チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

2007年林業機械化展



今年は熊本で開催されます。
詳細は▼こちら

ハスクバーナは346XPのバージョンアップ版を出してくるでしょう。
(詳細はいえませんが・・・メーカー正式に発表していないと思うので)

現行の346XPも若干の変更点があります。
「変更点」
・ パージポンプ付き
・ シリンダーカバー
  パージポンプ搭載により、ポンプ用の穴が開いております。
・ キャブレター型式変更
  パージポンプ搭載により、ZAMA C3-EL18からC3-EL32となっております。
・ スターターカバー固定スクリュー
  スクリューの頭が+/-から、六角/-となっております。
  共にコンビレンチで増し締め可能です。
  スターターカバーは従来通りの部品です。

というようになりました。


バージョンアップ版(ニューエディション)もプロショップとお付き合いのある方ならばもう聞いている方も多いと思います。

私はまだ現物を見ていませんが、かなりパワーアップしているのではないでしょうか。


スチールのほうは新製品が少ないといっていましたが、私はすごい機械があるので楽しみにしています。

パワーとか使いやすさとかいうのではありませんが、排気ガス規制に対応したチェンソーです。

層状掃気エンジン搭載のチェンソーです。
層状掃気エンジン搭載の機械はスチールで数年前から出しています。
チェンソーでは今年MS441が出ています。
またゼノアからもブロアが数年前に出ています。(チェンソーは日本未発売)

小型チェンソーでしかもカジュアルチェンソーで層状掃気エンジンを搭載してくるとは思っていませんでした。

大排気量チェンソーか回転数を一定にして使用するブロアや草刈機だけにしか搭載できないだろうなと思っていたからです。
仕組みが複雑になり、本体が大きくなりがちだと思ったからです。

それがいきなり30ccの小型チェンソーに搭載してきたので早く見てみたいです。

このエンジンは排気ガスがきれいになっています。
それに伴い燃費も良くなっていると思います。

後は耐久性と信頼性ですが、これは実機を触って見なければなんともいえないでしょう。


今回の林業機械化展は、そのほかのメーカーが何を出してくるかすごく興味があります。

今年は出さないにしてもこれ以降の林業機械化展には出してくると思います。

世界的に環境問題が厳しくなり農機具の排気ガス規制がかなり厳しくなるからです。

メーカーは苦しむでしょうがこれを乗り越えるといい機械がどんどん出てくると思います。

それではまた


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 5
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/578-aade0c5a

    トラックバック

    コメント

    [C740] No title

    此度、世界初のチエンソー等の内燃機関の排気音を消去するタービンを開発。全世界へ発表し実用化を検討中であります。

    [C237] No title

    ハスクマニア さん、こんにちは

    正式な名前は、わかりませんが346XPという名前を使ってくるのではないでしょうか。

    私もガイドバー18インチなど楽に回せると思います。

    しかし、これにピクセル13インチを取り付けたほうが、切れ味、加速性のよさが体感できるのではないでしょうか。

    以前、254XPに13インチガイドバーをつけているお客さんがいましたが、これを使うと242XP15インチがトロク感じるといっていました。

    ただ、254は重たいといっていましたが・・・

    346XPだと重量もあまり変わらないでしょうから、面白いかもしれません。

    それではまた
    • 2007-09-13 13:54
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C236] No title

    オオマチキハン様
    毎日楽しみに拝見しています。最近更新が頻繁ですね。
    大変勉強になります。ありがとうございます。

    すみません、私の間違えの様です。●●商店さんのHPでは346XPニューエディションは
    10月上旬発売

    排気量:50.1cc
    馬力 :3.7ps
    重量 :5.0kgとなっています。コレって
    いいのかな?公にしてしまって。
    ということは「350XP」とか言う名称になるんでしょうか。いずれにせよ楽しみです。これで18~20インチも難なく回るようになるんでしょう。
    • 2007-09-12 22:03
    • ハスクマニア
    • URL
    • 編集

    [C235] No title

    ハスクマニアさん、こんばんは

    あまりいろいろ書くとメーカーさんに怒られそうですが、346XPのバージョンアップ版は海外で発売している353ではないようです。

    353はXPのロゴがついていませんが、バージョンアップ版にはXPのロゴがつきます。

    XPのロゴありロゴなしは簡単に言うとプロ機とセミプロ機となります。

    XPはシリンダーの形状が違うのです。

    ですから出力も2.8kw(3.9馬力)前後あると思います。
    (私の想像です)

    ハスクバーナ346XP はスチールMS260と対抗機種になります。

    しかし、MS260は排気量が50.2ccありパワー、トルク的に後塵を拝していました。

    目の上のたんこぶのようなMS260、世界的に見てもハスクバーナにとっては何とかしなければいけないところだったと思います。

    346XPも信頼性が高くなり、MS260に同排気量で対抗するということだと思います。

    私もまだ実機を見ていないのでなんともいえませんが・・・

    ただ価格的にはMS260が安いと思います。
    古い機械なのでそこのところはしょうがないのかもしれません。

    ハスクバーナ346XP NEW 楽しみです。

    実機を見たらまたコメントします。
    それではまた。
    • 2007-09-12 21:17
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C234] No title

    ハスクバーナは346XPのバージョンアップ版を出してくるでしょう。
    (詳細はいえませんが・・・メーカー正式に発表していないと思うので)

    これって353(51.7CC)じゃないですか?
    他のお店の情報じゃ重さは5.0kgですので
    346XPと基本構造が同じ353と推測します。
    でも346の方が0.1馬力あるんですよね。
    346XPもパージがついたら更に始動性は良くなるし
    良いことだと思います。
    • 2007-09-12 20:12
    • ハスクマニア
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する