チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

チェンソーの能力

今回は書くか書くまいか迷いましたが。

一つの情報として書くことに決めました。

チェンソーは、たまに修理が終わって試し切りをすることがあります。

今回ホームセンターでよく売られている29800円クラスのチェンソーの修理がありました。

古い燃料が入っていてエンジンがかかりにくいことと、ソーチェンの目立てが悪いことで切れない。
切れないなりに使用していたが、ソーチェンが回らなくなったということでした。

古い燃料を捨てて、当店のHPスーパー50:1オイルで混合したガソリンを給油し、エンジン始動
キャブレター内に新しい燃料が供給されてしまうと白煙も上がらず、エンジン始動性も問題ないようでした。

ソーチェンが回らなくなったというのはチェンブレーキのことを知らなかったようです。

購入店では説明を受けなかったそうです。
エンジンのかけ方とソーチェンの取り付け方のみの説明だけだったようです。

お客さんの話によるとソーチェンが回らなくなって現場で1時間くらい考え込んだそうです。
そして当店に来たのが2時間後ということでした。
(昼から仕事をしていないということでした)

チェンソーは危険な道具なので、チェンソーを使用する際には十分説明を受けるか、または取扱説明書をしっかり読むべきだと思います。

※ネットショップは対面販売ではないので、販売店からの説明が受けにくいと思います。
当店では動画にて使用方法を説明していますが、取扱説明書にもよく目を通すようにしてください。

取扱説明書を読むのが苦手な方は、チェンソー専門店で対面販売にて購入することをお勧めします。
(取説を読まなくていいというわけではありません)

購入の際は30分~40分くらいチェンソーの説明にかかるので、1時間くらい余裕を持って出かけたほうがいいでしょう。


話がそろえてしまいましたが、新品のソーチェンをつけて試し切りをしてみました。

驚きました。
あまり切れませんでした。
初めて新品のソーチェンをつけて試し切りをしたわけです。
今までにもホームセンターチェンソーを試し切りしたことはありましたが、ソーチェンの目立てが悪くて切れ味が悪いのだと思っていました・・・

29800円、軽量コンパクトでいいのですが、肝心の切れ味がいまいちでした。


実はカジュアルユーザーのお客さんにスチールのMS170を購入してもらったのですが、「チェンソーってこんなに切れるんですか」とコメントをいただいていました。

お世辞だと思っていましたが・・・納得しました。

MS170は4.2kgで重量はありますが、切れ味は段違いです。

確かに重量が大きいと体にかかる負担も大きくなりますが、それよりも作業時間がかかるほうが肉体的、精神的な負担のほうが大きいかと思います。


今回は少し驚きました。
チェンソーの修理はしますが、実際に使用することはほとんどないので(というかまったくない)知らないことがたくさんあります。

悪口のように感じて不快に思われた方もいるかもしれません。
申し訳ありませんでした。

それではまた。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/736-c96cd424

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する