チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

スチールFS2600刈払機修理

今回は何が原因かわからない修理でした。
修理したといえるかどうかもわかりません。

ただとりあえずは症状も治まりましたが、いつまたおんなじ様な症状が出るかわかりません。




真っ黒いオイルが吹きこぼれているような感じでした。

これを見たときはオイルシールに何か巻き込んで壊れたのだろうと思いました。


あちこち真っ黒になっています。


特にフライホイール周りがひどかったです。
使用者の方の作業着も黒く汚れているとのことでした。

この黒い汚れはオイルではなく混合ガソリンです。
クランク室から吹きだしていると思われます。

燃料消費が早くなっていたとのことでした。
(もれているから当然かもしれません)

この状態は非常に危険な状態です。
何かの拍子に火がつくことも考えられますので、このような状態になったら使用することはすぐにやめてください。


上の写真、ギアケースに釣り糸が絡まっていました。
これを見てオイルシールにも釣り糸が巻き込みオイルシールが破損したのだろうと推測しました。

フライホイールのところが一番汚れているので、この奥のオイルシールに見当をつけました。

このときは修理終わったも同然だとたかをくくっていました。



フライホイールをはずして、オイルシールのところを洗浄してみても釣り糸が巻き込んだ気配がありません。
しかもオイルシールが破損している様子もありませんでした。




クランクケース自体にも大きな破損はなさそうでした。

見た目には破損していないように見えても加圧減圧テスターで調べればわかるだろうと・・・

キャブレターをはずして圧をかけても減圧してもわかりません。

高い圧をかけたときだけもれるのかとも思い、ためしにコンプレッサーで圧をかけてみました。

漏れが無い。
なぜ・・・

クランクシャフトが高速で回転しているときにもれるのかと思い、組み立てて試運転してみました。

漏れが無い。

各部きれいに掃除して、もう一度試運転、汚れだすところがあるはずだと思っていましたが、漏れが無い。

燃料タンク、燃料ホース、キャブレター、マニホールド、異常なし。

わかりませんでした。

今までどこから漏れていたのか・・・

お客さんにもそう伝えました。

もれているところを発見できなかったと・・・
一度使ってみてまたもれだしたら、お客さんには使用することを控えてくれといいました。

結構汚れていたので、どこからか漏れていたと思ったのですが。

このような症状ご存知の方がいたら教えてください。

疲れました・・・


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 8
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/756-3bba4922

    トラックバック

    コメント

    [C544] No title

    sti026-powerさん、こんにちは
    このときの修理は本当にさっぱり分かりませんでした。

    洗浄して組立ただけで、お客さんに返却しました。

    その後作業に使用しているようですが、なんともないとのことです。

    オイル漏れもまったくないということです。

    分解して洗浄して組み立てたことによって原因が収まったとしか言いようがありません。

    今度このようなケースがあったときはクランク軸のところも注意して点検してみます。

    また何かありましたら、教えてください。

    それではまた。
    • 2010-03-15 15:13
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C542] No title

    通常、これだけ大量のオイル漏れはオイルシールからとは考えにくいです。またもしこれだけのオイルが漏れているのであれば、エンジン始動が極端に悪くなり、高回転側もきっちり吹けません。よくオイルシールの目視、またはテスターで計測され漏れ等の症状が出ないとOKとされる方がおられますが、その際、クランク軸に対して、縦及び横方向の負荷を掛けなければなりません。要はクランク軸にガタが出ている場合があるという事です。この様な場合はオイルシールの損傷がなくても負荷がかかる時に多少漏れは発生します。
    この写真から判断すると、特にマフラー側が汚れていますので、マフラー出口の詰まりにより、シリンダーとマフラーのつなぎめに高負圧がかかり、排気漏れしている様に思います。この様な症状は特に珍しくはないですよ。
    • 2010-03-15 10:57
    • sti026-power
    • URL
    • 編集

    [C533] No title

    e-himekさん、こんにちは
    同じ症状があったのですか。

    お客さんがいうには燃費がものすごく悪かったということだったので、燃料がどこからか漏れていたと思うのです。

    オイルシール交換しておけばよかったか・・・
    • 2009-12-26 15:46
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C532] No title

    e-himekさん、こんにちは
    同じ症状があったのですか。

    お客さんがいうには燃費がものすごく悪かったということだったので、燃料がどこからか漏れていたと思うのです。

    オイルシール交換しておけばよかったか・・・
    • 2009-12-26 15:46
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C531] No title

    いつも参考にさせていただいております。  私もチェンソー、刈り払い扱っており、スチール(多分この機種)でまったく同じ症状がありました。 正直原因が分からなかったのですが、とりあえずマフラーのガスケットを交換して渡したような記憶があります。 それで直ったのかというといまいち?なのですが。 今考え直してみるとシャフト側からグリスを吸い上げているなんてことは・・・ないかなあ。うーん。すみません。       
    • 2009-12-25 22:31
    • e-himek
    • URL
    • 編集

    [C525] No title

    通りすがりさん、hideyukiさん、こんにちは
    情報ありがとうございます。

    汚れの中心はフライホイール側のオイルシールのような気がします。

    混合オイルのほうは今年の夏ころからハスクバーナのオイルに変更してもらっています。

    他の草刈機には何も問題が起こっていないので今のところ安心しています。

    これからも助言などいただければ幸いです。
    よろしくお願いします。
    • 2009-12-20 13:28
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C524] No title

    2サイクルオイルに問題はなかったでしょうか?

    半年ほど前のことですが、仕事でタナカの刈払機を使ったことがあります。6人で1台ずつ新品の機械を使ったのですが、とにかくマフラーからの汚れがひどかったです。

    その中にどうしても回転が上がらない機械が1台ありました。修理に出しても直らず、結局メーカー送りになりました。

    すぐにメーカーから、「農協さんの燃料使っていないですか?」と聞かれたそうです。実は農協のスタンドで販売している50:1の混合燃料を使っていました。同じようなトラブルが多発していたようです。

    別な燃料を使うようになってから、そのトラブルはなくなりました。ただ農協の燃料がそれほど悪いかというと、今までの機械は大丈夫だったらしいので、相性の問題としか言えない感じがしました。
    • 2009-12-18 21:33
    • hideyuki
    • URL
    • 編集

    [C523] No title

    マフラーは問題なかったですか?
    混合燃料にも問題が有りそうですね。
    • 2009-12-18 15:55
    • 通りすがり
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する