チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

スチールMS260クランクケース分解


チェンソーはクランクケースまで分解して組み立てるような修理はあまりありません。
クランクケース自体がかなり高価な部品ですし、ピストンシリンダーまで壊れていたりその他のところが、壊れていることが多いからです。
修理代金がかなりかかるので、新品を購入したほうがいいのではないかとお客さん自身が判断するからです。
(今回の修理はクランクケースと消耗部品を交換するだけでしたが、修理代金5万円を超えてしまいました。)

購入が数年前で使用頻度もかなり少なかったので修理することとしました。






ユンボ(バックホー)で少し踏みつけたそうです。
乗り上げてしまったわけではないので、それほど変形はしていませんでした。

燃料キャップやファンカバーに傷があるのと、クランクケースが割れているだけのようでした。

エンジンは始動するしエンジンの調子自体も悪くなくクランクケースが割れたことによる影響はハンドルがぐらついてしまうということだけでした。


クランクケースが割れた箇所も防振ゴムの付近で、クランク室内に空気が漏れるようなヒビもなかったので、最初はクランクケースが割れているとは気が付きませんでした。

ただ防振ゴムが切れてハンドルがぐらついているだけだと思いました。

クランクケースはマグネシウム合金なので溶接できませんし接着剤などでもくっつけることはできません。

エンジンが正常に動く場合でもクランクケース新品と交換になります。

クランクケースを分解するにはほぼ全分解となります。



ほぼ解体したMS260です。
無造作に入れているように見えるかもしれませんが、ペットボトルの容器を切り、その中に各パーツ別に分けて保管します。

通常は一度分解してみて交換が必要な部品を調べてからメーカーに部品発注となるので、大変な修理の場合は時間がかかります。


クランクケースはたいがい両側セットとなっています。
片側のクランクが悪いだけの場合でも、セットで交換となります。

MS260のクランクを分割するのは結構大変です。
銅ハンマーなどでシャフトをたたきながら分割していきます。

クランクシャフトを分割する工具もありますが、かなり高価で3万円前後したような気がします。(今はもっと値上がりしたかも)

銅ハンマーで気長に分割してもいいでしょう。

ここでの注意点はクランクシャフトに傷をつけないこと変形させないことです。


クランクケース組み立ても銅ハンマーで気長に行います。
MS260はシャフト挿入が難しい。
硬いのです。

クランクケースを分割する修理は結構大変です。
また、金額も高くなりがちです。(部品代も含めて)

チェンソーに木を倒しかけたり、車で踏まないように十分注意しましょう。
このようなことが起こった場合はチェンソー買い替えと思った方がいいです。

チェンソーの置き場所はいつも気にかけて、安全な場所に置くように気をつけましょう。

それでは。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/633-5351a014

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    01 | 2020/02 | 03
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する