チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ヘッジトリマー


スチールのHS2300ヘッジトリマーです。
国産機のOEM商品で他メーカーも似たようなスペックのヘッジトリマーを出しています。

スチールのヘッジトリマーHS2300はその中でもエアフィルターがしっかりしているので、エンジンは意外と長持ちする方だと思います。

プロの造園業の方が使用するとこの機種は3~5年くらいしか持たないと思います。(無理をすると3年持たないこともあります。)

ブレードが折れたりすることもありますが、ブレードは消耗品なので交換することは念頭に入れておかなければならないと思います。

次に壊れる所というとやはりギアケース内部です。

コンロッドが折れたりします。

HS2300はコンロッドにベアリングが付いていないのですがベアリングが付いているタイプはグリスをたっぷり塗りつけていないとコンロッドを取り外すときにベアリングが落ちてしまうこともあります。

ベアリングを元に戻すのは細かい作業なのできついものがあります。

クランクも壊れることもあります。

クランクとギアは一体となっていますが、壊れて外れてしまっている。

グリスをこまめにさしていても壊れることはあります。注していないとすぐに壊れてしまいます。

ヘッジトリマーは壊れやすい機械のひとつだと思います。
特にギアケースには使用前に必ずグリスをさすようにしてください。


後もうひとつ注意する点はエアフィルターです。
特に道路沿いの剪定をする場合は注意が必要です。
道路沿いの植木には自動車の排気ガス特に粉塵が付着しています。
その粉塵をエンジンは吸ってしまいます。
エアフィルターが悪いとピストンシリンダー磨耗するでしょう。
またエアフィルター自体もすぐに汚れてしまいます。
こまめな交換洗浄をお勧めします。

実際修理に入ってくるヘッジトリマーのエアフィルターは真っ黒に汚れています。


それでは


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/647-57d8ccc5

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    12 | 2023/01 | 02
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する