チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

小型燃料携行缶 900cc

今回は小型の燃料携行缶を紹介します。

携行缶はハスクバーナの携行缶が、私は使いやすく丈夫で便利だと思います。

▼こちら

ただ、燃料は6L入るので少し大きすぎるという方もいます。

現場にハスクのコンビ缶を持っていき、作業するときはペットボトルに小分けしたものを携帯しているという話を聞きます。

ペットボトルはガソリンに溶けないようなのですが、キャップなどプラスティック部分がガソリンに溶けることもあるようです。

またペットボトルはガソリンなど燃料を入れるようには作られていないので危険だと思います。

そこで今回紹介するのがステンレス製の携行缶です。



容量は900mlです。
青い矢印のところまでしか入れることが出来ません。

1000ml入ればきりがいいのですが・・・
実際は1000ml入ります。


水を入れて試してみました。
1000mlだとここまで水面がきます。これに後20mlオイルを入れたとしてもあふれることはありません。

ではなぜ容量900mlとしているのか。
メーカーさんに聞いたわけではないので、確かなことではありませんが、たぶんガソリンは揮発しやすいので膨張することを考慮しているのではないでしょうか。

空気の部分が多ければそこがクッションになるからでしょう。







この状態で給油すれば燃料をこぼすことは少なくなると思います。


この容器で混合ガソリンを作ろうと思っている方は、容量900mlが面倒だなと思うかもしれません。

しかし、大丈夫です。
私は試してみました。


キャップが軽量カップにならないかなと考えた次第です。
上の写真が9mlオイルを入れたところです。

50:1オイルを使用するならば900mlのガソリンに18mlオイルを入れれば良いので、上の写真9ml入りキャップ2杯分でOKです。


ちなみに下写真

10mlです。

混合ガソリンは作り置きが出来ません。

家の周りの作業を少しだけするという方は、少ない混合ガソリンしか必要ないでしょう。
この容器があれば簡単に少量の混合ガソリンを作ることが出来ます。

あまった場合はこの容器を密閉して保管することが出来ます。
(冷暗所に保管してください)
ハスクバーナやスチールの混合オイルならば比較的長く保管できると思います。
ただ、過信だけはしないでください。



巾着袋も付属しています。

ガラス瓶やペットボトルに少量の燃料を入れていた方にお勧めだと思います。

▼M90小型携行缶

それでは。

※追加、
この容器は中が見えないので900mlを正確に計量することは難しいかもしれません。

慣れるまでちがう容器で900mlを計量することをお勧めします。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 12
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/867-13448475

    トラックバック

    コメント

    [C780] No title

    そまびとさん、こんにちは

    キャップではなく本体のほうだったのですか。

    この携行缶について他の人にも聞いてみましたが、キャップを斜めに入れてしまった方がいました。

    それでキャップのねじ山がダメになってしまいました。


    そまびとさん、お手数ですがメールにて当店へご連絡くださいますようお願いします。
    (その際は受注確認メールを添付してください。)

    本体に不具合があったかもしれませんのでお願いします。

    それでは。
    • 2012-01-17 11:23
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C779] No title

    情報ありがとうございます。

    キャップは交換部品があるのですね。

    しかし、私の場合は樹脂製のキャップに不具合が生じたのではなく、
    金属製の「ボトル本体」の口の部分に不具合が生じました。

    ボトルの口の部分のネジが切ってあるリング状の金属が、
    クルクル回るようになってしまったために、キャップが閉まらなくなりました。

    ・・・樹脂製のキャップを交換しても関係ない(治らない)ので、
    残念ながら諦めることにします。


    • 2012-01-17 05:49
    • そまびと
    • URL
    • 編集

    [C777] No title

    そまびとさん、こんにちは。
    返答が遅くなり申し訳ありませんでした。

    今のところ当店ではキャップの不具合はありません。
    (報告がありません)

    M90携行缶の仕入先に問い合わせてみたところ、キャップのセットが販売されていました。

    キャップセットをアップしましたのでこちらをご覧ください。

    http://omkihan.shop-pro.jp/?pid=38819301

    3点セットになります。


    キャップは樹脂製なので落としたりした場合に割れたりするので交換部品として用意しているようです。

    それではよろしく尾根が合いいたします。
    • 2012-01-16 17:57
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C775] No title

    昨年8月にこちらで購入いたしました。
    なかなかの秀逸で気に入っておりましたが、今日、予想もしていなかったことが起こりました。

    2つのキャップを取り外して中に混合ガソリンを入れ、最初に閉めるキャップを回していたところ、
    いつまで経ってもキャップが閉まりません。

    変だなと思って緩めるも、今度は回しても回しても緩みません。…最終的に、引っ張りながら緩めたら外すことが出来ました。

    原因は何かとよく見てみましたら、
    ボトルの口の部分が、ネジの切ってあるリング状のパーツと本体とに分かれており、
    リング状のパーツが本体から分離して回るようになっていたため、キャップを回しても回しても閉まらない&緩まない状況になっていたのでした。

    閉まらないため、その部分からは混合ガソリンがかなり漏れます…。

    ステンレス製で軽くて丈夫で使いやすかったので気に入っていたのですが、
    こういうことになるとは、予想もしていませんでした。

    私は仕事で毎日使っております。このような症状になったことのある方はいらっしゃいますか? 接着剤で固定というわけにもいかず…何か対策は考えられますでしょうか?
    • 2012-01-12 20:12
    • そまびと
    • URL
    • 編集

    [C726] No title

    こんにちは。
    オプティマスの携行缶ですか。
    これは過酷な環境で使用することを考慮されているので、丈夫に出来ているようですね。

    最初当店でもこの商品を取り扱おうか迷っていました。
    価格が1000円近く高くなるのでやめました。

    M90は農機具などに使いやすいかなと思いました。
    ただ少し容器の肉厚が薄く高いところから硬い岩などに落とすと穴が空きそうな気がします。

    オプティマスは容器も肉厚なのでしょうね。
    • 2011-07-05 09:47
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C725] No title

    ガソリンスタンドで
    オプティマスの燃料缶
    1リットルで購入してます。
    ついでに
    古くなった混合油を廃棄してもらってます。
    もしかしたら
    その方の裁量かもしれませんが
    持ち運びできる
    燃料缶と伝えれば
    購入できるはずだと思います。
    • 2011-07-02 13:19
    • 無芸大食
    • URL
    • 編集

    [C724] No title

    こんにちは、無芸大食さん。
    キャップを使っての計量はメーカーがそのように作っているかどうかはわかりません。

    たまたま、やってみたら9mlが(写真)これくらい入ったので丁度いいかなと思った次第です。

    そこそこきちんと計量できると思います。(笑)

    ただ、オイルを缶に入れるときにこぼさないように注意が必要だと思います。


    消防法にも適合しているので、ガソリンスタンドでもガソリンを購入できると思います。

    量が少ないので販売してくれるかどうか?
    たぶん大丈夫だとは思いますが・・・

    ガソリンスタンドに詳しい方がいれば教えてください。

    それでは。
    • 2011-07-02 09:54
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C723] No title

    これはいいですね。
    既に私も
    アウトドアメーカーのを
    友人に勧められて使っていましたが
    計量と
    注ぎは
    ノーマーク。

    両方満たしてるとなると
    手返しがさらに良くなりそう
    • 2011-06-30 22:40
    • 無芸大食
    • URL
    • 編集

    [C722] No title

    hogeさん、こんにちは
    ノズルをうまく使うと燃料がこぼれにくくなると思います。

    M70というと700mlなのでしょうね。
    混合オイルをキャップで計量するのが難しくなるでしょうか。
    • 2011-06-30 18:12
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C721] No title

    私はこれのM70を使ってます。

    休日限定玉切りのみの私のようなカジュアルユーザーにはちょうど良いです。

    ノズルは使いやすいですね。
    • 2011-06-24 19:16
    • hoge
    • URL
    • 編集

    [C720] No title

    こんにちは、
    確かに隙間が多くあったほうが混ぜやすいと思います。

    混合オイルは意外と混ざりにくいかもしれません。
    私も混合を作るときは4,5回は逆さまにします。

    この携行缶にあってほしかったのが、缶の内側に900mlの位置に印をつけていて欲しかったことです。

    容器が金属で透明ではないですし、カーブのラインを目安にするにはイマイチ分かりづらい気がします。

    白いノズルが使いやすいと思います。
    • 2011-06-24 09:36
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C719] No title

    使いやすそうですね。

    この容器で混合した後は、良く振るのが大切ですよね。

    残り100mlの余地は振るときに空間があったほうが
    良く混ざるからではないかと思います。
    • 2011-06-24 08:31
    • nnishi@小樽
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する