チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

安全講習

安全講習について
正式には安全講習というのかどうか分かりません。

私は以前受けた講習で、チェーンソー使用手帳というものをいただきました。
林材業労災防止協会が発行しているものなので、全国的にあるかと思います。

この講習会には2日間かかったと思います。
チェンソーの使用方法から目立てのしかたまで、幅広く講習したと思います。
(10年以上前なので忘れている・・・)

今は草刈機の安全講習まであるそうです。

これらの講習は基本的にプロの方を対象にしています。
林業や造園業に勤めている方などで新人の方が多いのではないでしょうか。

この講習以外にも違う団体(民間など)で独自に安全講習をしたりしているところもあるそうです。


このように安全講習はここ10年くらいでかなり増えてきているのではないでしょうか。

しかし、これらの講習は一般の方はなかなか参加することが難しいと思います。

何時何所でやっているかわからないし、参加できるかどうかもわからないからです。
たぶん労災関連なので、仕事で使用する人対象だと思います。


そうなると近所の人から教えてもらうか、販売店から教えてもらうかのどちらかになりそうです。



チェンソーと草刈機比べるとチェンソーのほうが危険なような気がします。

確かに駆動する部分が体に近いのでその点だけを考えるとより危険だと思います。

しかし、安全装具で切断事故を防ぐという観点から見るとチェンソーの方が安全ズボンなどでソーチェンを防ぐほうがやりやすいそうです。

チェンソーの安全ズボンはチェンソーの切断事故を防止することができますが、草刈機のチップソーや笹刃の切断事故を防ぐことができないそうです。

チェンソーの安全ズボンはチェンソーのスプロケットに巻き込んでソーチェンの回転を止めるという仕組みです。

ソーチェンの刃自体を跳ね返すというものではないそうです。

高速回転している笹刃やチップソーでは安全ズボンでも切れてしまうようです。

ですから草刈用の防護用品はスネアテ部分にステンレスなど金属部品を使用しているものもあります。(重くなりそう)


昨年の話ですが、斜面で作業していて転んでしまい、草刈機を放り投げて下に転がり落ちて、その転がり落ちたところに草刈機が落ちてきて足をざっくり切ってしまった事故があったそうです。

この話を聞いたときに草刈機の固定レバーは怖いなと思ってしまいました。

反発式のものなら手を離せば、スロットルは戻るのでエンジン回転は落ちるので刈刃は止まるはずです。(惰性でしばらく回転するでしょうが)

このようなことがあるので欧米では反発式のものしか販売できないのだと思います。
しかし、反発式でもエンジン回転を制御できる仕組みも開発してもらいたいところです。



ナイロンカッターについて、nnishi@小樽さんからコメント欄に書き込みがありましたので少し書いてみます。

エンジン式の草刈機にもナイロンカッターは取り付けることはできます。

ナイロンカッターは草刈機にかなり負荷を掛けるので通常の刈刃と同等の作業をするとなると排気量の大きい機種が必要になります。

ご家庭で使用する分にはそこまで考えなくても良いとは思いますが、広い場所で草の量が多く硬い草ならば機種を考えなくてはいけないでしょう。


ナイロンカッターは金属性刃物ではないので安全に感じますが、危険な面もあります。

チップソーや笹刃は庭程度の草ならば低速回転でもサラサラと切れていきます。

しかしナイロンカッターは切るというか叩き切るのでそれなりの回転で回さなければなりません。(全開に近い速度で回さなければならないこともあります、というか全開)

ですから刈った草を撒き散らすことになります。
また、草だけならいいのですが小石や砂などがあると危険です。

以前、このような話を聞きました。
小石が股間にあたり悶絶したということです。

このようなことは滅多に無いでしょうが、ナイロンカッターを使用するときは草を撒き散らすので汚れないように完全防備が必要になります。


顔などは防護面や防護メガネを必ず装着するようにしたほうが良いと思います。

▼防護面

▼防護メガネ

草刈機も危険な道具です。
十分な備えを心がけたほうが良いかと思います。

十分な備え、使用方法などをきちんと教えてもらいえば怖がりすぎることも無いと思います。

慣れてきたときに、安全を怠って怪我をすることが多いので、心構えさえきちんとしていれば大丈夫でしょう。


安全についてはこれからも機会があれば紹介していきたいと思います。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 7
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/714-af193c2a

    トラックバック

    コメント

    [C473] No title

    講習会は“刈払機取扱作業者に対する安全衛生教育”で検索されると便利です。
    また熊本での講習については林災防の熊本支部に問い合わせされたらいいと思います。http://www.rinsaibou.or.jp/cont01/items01/0101_idx.html
    • 2009-05-27 11:31
    • FS100ユーザー
    • URL
    • 編集

    [C472] No title

    ヒロさん、こんにちは

    このような講習会等の開催日時は当方では分かりません。

    各県の役所の農林事務所等に問い合わせてみてはどうでしょうか。

    その際、一般の人も受講できるかどうかも調べて方がいいと思います。

    それでは。
    • 2009-05-26 10:54
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C471] No title

    熊本では、刈払機の安全衛生教育はどこで受けれますか?
    受講料が一番安いところはどこですか?
    • 2009-05-21 11:13
    • ヒロ
    • URL
    • 編集

    [C467] No title

    nnishi@小樽さん、こんにちは
    ナイロンカッターで高さ5cmくらいを刈るならば小石などの心配はなさそうですね。

    普通の刈刃でもよさそうですが、やはり壁際など怖い気もします。
    込み入ったところはナイロンカッターの方が安全だと思います。


    九州、北九州のほうでは草刈の際、土が見えて草が全然無いくらいまで刈ることが多いようです。

    8枚刃で土ごと草を刈ったり、ナイロンカッターで根こそぎ草を刈ったりしています。

    仕上がりはものすごいです。

    今度機会があったら写真を撮っておきます。


    林業の予算については、福岡でも水源の森資金や中山間地、森林税などがあります。

    首を傾げたくなる使われ方や特定の業者が仕切っていたりすることがあります。

    本当にきちんとやらないと手遅れになるかもしれません。
    • 2009-05-09 15:13
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C466] No title

    ナイロンカッターの件、教えていただいてありがとうございました。

    私は電動のナイロンカッターを使ったことがあるのですが、
    草丈を5センチくらいに刈るだけなら、砂利も飛ばず
    安全でした。接線方向(ナイロンがあたるので右横方向だったかな)
    には砂利が飛んでものにぶつかる可能性があります。

    安全衛生教育については熱心な地域とそうでもない地域が
    あるようです。北海道はネットで案内を出していますが、
    2年前の予定表が平気で掲示されていたりします。
    http://www.woodplaza.or.jp/anzen2/kousyuu.html

    林業に予算だけつけたって、このやる気の無さでは意味が
    ないなと思います。
    • 2009-05-08 15:51
    • nnishi@小樽
    • URL
    • 編集

    [C465] No title

    ヒデさん、こんにちは

    いつもコメントありがとうございます。
    勉強になりました。

    事故や怪我が増えて免許制にならないようにしなければなりませんね。
    (なることは無いと思いますが・・・)

    安全講習を受けられなくても、きちんとしたメーカーの機械ならば取説にも安全な使用方法を書いてあるので、必ず読んで自分のみを守るようにしなければいけないと思います。
    • 2009-05-08 09:59
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C464] No title

    資格には簡単なものから、安全衛生教育、特別教育、技能講習、免許(許可証)になります。

    刈払機は安全衛生教育、伐木の業務(チェンソー)は特別教育となります。

    刈払機は1日8,000円、チェンソーは2日16,000円ぐらいしますから、一般の方は受けないのではないでしょうか。

    森林組合とか建設機械の教習所とかで教えています。
    • 2009-05-07 22:28
    • ヒデ
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する