チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ソーチェンについて

ソーチェンについては、過去にも何回か書いていますが、また少し書いてみたいと思います。

重複するところも有るかと思いますが、お付き合いくだされば幸いです。


チェンソーの機種によってはいろいろなタイプのソーチェンを使用できます。
作業内容や個人の好みで各タイプのソーチェンを使用しているようです。
(地域によっても好まれるソーチェンが違うようです)

当店の近くでは25AP(1/4)を使用している人はかなり少なくなってきました。
山で作業するときにソーチェンがはずれやすいということが原因のようです。

(上から25AP、91VS、ピコマイクロ、ピコマイクロミニ)
25APはドライブリンクが小さいので、外れやすいのでしょう。
またソーチェン自体も小さく軽いです。

以前ゼノアの営業の方から聞いたのですが、G3700でテストしたときは切れ味は25APが若干よかったそうです。

また、25APを装着し15000回転まで回るようにセットしたチェンソーに21BPを取り付けると最高回転が13500回転まで落ちたそうです。
25APと21BPはソーチェンの大きさが違い重量の差があるので仕方がないかもしれません。

25APのいい点はカッターの間隔が狭いので切り始めのショックが少ないとか切断面がきれいになることです。

欠点としては外れやすい、ソーチェン自体の耐久性が弱いということです。

このようなことから、25APは小型チェンソーなどパワーが小さいチェンソー向きだといえます。


ハスクバーナやスチールは25APタイプのソーチェンはカービングや樹木医などの特殊な作業に使用するものと考えているようです。
3/8ピッチの91VSやPM3/8のピコマイクロを小型チェンソーには標準としてきました。(オプションで25APタイプなどを出してきた)

25APと91VSの上刃の部分です。
この幅をノギスで測ってみると両者とも3.5mmほどです。

もう十年以上前ですが、ハスクバーナの335XPTというチェンソーが出たときに、ソーチェン91VSが一番切れるということを聞きました。
いろいろと問題のあったチェンソーでしたが、力だけはトップクラスでした。

スチールのPM3/8(ピコマイクロ)は25APよりも上刃の幅は大きくなります。
3.9mmほどです。

MS200クラスだとこのソーチェンでも大丈夫ですが、MS192やMS180にはPMN3/8(ピコマイクロミニ)のほうがいいと思います。

PMN3/8は上刃の幅が3.2mmとなります。

上刃の幅が小さいとやはり切れ味はいいようです。(早く切れる)

ただやはりソーチェンの幅が全体的に小さくなるので、耐久性は劣ります。
このソーチェンをMS200やMS230以上のチェンソーに使用するとソーチェンの方がチェンソーのパワーに耐えられないかもしれません。

ソーチェンを選ぶときはいろいろな条件を考慮した方がいいかと思います。
?作業内容特殊な場合(カービングや樹木医)
?チェンソーとの相性
?作業環境
?メーカー推奨
などです。

販売店としてはメーカー推奨品を勧めがちになります。

ハスクバーナのピクセルはヨーロッパの方でハスクバーナ小型中型チェンソーによく使用されているようなので勧めています。

ハスクバーナのピクセルはガイドバーとソーチェンを替えるだけで、21BPのガイドバーソーチェンを取り付けることができるので、使い分けてもいいかと思います。

実際作業内容によってガイドバーの長さも変えているようです。(北欧)

25APから91VSに変更するにはスプロケット、ウォームギアまで交換しなければならないので少々大変です。


また逆に考えれば、チェンソーを購入してソーチェンの選び方を間違ったとしても、部品を交換すれば、ソーチェンタイプは交換できるということになります。(交換部品がある場合だけです)

この部分の部品は消耗部品なのでいずれは交換しなければなりませんので・・・

それでは次回の予定はリムをまた少し書いてみます。

今日は暇な時間に少しずつ書いていたので、文章にまとまりがなくなりました。
すみません。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 10
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/623-a46701c3

    トラックバック

    コメント

    [C440] No title

    fanさん、こんばんは
    ハスクバーナでもソーチェンのラインナップが3/8ピッチ1.6mmゲージのものは角刃だけになりました。

    オレゴンで言うところの72LPという品名です。

    切れ味や切削能力は角刃のほうが高いといわれています。
    確かにプロのお客さんは角刃の切れ味食い込みは違うといいます。

    しかし角刃は目立てが若干難しいといわれています。
    でもハスクバーナでは角刃でも丸やすりだけの目立てだけでもいいといいます。

    平ヤスリで仕上げをすると切れ味はアップするようです。
    しかし手間が掛かるということと平ヤスリを使用するのが難しいということでしょう。



    ちなみにアントンセン氏は通常のソーチェンでも最後は丸やすりで反対からヤスリを掛けていました。

    ヤスリがけも突き詰めると奥が深いようです。

    普通の方でも目立ての道具をそろえるとそれなりにきれいに目立てができるようになると思います。


    目立てがいいとチェンソーに負担が掛からないので機械にもいいです。

    fanさん、よろしければこれからもいろいろな情報を教えてください。

    ありがとうございました。
    • 2009-01-28 22:46
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C437] No title

    チェンソー屋さん、ご無沙汰しています【^o^】

    最近フルチゼルチェンが巷に出現してきましたので入手、ハスク340改での使用レポートをします。

    オレゴンの21LPですが、21BPと比較して刃の材への食いつき、ガイドバーの材への沈み込み様が格段に違います、全くストレス無くオガ屑の長さは、2センチ以上あります。

    目立て用のファイル(ヤスリ)は、以前ご紹介したPferd のフルチゼル用6面タイプがピッタリと会います。

    これからの林屋さんに普及するように思われます。

    因に目立ては、教科書と違って刃の先端からヤスリ掛けをしています、刃のカエリができず目立ての出来が一目瞭然で第一に身体の仕草が楽です。

    以上です【^L^】

    [C325] No title

    静岡のショップさん、こんばんは

    貴重な情報ありがとうございました。
    平ヤスリは日本にないものというより、市販されていないものだったのですね。

    欧米諸国はいろいろなチェンソーの大会などがあるので、ソーチェン形状、目立ての仕方などいろいろと研究しているのでしょう。


    これからもよろしくお願いいたします。

    また、私が書いたものでおかしいと思うことがあれば、ご指摘ください。

    意外と間違って覚えていることや、思い込んでいることも数あると思うので、教えていただけると幸いです。

    貴重な情報ありがとうございました。
    • 2008-03-07 00:24
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C324] No title

    オオマチさん、こんにちは。
    時々拝見させていただいています。

    ハスクインストラクターのソーチェンの目立て方法についての話題でしたので、情報を少しお話いたします。

    以前、デモ用にいただいたのですが、使用している、
    ソーチェンは、市販の325ピッチ21BP仕様です。

    それを、まず専用ヤスリ及び目立て用具にて修正を
    してからの使用になります。

    刃の形状は、市販の角刃より鋭いのが特徴です。
    カッター部上部が15°位です。

    使用しているヤスリは、彼が(カールストローム氏)
    vallorbeに、特注で作らしたといっていました?

    その為、市販のものとは厚みやサイドが異なると思います。
    現在のところ、市販化は準備段階のところと思われます。
    仕様チェンも325限定です。

    実際の使用感としましては、標準チェンの2割増し
    位と思いますが目立ては、楽に行なえますが、
    石などにヒットした場合ダメージが大きいです。

    主な作業用途は、ハイスピードの伐倒作業用です。

    将来的には、このような形状のソーチェンが
    市販化されるかも・・

    それではまた、画像などがありましたら
    お送りいたします。









    • 2008-03-05 23:58
    • 静岡のショップ
    • URL
    • 編集

    [C323] No title

    fanさん、こんにちは

    ハスクバーナも以前は21LPソーチェン販売していましたが、今はしていません。

    それようの目立てゲージもありましたが、今はそれも販売中止になってしまいました。

    ソーチェン角刃は切れ味はよいのですが、振動や切断面、目立てのしにくさから敬遠されがちでした。

    しかし今は若干見直されてきているようです。

    ただ、昔の製品がそのまま販売されるということではなくカッターの形状やソーチェンの仕組みも改良されてきています。

    スチールソーチェンなどはそのような製品に徐々に変更になってきています。

    スチールはチェンソー本体、ガイドバー、ソーチェンとすべて自社生産でトータルパッケージで開発を進めています。

    できるだけ純正品を私用したほうがいいと思います。

    それでは
    • 2008-03-02 16:00
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C322] No title

    ベイリーズのサーバー、復帰しています。

    Home > Files & Accessories > Specialty Files

    にチゼルチェン用の平ヤスリがあります、メーカーは、
    WoodsmanPRO とPferd です。

    [C321] No title

    チェンソー屋さん、お久しぶりです【^o^】

    .325 サイズのソーチェンだと21LPがチゼルチェンですね。
    チゼルチェン用の平ヤスリを最近、下記で見ました、が、今現在サーバーがダウンしているようです。

    http://www.baileys-online.com/
    (対応が良いので良く利用しています)

    以上です【^L^】

    [C320] No title

    オークションでバーとチェンのセットをMS460用に購入したものが、この角タイプのチェンでした。
    切れ味は、やはりすばらしいものですが 肝心のヤスリガありません。 私も輸入した人に再度確認して見ます。
    どうぞ宜しくお願いいたします。
    • 2008-02-29 20:29
    • 坂本
    • URL
    • 編集

    [C319] No title

    坂本さん、こんにちは

    林業機械展で行っていた目立てで使用していた平やすりは、ハスクバーナのものではないようです。
    こちらのコメントのランカスターさんのコメントにかかれていました。
    http://blog.omkihan.shop-pro.jp/?eid=123254#comments
    たぶん日本にはないのではないでしょうか。

    この件についてメーカーに聞こうと思っていましたが、すっかり忘れていました。

    今度聞いておきます。
    それでは
    • 2008-02-29 17:13
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C318] No title

    いつもためになる情報を読ませていただいています。
    初心者にも非常にわかりやすく大変ためになります。
    ところでこの前のハスクのインストラクターが研いだ平やすりは日本でも売っているのでしょうか?

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する