チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

スチール038焼付き修理続き

数週間前スチール038チェンソーの焼付きのことを書きました。

キャブレターの調整がまずかった件です。

実際に修理してみるとキャブレターの調整がまずかっただけではなかったようです。


ピストンは見事に傷がついています。
リングも固着していました。


インテークマニホールドが裂けていました。


この部分は金属のベルトで押えられていますし、シリンダーにかぶさっているところなので、激しくエアをかんでいたわけではないでしょうが少なからずエアを吸い込んでいたと思います。


それともう一つ気になるところもありました。
ソーチェンの目立てが悪いようでした。

石か土に当てているようでした。

たぶんあまり切れ味は良くなかったと思うので、チェンソーに負担が掛かっていたと思います。

いろいろな要因が重なって焼きついたのでしょう。

故障は一つの事が原因で起こることは少ないのかもしれません。


日ごろの点検整備やエンジンの調子の変化に気をつけておくといいかもしれません。

しかし、会社でチェンソーを所有し不特定多数の方が同じチェンソーを使用していると、チェンソーの微妙な変化など気がつかないと思います。



インテークマニホールドなどに裂け目が有る場合エンジンの回転が異様に上がりすぎたりします。

普段よりエンジンが吹きすぎると感じた場合はゴムに裂け目がないか点検することをお勧めします。

それではまた。




●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/804-ae8aaaa2

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する