チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

クラッチプーラー各種

いろいろなチェンソーのクラッチプーラーです。


これくらいあればクラッチシューを外すのにあまり心配はいりません。
たまに、この写真の中の工具で合わない物もありますが、工夫して外しています。

ハスクバーナの550XPは346XPと同じ工具で取り外しできます。
560XPも357XPの工具で外せると思いますが、560XP専用の工具もあります。(写真撮り忘れました)

クラッチシューに六角を切ってあれば、このような専用工具は必要ないと思います。
または、同じ工具が各メーカーの各チェンソーで使えればいいのですが・・・

まあ、軽量化や強度などの兼ね合いでそういう訳にもいかないのでしょう。

スチールチェンソーは概ねクラッチシューに六角が切ってあるので専用工具はないですね。
内向きのスプロケットの場合でもクラッチシューに六角が切ってあります。

私はクラッチシューを外すときは、電動インパクトドライバーを使用して外しています。

本来はプラグを外しピストンストッパーを使用してクランクシャフトの回転を押さえてクラッチシューを外します。

ただ、当店は修理屋なのでいろいろな機械が来ます。
品質の良い混合オイルを使用していればピストンストッパーを使用しても問題は少ないと思うのですが、粗悪な混合オイルを使用している場合は少なからず問題が発生するかもしれません。

ピストンクラウン、燃焼室にカーボンが堆積している場合があり、それがピストン押ストッパーを使用することで剥がれ落ちることも考えられます。

ピストンストッパーを使用したくない理由の一つです。

インパクトドライバーで外せないものはピストンストッパーを使用して外さなければなりません。



新型機械が出てくると新しい工具を揃えたり、古い機械用の工具は全く使わなくなったりします。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    01 | 2020/02 | 03
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する