チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

修理

こんばんは、近頃いろいろなことがありなかなか更新できませんでしたが皆さんいかがお過ごしだったでしょうか。


さて、今日は少々めげました。
先日、スチールチェンソーの修理をし燃料が古いのと燃料フィルター、プラグを交換するという修理というか点検整備をしました。

他店で8年前後前に購入したチェンソーらしく余り使用しているようではありませんでしたが、燃料が悪くエンジンの始動性が悪いという症状でした。


部品代工賃配達込みで5000円の修理でした。(知り合いの紹介だったので安くしました)


今日は休日だったので子供と出かけていました。
すると携帯に怒った声で修理代5000円も出したのに修理できていないということでした。

そんなことはないと思っていたので燃料の吸い込みすぎでエンジンが掛からない、プラグがかぶっていると伝えました。

電話で対処法を説明し、しばらくすると掛かるようになったということでした。

また、しばらくするとエンジンが掛からないと電話があり、「このチェンソー捨てる」とまで言い出しました。


もうしょうがないので子供をつれて出先から急遽お客さんの所へ向かいました。
当店で購入した機械ではありませんでしたが、知り合いの紹介で修理を引き受けたので仕方ありませんでした。

たぶん燃料の吸い込みすぎだと道すがら考えていました。
前回修理したときには、電気系もキャブレターも問題がなかったのでそれしか考えられませんでした。
あと考えられることは焼きつきくらいだと思いますが、それもないと思っていました。(最初から掛からないといっていたので)


現場に到着するとムッとしていました。

しかし、私がチェンソーを点検しプラグや燃料確認しエンジン始動するとすぐかかりました。

エンジンも良く吹けあがり何も問題はありませんでした。

さっきまではおかしかったと言うのですが、私が見るにはどこも悪い所はないようでした。


私がここで書きたかったことは、エンジンの掛け方がまずくて休日に呼び出されたことではありません。(ほんの少しはそれも含まれているかも)

これはネットショップを行っている私にもすごく考えさせるものがありました。


お客さんの話を聞いているとスチールのチェンソーにかなり不信感を持っていました。
このメーカーはダメだやはり機械は国産に限るという意見の持ち主でした。
(草刈機は国産メーカー品)

スチールチェンソーは購入当初からエンジンの掛が悪くあまり使わなかったというではありませんか。

話を聞いていておかしいと思い、チェンソーの始動方法を教えました。
するとどうもチョークレバーの戻すタイミングがまったく分かっていなかったようです。
というかチェンソー購入時に説明を受けていないようでした。

(エンジン掛からなければチョークをしたまま延々とスターターを引いているようでした)

スチールチェンソーはストップスイッチとチョークレバーが連動しているタイプなのでまた更によく分からなかったようでした。

いままでスチールチェンソーは掛かりの悪いダメチェンソーだと思っているようでした。


そのお客さんはスチールチェンソーというよりスチール製品にかなり不信感と悪感情を持ってしまっていました。

どこから購入したか聞くと日本全国にある販売店のようでした。
しかし、購入した所には機械のことを説明している人がいなかったらしく。

エンジン始動方法注意点など説明を受けていないようでした。
最初にキチンと説明を受けていないので使い方が分からず、使用方法、始動方法が間違っていたにもかかわらず、この機械は悪いと思い込んでいるようでした。

それだけでなくメーカー全体に悪い印象を持ってしまっているようでした。


そのお客さんには30分ほど機械の説明(注意点等)をしてスチールチェンソーはいい機械ですよといいました。

だいぶ悪感情は取れたようですが、それでもやはり今もっているチェンソーにはあまりいいイメージを持っているようには思えませんでした。

私に対しての悪い印象も(修理できていない)少しは軽減できたのかなと・・・思いたいです。


長くなったので続きはまた明日にでも書きたいと思います。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 8
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/693-2cd453f6

    トラックバック

    コメント

    [C1245] No title

    お手数をおかけしますが、チェンソー本体ソーチェンごと実店舗へお持ちください。
    お調べしてソーチェンご用意できます。
    • 2015-12-15 18:14
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1243] No title

    E3640型用替え刃わなにが合いますか
    • 2015-12-14 18:12
    • カワト
    • URL
    • 編集

    [C804] No title

    こんにちは。
    リョービの取り扱いが無いので良く分かりませんが、部品供給があれば修理可能だと思います。

    購入店へ持ち込むのが一番いいかもしれません。
    当店ではリョービ製品の修理は行っていません。

    http://www.ryobi-group.co.jp/projects/powertools/network/index.html
    リョービのサイトから問い合わせてみてはどうでしょうか。
    お近くの取扱店を紹介してくれると思います。

    お力になれず申し訳ありません。
    • 2012-03-12 17:02
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C803] No title

    古いリョ-ビ製のチェンソ-です。
    買って2、3年は正常に動作して使えましたが、その後エンジンが掛からなく、使用していません。
    始動不可能になった時点で、プラブを替えたり、フイルタ-の清掃をしたりしましたが掛かりませんでした。
    以下の機種ですが、修理、オ-バ-ホ-ルして使えるものでしょうか?。またその修理依頼先はありますか?
    教えて頂けば幸いです。
     機種;リョ-ビ;「ES-29AL] 
    10年も前、購入したものです。

    [C431] No title

    K.Kさん、nnishi@小樽 さん、stihl初心者さん、こんにちは

    お気遣いありがとうございます。

    今回修理し終わって翌日に呼び出されてしまいました・・・
    確かに過去に修理のミスでご迷惑をかけてしまったこともあります。
    ですから今回のこともしょうがないとあきらめております。
    (お互い様?)


    チョークを戻すタイミングですが、初爆が起こらなくてもチョークは戻さなくてはなりません。
    チョークは燃料をエンジンまで吸い上げるためのものなので、チョークをしたままスターターを引き続けると燃料の吸い込みすぎになります。

    初爆がおこらない原因としてはプラグが悪いコイルが悪い燃料が悪いなどの原因が考えられます。

    意外と多いのが気温が低い時期に粗悪な燃料で初爆が起こらないということです。


    再始動についてですが、通常はハーフスロットルで再始動します。
    ハスクバーナなどはそのように指導しています。
    しかし、メーカーによってはそうでないところもありますし、最近の機種ではハーフスロットルがないものもあります。


    チェンソー初心者の方はチェンソー購入時にきちんと説明してくれる販売店を選ぶのがいいかもしれません。
    チェンソーは安くはないので、安売り店(説明のない)で購入するのもわかります。

    しかし、アフターサービスや修理が必要になります。

    パソコンを選ぶときに充実したサポートのある高めのパソコンを選ぶか自作パソコンや激安パソコンのサポート無を選ぶかというのと似ていると思います。

    それではまた。
    • 2008-12-02 16:41
    • チェンソー屋
    • URL
    • 編集

    [C429] No title

    初心者にとってスチールのマニュアル エンジン始動の説明部分はかなりわかりずらいです。たとえば“エンジンがかかったら”“エンジンがかかり次第”という表現のちがい この点は“初期爆発音”と説明するのが普通だとおもいます。あとエンジンがあったまったあとの再始動 エンジンオンでするのか? ハーフスロットルでするのか? はじめてだと説明書だけでの理解は無理だとおもいます。慣れてしまえばどうもないことでもエンジンキーをまわすだけの車になれた身にはなかなかたいへんだと感じてます。
    • 2008-12-01 16:34
    • stihl初心者
    • URL
    • 編集

    [C428] No title

    >エンジン掛からなければチョークをしたまま延々とスターターを引いているようでした。

    これは初爆があってもチョークを戻さないという意味でしょうか。
    初爆まではチョークを戻さなくて良いんですよね。

    私はマキタの専門店でマキタのエンジンチェンソーを買ったのですが、
    自分で取りに行かなかったので、指導を受けられずマニュアルだけを
    頼りにしました。、、それでも、マニュアルさえ読んでいれば、
    上記のようなミスはしないと思います。お子さんとの休日を
    潰されて、、、私は同情しますよ。
    • 2008-12-01 14:01
    • nnishi@小樽
    • URL
    • 編集

    [C427] No title

    私も似たような経験があります。「修理したばかりなのに、エンジンがかからない」といわれて行ってみるとかなりのご年配の方が使われてスターターロープがうまく引けずにいたりとか、かなり怒った声で「エンジンが止まってかからんぞ」と言われ慌てて行ってみると燃料コックが閉まったままだったりとか・・・。
    使いこなしている人でも、ちょっとしたことでことでこういうトラブルがあるのは事実です。
    本当に修理屋泣かせですね。
    でもこんなことにめげずにやっていきましょう。
    • 2008-12-01 08:35
    • K.K
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する