合色々あってそのセッティングは全て違います。レバーの選択も自分の作業にあったものを探し自分や周囲に事故がないようにしたいものです。各地で講習会などあるときには参加してみるときっと役に立つと思いますよ。道具を売る立場からもその知識を是非広めてほしいものです。長くなりましたごめんなさい。ご安全に!!

    [C827] No title

    こんにちは。
    私は年に数回、1時間ほど草刈をします。
    スチールの刈払機トリガーレバータイプ(チェンソーのレバーと同じ感じ)を使用していますが、なれるとこちらのほうが使いやすいと感じています。

    さらに長時間連日で使用すると疲れ方がどれくらい出るか分かりませんが・・・。

    常にエンジンの回転を自分の指でコントロールしているので、負荷の係り具合でスロットルをコントロールできる点はいいと思います。

    今年の新型刈払機のスロットルレバーはまた新しいタイプのものが出てきました。


    刈払機の怪我もチェンソーと同じくらいひどいと思います。
    本当に十分注意してください。
    • 2012-04-11 12:35
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C826] No title

    こんにちは。
    私は年に数回、1時間ほど草刈をします。
    スチールの刈払機トリガーレバータイプ(チェンソーのレバーと同じ感じ)を使用していますが、なれるとこちらのほうが使いやすいと感じています。

    さらに長時間連日で使用すると疲れ方がどれくらい出るか分かりませんが・・・。

    常にエンジンの回転を自分の指でコントロールしているので、負荷の係り具合でスロットルをコントロールできる点はいいと思います。

    今年の新型刈払機のスロットルレバーはまた新しいタイプのものが出てきました。


    刈払機の怪我もチェンソーと同じくらいひどいと思います。
    本当に十分注意してください。
    • 2012-04-11 12:35
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C825] No title

    チェンソー、刈払機にはうるさいです。各メーカーの機種を試しています。一長一短があります。山林の下刈にはダブルトリガーレバー(ホンダ用)を他社刈払機に交換して使用しています。長いレバーで通常の回転、更に短いレバーを握ると回転が上がるしくみです。10センチ位の木なら回転を上げ、つるが巻いたら即放すなど便利です。しかしレバーを握ったまま刃の向きを変えるために回す必要があるときは少しコツが要ります斜面や上方向のツルを切るときは跳ねても刃が飛んでこないようなバンドの付け方が身を守ります。皆様安全作業で!!

    [C214] No title

    kannoさん、こんばんは

    スプリングが付いている物もあるのですね。
    ダブルトリガーレバー方式の刈払機は滅多に出ないので、ひょっとしたら色々と変更になっているのかもしれません。

    また何かありましたら教えてください。
    ありがとうございます。
    • 2007-06-25 23:53
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C213] No title

    私の使用しているものは最初からスプリングが付いてて、短いレバーを握ると全開になるようになってましたが...
    お店で改良してあったのかもしれませんね。

    [C208] No title

    ヒデさん、こんにちは

    コメントありがとうございます。

    新ダイワのスロットルレバーは、2段階というよりも1段階と思った方がいいかもしれません。

    ネジを回して任意の位置にスロットル開度を調整すると、今度全開にしたいときは、またネジを回して調整しなければならないからです。(時間がかかる)

    日本にはシマノというレバー類のトップメーカーがあったのですよね、画期的なものを開発して欲しいものです。

    自転車の変速機や釣具などよりは簡単でしょうが、安い商品になるので作ってくれないかもしれません。

    ただ全世界の草刈機がこれを使うということになるとすごいと思いますが・・・
    • 2007-06-09 12:51
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C207] No title

    欧米式のスロットルレバーはオートマチックピストルの仕組みに似ていて文化の違いを感じます。

    日本では固定式スロットルが多いのは世界のスポーツ自転車に採用されているシマノの自転車パーツメーカーの影響なのでしょうか。
    昔の自転車の変速レバーは固定式スロットルレバーと同じ仕組みです。

    今のシマノの変速機は誰でも容易に変速出来る様になっています。
    そのシマノのワイヤーコントロールシステムを刈払機用に改良すれば日本に合う物ができるのではと思います。
    メーカーさん、シマノに相談してみては?

    新ダイワのが紹介されていますが全開と任意のスロットル位置の2段階しか出来ないですから、使い勝手は今ひとつだと思います。
    • 2007-06-09 08:42
    • ヒデ
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する