チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

スチールネット販売について

販売店の中でも賛否両論あります。

チェンソーなどの機械販売は対面販売が基本だということは、チェンソー専門店であればあるほど理解していると思います。

ただ、チェンソーを使う人はほんの少数です。
バイクや車などと比べると微々たるものでしょう。

必要とする人も少ない、供給する店も少ない。

このような状況ですごく有効なのが、ネット販売です。

アマゾンがそれを証明しました。
コアな専門書は必要とする人も供給する店も少ないです。

今までなら全国の人をターゲットにするには、本屋さんにおいていかなければなりませんでした。

当然、流通過多になり利益は出ないと思います。

それをネット販売は克服したと思います。

手にとって立ち読みすることはできませんが、普通の本屋さんでは取り寄せることができないような本でも、どこに住んでいても取り寄せることが可能になりました。


チェンソーもそのようなニッチな商品の部類に入ると思います。
ただ、本と大きく違うことはチェンソーは購入後からアフターサービスが始まるということです。

ここが大きな問題です。

この問題を克服しようといろいろと試行錯誤を繰り返していると思います。
まじめにこのお問題に取り組んでいる所もあれば、薄利多売で売りまくっている所もあります。

あるメーカーの営業担当の方は日曜日でも携帯電話に、エンドユーザーからエンジンの掛け方を教えてくれと電話が入ってくると、嘆いていました。

販売店がメーカーの営業マンに教えてもらえというそうです。
(スチールの営業マンではありません念のため)

チェンソーもメーカーからエンドユーザーに直送していたそうです。

それを聞いたときはすごいなーと思いました。

説明不足のクレームはメーカー任せになっていたようです。

このようなことがどのチェンソーメーカーでも多かれ少なかれあったと思います。

メーカーは価格が壊れるということ以外にも、このような状況になることを危惧しています。


実は当店にも使い方を教えてくれという電話などがあります。
他店で購入した方からの電話です。

並行輸入品かもしれません。

最初の頃は答えていましたが、今では答えていません。
このようなことを書くとサービスの悪い店だなと思われるかもしれませんが、受け答えに結構時間をとられてしまいます。

来客中のときなど忙しいときもあります。
手が回らなくなるので購入店に聞いてくださいと伝えるだけです。


メーカーはもっと大変なのかもしれません。
ある程度のサポートはメーカーでも必要かもしれませんが、すべてのユーザーのサポートをすることになると、当然それは商品の価格に跳ね返ってくると思います。

だからメーカーは販売店をサポートし販売店はエンドユーザーをサポートするという体制を取っていると思います。


ネット販売は販売店がエンドユーザーをサポートしにくいということからメーカーは危機感を持っていると思います。


しかし、対面販売でも説明せずに販売している所もあるようですが・・・

本来は販売方法(店舗販売、ネット販売)で良し悪しを決めるのではなく、販売時の説明とアフターサービスの良し悪しで評価しなければならないのかもしれません。


ここでスチールのことについて少し書いておきます。
スチールがネット販売の中止を要望したことでイメージが悪くなった感があります。

販売店を押さえつけているというイメージをエンドユーザーの方は感じるかもしれません。

しかし実はスチールは私の所みたいな小規模プロショップをかなり応援してくれています。

他のメーカーはほとんどが販売台数や取引金額によって販売店を格付けしています。
言いようによっては薄利多売の店ほどメリットを受けられるようになっています。

スチールは販売台数や取引金額だけで販売店を格付けしません。
スチール製品に対しての知識や修理技術、専用工具類の充実などいろいろな要因を加味してくれます。

アフターサービスや商品説明に対しても評価の基準としてくれます。

こうすることによってエンドユーザーの方もメリットを受けられると思いますし、我々小規模販売店も技術や知識を高めようと努力します。

対面販売を推奨しているメーカーとして動いてくれていると思います。

しかし、いかんせんチェンソー販売店が少ないということもあり、恩恵にあずかれるお客さんは少ないかもしれません。

また、販売店としても需要が少ない商材なので、狭いエリアではなかなか大変です。

北九チェンソーはチェンソーが商材の主力商品です。
トラクターなど大型機械で地元に密着した商材もあればいいのですが・・・

まあ、ない物ねだりをしても始まらないので、とにかくがんばります。

夜遅くなってきたので、なんか話がまとまらなくなってきました。

頭が回っていません。


ネット販売ではまだ、ハスクバーナとゼノアがあるのでこちらをがんばっていきます。

何度も書いていますがスチール商品に関してもアフターサービスはキチンと継続するのでご安心ください。

それではまた。



●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 4
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/766-6d59cf21

    トラックバック

    コメント

    [C547] No title

    返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

    ネット販売は利点や難点がいろいろとあります。
    実店舗にて販売しても同じようなことがあるかもしれません。


    私も入手が閉ざされるユーザーが出てくることがとても心配です。

    当店のユーザーの方には消耗品等販売していくつもりですが、ネット販売を自粛するとなると新規ユーザーの方への販売は難しくなるでしょう。

    それではまた。
    • 2010-04-05 19:11
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C546] No title

    こんばんは、今さらながらなコメントで申し訳ありません。

    スチール社の「対面販売を」という趣旨は理解できます。私もチェンソーの購入相談を受ければ、幸いながら信頼できるショップに巡り合う事が出来ましたし、そのショップのレクチャーも的確なものでありましたから。
    また、ホームセンターでの販売についても、「ちょっとなぁ」って感じるものも有ります。
    ですが、国内の専門店が縮小・廃業している事も事実として有る事と、スチール製品の特にカッティングシステム(消耗品)の、エンドユーザーにとっての入手性を閉ざしかねない今回の施策には、疑問を抱かずにはいられません。

    一販売店である北九さんにぶつける物ではなく、「エンドユーザーの声」として、製品本体「以外」(←ここ、重要)のWEB販売を望んでいるエンドユーザーの声を、スチール社に届けて頂けたらと思います。
    • 2010-03-30 01:30
    • 飛魔人
    • URL
    • 編集

    [C543] No title

    follyhill さん、こんにちは

    ネット販売についてですが、当初私もネットで購入する人はすでにチェンソーを持っている人だけが利用するほうがいいと思っていました。

    またそういう人しかネットショップで購入することはないだろうと思っていました。
    (危険な道具なので)

    しかし、結構初めての方がネット販売を利用していることがわかりました。

    近くに販売店がない、近くに販売店があっても何の説明もしてくれない。
    など、いろいろと話を聞きます。


    初めての方やプロ以外の方が多くいると思ったので、このようなブログを始めた次第です。
    メンテナンス方法や注意点などを紹介し、販売にもつながればいいと思っています。
    (情報の垂れ流しという同業者の批判もありますが・・・)


    チェンソー購入にネットショップを利用するということはある程度自己責任が必要かもしれませんが、ほとんど説明もなしでチェンソーを販売することは販売店にも問題があると思います。

    でもfollyhill さんがいうように、購入するところを選ぶ自由は購入する側にあるので、最後は自己責任になるのかもしれません。

    ただ、PL法という法律もあるのでメーカーとしては説明をきちんとしてほしいのだろうと思います。

    また、きちんと説明を受けなければその機械の性能を引き出せないでしょうし、壊してしまうこともあります。



    販売方法というより、販売店の姿勢。
    購入者の方の選択の方法によって出てくる問題なのかもしれません。
    • 2010-03-15 15:05
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C541] No title

    はじめまして。

    以前より、貴サイトは良く拝見していました。

    3/3の記事・コメントと併せて読んで見ましたが、スチールの今回方針は残念ですが、主旨は理解できます。

    ただ、ネット購入の性格上、販売者に何くれとないアフターサービスを求めるのは我儘に思えます。
    購入者は、取扱方法・危険性・メンテナンス方法等、自分の力や責任で消化する覚悟を、ある程度以上
    持てないならネット購入はするべきでは無いと思っています。

    私は山暮らし(とはいっても、普通のサラリーマンですが)を始めて11年経ちます。
    自宅に薪ストーブを導入しましたので、自宅用の薪作りに使用するだけですが、今のメイン機はネットで
    中古購入したスチール038です。
    素人の薪作りには、どう考えてもオーバースペックですが、ほとんど上から下にしか使用しないので重さも
    それほど気になりません。
    なるべく自分でメンテしていましたがクランクベアリング破損の際は、さすがに地元(とは言っても車で1時間)の
    スチールの専売店に持ち込んで修理してもらいました。

    これまで2回ひやりとしました。1度は靴紐を切り、2度めは足の親指を骨の手前まで切り、7針縫いました。
    所謂安全靴を履いていましたが、鉄板のギリギリ内側に刃が掛かってしまいました。
    チェンソー防護長靴やチャプスの存在は勿論知っていましたが、たかをくくっていました。
    怪我をして、あわてて(これもネット購入)長靴・チャプス・ヘルメットを購入してその後は必ず着用しています。

    かと言って、非常に多くのサイトに危険性のWARNINNGがあるのに、充分な準備をしていなかったのは
    私自身ですから誰にもクレームを付ける気はありません。(ただ、妻には怪我より痛いほどしかられましたが・・・)

    大事に至らなかったからこそ、このような事が言えるとは重々承知していますが、北九チェンソーさんの記事を
    みていると、私には心配しすぎに思えます。
    販売側も、面倒みれるところ・みれないところがハッキリすれば問題ないのではないでしょうか?


    これからも有用な情報入手の場としてサイトは拝見します。よろしくお願いします。

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    03 | 2020/04 | 05
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する