チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ガイドバーに付いて

ガイドバーには数種類のタイプのものがあります。
市場に今一番流通しているものはローラートップバーだと思います。

これはチェンソーメーカーも勧めているガイドバーでチェンソー本体やソーチェンに対して負荷が少ないガイドバーといわれています。

これに対して特殊な環境(砂、灰、ススが多い)や特殊な用途(カービングバー)に使用するステライトバーというものがあります。

その他に先端を交換できるガイドバーなどです。

どのガイドバーにも長所短所があり、また作業環境によって使えないものとかもあります。

ガイドバーも異なる作業をする際はその作業にあった物を選び使用するほうがいいでしょう。



間伐をするとき、大径木を伐倒するとき、玉切りするとき、カービングするときなどガイドバーの種類や長さを替えて使用すると作業効率も上がるかもしれません。

またガイドバーは消耗品ですので、摩耗や変形があった場合はすぐに交換するようにしてください。


小さいチェンソーに長いバーは取り付けられませんが、大きいチェンソーには短いバーが取り付けることが出来ます。

ハスクバーナ254XPにピクセル13インチを取り付けて間伐していた方がいましたが、すごい切れ味だといっていました。
枝払い作業なども早いといっていました。

薪作りの玉切り作業にもピクセルなどはすごくいいと思います。
アサリが小さくチェンソーに対する負荷も少ないと思います。

ハスクバーナシリーズのチェンソーをご使用で、ソーチェンのタイプが.325ピッチならばピクセルガイドバー・ソーチェンが使用できますので一度試してみてはいかがでしょうか。

▼ピクセルセットこちら
(ガイドバーの特徴や出力損失の資料をお付けします。)

それではまた


ブログランキング
人気blogランキングへ←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。 (応援お願いします)


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/563-df1ab33d

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する