チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

スチールの価格改定の時期

今回はスチール商品の価格改定について

今年の1月からアクセサリー商品(林業用品)や部品価格が若干値上がりしました。

いきなりの値上げで、仕入れのタイミングが・・・後悔しました。

ハスクバーナも同じように若干の値上げがありましたが、数ヶ月前からアナウンスがあるので、こちらも心の準備が出来るのですが・・・

円高といわれていますが、ユーロ危機で欧州は厳しい状況のようですし、原油価格の高騰で、値上げに踏み切らざるを得なかったのでしょう。

もともと為替レートで価格改定はあまり無いと聞いています。
(本当かどうか分かりませんが)

値上げも痛いですが、値下げも怖いものがあります。

今回はこのパターンを紹介します。

スチールは商品価格特にチェンソーの価格改定を良く行っています。
標準小売価格と実売価格に今までは差がありましたがこれをなくしていくようです。

それに伴い価格が上がるものや値下げになるものもあります。

ライバルメーカーに対抗するため大幅値下げになったものもあります。

普通値下げになるとユーザーさんにもいいし、販売店もよく売れるのでいいこと尽くめかもしれません。


スチールは昨年10月1日付けで下記ポスター商品の大幅値下げがありました。



当店へ知らせが来たのは数週間前です。

いきなりだったので、勘弁してほしいと思いました。
(利益率も下がりましたし・・・)

一番困ったのは大々的に値下げを告知するということでした。

値下げをアピールするのはなぜ困るか不思議に思われるかもしれません。
販売促進につながるのでいいじゃないかと思われる方が多いと思います。

確かに値下げになって若干販売数が増えたと思います。
(当店は一般の方が少ないので余り効果は期待できません)

ではなぜ困ったかというとすでに購入した方がいることです。
ずいぶん昔に買った方ならあまり文句も出ないかもしれませんが・・・

1ヶ月2ヶ月前に買った方などどう思うでしょうか。

大々的に値下げを告知しなければ、私は少しずつ値下げをしていけば先に購入した方からも余り不平が出ないかなと思うのですが・・・

そのような宣伝をするならば当店もあわせなければなりません。

当店はMS192Tを良く販売していました。
値下げ前と後では10000円弱の価格差があります。

ホント困ったなーと思いました。

そしてついこの間私が危惧していたようにお客さんは高く買わされたと思っていたようです。

そのお客さんの周りでは当店の悪評が立っているようでした。
悲しいですね。スチールを良く売っているところがより多く悪評が広がっているのかもしれません。

このブログを読んでいる方で自分も高く買わされたと思っている方がいるかもしれませんが、私たち販売店もいきなりの通達でどうしようもなかったのです。

近い将来大幅値下げすることが分かっていたら、その旨伝えます。

ほんとに知らなかったのです。

もし長い付き合いのお店から同じような目にあったと思う方がいればそれはあなたをだまして高く売りつけたわけではないと思います。

仕方が無かったと思います。



売りっぱなしの商品や季節商品は翌日に半額などよくあることでしょうが、それは購入者も理解していると思います。

チェンソーなどアフターサービスもセットになっている商品はお客さんと長い付き合いになります。

今回の価格改定では不信感を持たれたお客さんも少なからずいたのではないでしょうか。

決して値下げ前に高く売ろうとしていたわけではないです。
アフターサービスをきちんとして長い付き合いでいこうと思っている販売店ほどそのようなことはしないと思います。(私もそうです[:嬉しい:])

今回の価格改定で喜ばれたお客さんも多くいると思います。
しかし、不信感を持ったお客さんもいることを考えなければなりません。

難しいです。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 7
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/940-58d7c442

    トラックバック

    コメント

    [C813] No title

    スマホからなので、長文はきびしいです。
    スミマセン。
    • 2012-03-17 11:51
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C812] No title

    こんにちは。
    価格改定前の在庫については、まあイイかなと思っています。
    担当営業マンも当店に骨を折ってくれるし、持ちつ持たれつでやってきたねで。
    北九チェンソーを立ち上げる時にもずいぶん助けてもらいました。

    • 2012-03-17 11:46
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C811] No title

     毎回楽しみに拝見いたしております。
    スチールの価格についてはチェンソーヤ様が仰る通りだと思います。
    私も販売店ですが、いきなりの価格改定。新規のお客や、値下げ後に買われる方はいいのですが、お得意さんみたいに欲しいときにあそこの販売店は在庫してるからと言って購入してくださった方は損をしてしまいます。
     だから営業マンにはいつも言うのですが、値下げするなら在庫にしている分を補てんしてほしい。そうしないと販売店が損をしてしまう。お得意さんも損をしてしまう。
     また当店は掛け売りが大半なので支払い状況に応じて価格も変えたいというのが正直なところです。
    ホームセンターのように全て現金売りならなんの問題もないのですが。
    長くなりましたが力の無い販売店の独り言です。
    追伸:先月だったか営業マンがどこかのリース屋がMS260を
    大量購入するみたいだからなくなるというので何台か在庫にしました。まだあるのかな?

    [C810] No title

    こんばんは。

    今回の件はどうもMS192Tは1年以上前から49800円だったと思っているかもしれません。

    MS170が29800円だったり、MS260が98000円だったりしたので・・・

    早く価格が安定してくれるように願っています。

    スチールは販売価格を決めてくれたことはある意味良かったかもしれません。(ただ、これから値引きという交渉は出来なくなりましたが)

    値付けで悩まなくていいですから(笑)
    • 2012-03-16 19:09
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C807] No title

    素人考えですが、昨年秋というのは円高、ユーロ安で、輸入製品は安くなってしかるべき時期だったのではないでしょうか。

    苦情を言ったユーザー側としては、販売代理店に力さえあれば、メーカーから値下げの情報がどんどんもらえるはず、それが入ってこないと言うことは店の営業努力が足りないと勝手に考えるのかも知れませんが、メーカーは買い控えを招くような値下げ情報を出す事は滅多にないだろうと思います。

    それに、普通に考えると、既に在庫した商品は、仕入れ後に販売価格を下げられたら利益が出ませんよね。私なら、「急な値下げで、前に仕入れた商品を安く出さなければならなくなって、こちらも困ってるんですよ」と泣き言のひとつくらい言うと思います。(私もよくそういう目に遭っています)

    メーカーにこのような苦情を言っているうちに、メーカーの営業姿勢が変わることもあるし、ついでに値上げ予定も教えてくれれば値上げ前の発注量を増やせるので、双方助かると思うのですが、ドライな性格の海外メーカーはこういう根回しの相手をせず、杓子定規で行くのかもしれません。そして店からのこの手の苦情が減るように、各店に在庫を置かずに販売させる方針にするのかもしれません。

    量販店以外では家電も自動車もそういう傾向ですよね。店頭にある商品に惚れて、またはいますぐ必要だからと、在庫を購入という従来の買い物の形態からは離れて行っている気がします。販売店は板挟みになって大変ですし、販売価格などの戦略は、メーカーの独断でなく、販売をする店舗と協調する必要があると思います。
    • 2012-03-16 18:15
    • nnishi
    • URL
    • 編集

    [C806] No title

    鉄馬再生人さん、こんばんは。

    そうですね、万人に好かれようとするのは無理ですね。
    ただ、今回は長い付き合いのお客さんだったので少しやるせない気持ちになりました。

    MS260は98000円で他メーカーのシェアを奪うのが目的だと思うのですが、どちらかというとスチール新型機種のMS241とMS261の販売機会を奪っていると思います。

    MS260は古い機械ですが信頼性は高いので、価格からするとお勧めの機種です。
    • 2012-03-15 23:14
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C805] No title

    万人に好かれる店と言うのは存在しませんし、
    反対に嫌われる店お言うのも存在しません。
    余り、気にしない事です。

    話は違いますが、

    未だにMS260は販売していたんですね。

    先週、私の住む隣町で新ダイワのキャンペーンをやっているとのことで、出かけて行ったのですが、途中にある東京パイオニアへ寄ってみると、MS260の箱が二つありました。
    販売済みとの事でしたが、未だ販売台数が有ると言うので一台購入しました。

    MS260が¥99,800と言うのは魅力的ですが、たしか、一年前から新機種が出るので在庫セールみたいなA4のチラシを見た記憶がありますが、何時まで販売するのでしょうかね?

    機械その物は魅力的でも、メーカーの真意を疑いたくなりますよね。

    • 2012-03-15 20:49
    • 鉄馬再生人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する