チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

並行品、中国製、チェンソー

前回中国製チェンソーについて少し書きました。
村人さんから面白い情報をコメント欄に書いていただき、検索してみました。

スチールのMS380、MS381などチェンソーが販売されています。

コピー商品かもしれませんが、私は本物かもしれないと思っています。

中国にもスチール工場があります。
最先端技術搭載のプロ用チェンソーはドイツ本国で製造されているようですが、型落ちのプロ機などは人件費の安い国で作られているようです。

日本でも038というチェンソーが販売されていましたが、もう15年位前に販売終了になっています。
すでに部品供給も終了しています。


スチールMS380、MS381チェンソーはドイツ本国のサイトでも掲載されていません。
なおさらコピー商品と疑いたくなります。


ただ、型落ちした古いチェンソーも今でも製造しているそうなのです。

最新型はやはり高価で購入できない地域もまだあります。
(発展途上国など)

そのようなところを対象とした商品として型落ちの商品が製造されているわけです。


話を少しそらします。
ハスクバーナ242XPが販売されたとき、世界的に見るとあまり売れていなかったそうです。

性能は高くても高価だったので、ヨーロッパ、アメリカ、日本など一部の地域しか販売できなかったと聞いたことがあります。

そこで少し廉価版のハスクバーナ42チェンソーが発売されたということも聞きました。


話を戻します。

型落ちの商品はすでに、先進国で元は取っているでしょうし、利益も上げていると思います。

製品自体に開発費を上乗せしたりしなくてもいいと思います。
価格設定もかなり安く出来るので途上国ではまだまだ売れるはずです。

また、世界の工場中国で生産すればさらに安く提供できると思います。


そう考えると、本物かなと・・・、発送元が中国ならかなり信憑性が高いのではないか。

もし本物ならば、型落ちといってもスチール製(中国の)だとなかなかいいと思います。

型落ちは技術が枯れていますが、その分信頼性は高くなります。


なんか購入しても良いような気がしてきたかもしれません。

私はお勧めはしません。
逆に購入するのはやめておいたほうが良いと思います。

日本では部品の供給がないので、使い捨てになりかねないからです。


私自身部品の供給がないチェンソーの修理は引き受けていません。

部品がないことによって途中までしか修理できないこともあるからです。
それで、途中までの部品代修理代をいただければいいですが・・・直らなくても。

それと価格が安いので日本で修理すると新品よりも高い修理代金を請求されることもあるかもです。

ただ安いので、割り切って使い捨てでも良いかもしれませんね。


良いかもしれませんねと書きましたが、決してお勧めしているわけではありません。

本物か偽物かも私にはわかりません。
あくまでもひょっとしたら本物という感じです。
私の想像です。

購入されて、偽物だったなどのクレームはスミマセンがご勘弁ください。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 5
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/861-194df663

    トラックバック

    コメント

    [C712] No title

    こんばんは、村人さん。
    スチールMS380チェンソーは今でも販売されているところはあります。

    ネットでの並行輸入品は本物ではないかと考えていました。

    ただ購入することはお勧めしません。
    部品がないからです。

    ハスクバーナ、スチールのサイトは本国やアメリカのサイトは見るのですが、途上国のサイトは見たことがありません。

    本国のサイトは最新の情報が出ているので、見ています。
    英語力がないので眺めているだけですが・・・


    コピー商品についてはスチールは起訴も辞さないようです。
    似たようなカラー、形でも抗議はするようです。

    日本チェンソー協会に加入しているメーカーが危険な道具チェンソーを安全性を高めながら信頼性を高めてきた経緯があります。

    安全性に疑問のあるコピー商品でチェンソーの信頼性を貶めることに危機感を抱いています。
    • 2011-05-20 23:10
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C711] No title

    ドイツや日本には無いMS381がブラジルやアルゼンチンでは正規販売されていました。
    販売店さんなら知っていると思いますが、外国のSTIHLホームページには下記のアドレスからたどる事が出来ます。
    http://www.stihl.com/
    ヒマと興味のある方は色々な国のHPを見るのも楽しいかと思います。
    • 2011-05-20 22:23
    • 村人
    • URL
    • 編集

    [C710] No title

    こんばんは、nnishi@小樽さん、村人さん

    ブラジルにもスチール工場はあります。
    チェンソーも製造しているかもしれません。

    中国のスチール工場は刈払機をおもに作っていて、ブラジルはその他の造園用機器を作っていると思っていました。

    型落ちのチェンソーなども作っているかもしれません。



    日本のスチールは並行輸入品でも修理してくださいというスタンスです。(ハスクバーナは各販売店にお任せしますというスタンス)

    並行輸入品については修理してくれる販売店があれば支障ないでしょう。

    ただ、ドイツスチール製のものでも日本未発売のものを輸入した場合は使い捨てになるかもしれません。

    故障しても部品がないからです。
    共通部品の故障ならばいいでしょうが・・・


    チェンソーは本当に危険な道具なのでブランド力で安心も購入するとアピールしていかなくてはならないでしょう。

    販売店はアフターサービスと機器選択のコンサルタントで頑張ります。

    コピー商品、並行輸入品の安さには度肝を抜かれます。

    • 2011-05-18 20:30
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C709] No title

    私はSTIHLの旧製品について知識がないのですが、MS380は本家が作っていた機種なんですね。

    YouTubeにMS381の新品を紹介する動画が有りました。
    それにはMade in Brazilのラベルが貼られていたのでオークションの品物もブラジルでライセンス生産されている製品なのでしょうか。
    ブラジルはフォルクスワーゲンの旧ビートルを最後まで作っていた国なのでその可能性は有りそうです。
    (動画をアップしたのはタイの方の様です)

    他の381の動画もありましたが画像が悪く本体の確認は出来ませんでした。
    アップした方のプロフィールはアルゼンチンでした。
    381はソーチェンを研いでいないのか、かなり残念な切れ味の動画でした。

    chines copy stihlと言うタイトルの動画ではMS4500と言う型番だそうです。(ソーチェン貼りすぎ)
    (こちらはスエーデンから)

    今までは伐倒中心で見ていたYouTubeですが、別の視点から見るのも面白いですね。
    • 2011-05-18 19:05
    • 村人
    • URL
    • 編集

    [C708] No title

    こんにちは。私は実はバッタもん歴が長いです。
    それで、こんな風に考えます。

    もし仮に中国のスチール社が製造販売しているとしてですが、
    販売前にそもそも責任部門がチェックするかどうかが重要だと思います。
    製品なんだからするのが当たり前、という考え方は甘いです。

    一般に工業製品の初期不良品の交換、保証期間内の修理が可能なのは
    メーカーが厳しいチェックで見落とした不良品を世に出した
    落ち度があるからこそ、メーカーが責任を持って交換、
    修理しなければいけないからだ、下手すると訴訟になるからだ、
    と私は考えます。

    逆に言えば、そういう後始末の責任を放棄してよい商品については、
    メーカーはなにも厳しいチェックなどしなくてよいと
    考えるはずです。コストをかけない前提の製品だからです。
    また、それを輸入した人もまた、安い製品ですから
    サポートはほとんどしないでしょう。開封して動作確認して
    わざわざ寝た子を起こすもしないでしょう。届いたときに破損して
    いたら別でしょうが、壊れたのが数回使った後であれば、
    快く新品交換してはもらえないでしょう。

    こうして、ユーザーはノーチェックの製品をつかまされることになります。
    ただでさえ危険なチェンソーなのに、組み立ても回転数調整も
    内部にゴミが入っていないかどうかも、ノーチェックで
    買わされる可能性があるということです。いわゆるバッタもんには
    もう一種類あり、それは正規品として販売するつもりで型落ちしたとか
    傷が付いたとかそういう理由で放出するB級品です。
    これはA級を目指して出荷してからB級になったのですから、
    しっかり作られています。最初からチェックを甘くする予定の
    製品とは異るわけで、そこは間違ってはいけないところです。
    傷物で安くなる商品は安定供給されない掘り出し物ですから、
    常時在庫を持っている方がおかしいです。つまり、ネットショップで
    継続販売されているものは、最初からチェックを甘くして
    安かろう悪かろうを「狙っている」という事です。
    後進国向けの製品は訴訟のリスクと補償額が低いので
    チェックはなお甘くなると思われます。

    こんな事を考えるのは、私は趣味で電子工作をするときに、
    中国製の電気製品が故障したからと開けてみると、部品の出来、
    施工のまずさ、それ以前に設計ミスに驚かされるからです。
    パソコンの電源やACアダプター、モーターなどは事故ではなく、
    壊れるべくして壊れています。日本の製品を使って機械類に
    過剰に安心感を持ってしまうと、危険な状態の製品が中国から
    入ってきても危機感を持たないようです。日本の製品の
    ACアダプターにもたくさんまずいものがあります。

    修理のプロにたいして僭越ですが、もし99%の確率で、
    各部品の組み立て作業をしたとして、作業工程が100あったら
    1%かける100箇所で不良率は100%です。
    ネジ1本緩んでいても不良と数える場合の話ですが、
    決して数字のトリック?ではありません。使い捨てだから
    いいやというのはB級品には通じる言葉ですが、未チェック品に
    関しては使い捨てる前に、こちらが捨てられる羽目になると
    思います。つまり、怪我を負うと言うことです。

    企業の正規ブランドで売られるというその事だけで、
    かなりの事故抑止力が生まれると、私は思います。
    • 2011-05-18 18:45
    • nnishi@小樽
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する