チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ソーチェン目立てについて

今回はソーチェンの目立てについて。

チェンの目立ては私よりも詳しい方が、各サイトで紹介しています。
後ほどそちらのサイトも紹介したいと思います。

当店でもたまに目立ての講習などを行っています。
講習といってもメーカーの目立て道具の使い方を教えるくらいですが。

外販が主だった頃は、プロの業者さんがほとんどだったのでこちらから目立ての仕方など教えることはほとんどありませんでした。逆に教えてもらう側でした。

店舗販売が主になるとお客さんも一般の方が少しずつ増えてきました。

私は目立ての道具を使用して目立てすることを勧めているます。
うまく目立てが出来る方もいますが、なかなかうまく出来ないという方も何人かいます。

そしてあることに気が付きました。

その前にこちらの動画を見てください。



大源太農園さんの動画です。(貼り付けさせていただきました)
※丸ヤスリではなくぺフォードダブルベベルヤスリを使用しています。

一つの刃に対して2~3回しかヤスリを当てていません。
林業の方など休み時間に目立てするときはこんな感じだと思います。

このような話を一般の方が聞くとヤスリを当てる回数は2~3回でいいと思ってしまう方もいます。

このような目立ての仕方は言ってみれば、まだ切れている刃をさらに切れるように目立てしていると思っていいです。

作業中に数回(休憩時間のたびに)目立てをするならば、このように一つの刃に対して2~3回ヤスリを当てるだけでもいいです。


土、砂、石、釘、などに当てた場合やいよいよ切れなくなるまで目立てしない場合、忘れた頃に目立てするという場合は、ヤスリ2~3回で目立てが完了することはありません。


上の写真は土か砂に当てたと思われるチェンです。

左の矢印の部分がきれいにたつまで目立てしなければなりません。
ダメージのある部分をすべて削り落とさなくてはなりません。







赤い線のところまで削り落とさなくてはなりません。
場合によっては2mm~3mm位まで削り落とします。

ソーチェンの刃(カッター)のトッププレートとサイドプレートにはメッキが施されています。

このメッキが切れるところです。
メッキがはがれていたり、痛んでいればそこまで削り落とします。

丸ヤスリで削り落とすとなると大変です。
電動の目立て器などで目立てすることもありますが、その時に注意しなければならないのは、カッターに焼きが入らないようにすることです。


目立てはヤスリを当てる回数ではなく、カッター(刃)に受けたダメージ部分をすべて削り落とすということです。(結構大変です)

余りにダメージがひどければ、目立てをするより新しいソーチェンに交換するほうがいいという方もいます。
それも一つの手だと思います。

丸ヤスリの使用本数、時間を考えればどちらがいいか・・・

次によくあるのが、カッターにあった丸ヤスリを使用することです。
このあたりのことは取扱説明書にも
書いてあるので読んでみてください。



目立てについてもっと知りたい方は、こちらのサイトをご覧ください。

▼「磐井の里から」さんの目立てについて結論編

▼「磐井の里から」さんの目立てについて試行錯誤編


▼ソーチェンの各部名称


▼「大源太農園」さんのHP


実店舗ではソーチェンの目立てもやっています。(1000~2000円)

当店に持ち込まれるソーチェン目立てはほとんどが石や釘などに当てたダメージのひどいものです。

スチールのUSG電動目立て機で目立てしています。

焼きが入らないように注意してやっているので、ソーチェン1本目立てするのに約30分掛かります。


各メーカーさんの資料です。


この3点に注意して目立てし、とにかくダメージ部分をすべて削り落とせば、そこそこ目立てはうまくいくと思います。

※横刃目立て角はソーチェンの種類により60~85度などといわれています。

目立てはポイントをある程度押さえていれば、そこそこ切れるようになります。

さらに切れ味を求めたい方はいろいろな目立てのサイトを参考にしてみてください。

それでは。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 9
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/953-15ab31b2

    トラックバック

    コメント

    [C845] No title

    こんにちは。
    一瞬、ドキッとしながら読みました。
    切り出し前に、空回し(余りやらず)>チェーンオイル出しをしてなかった様な・・・
    連続で、どんどんやっていましたので。
    燃料、オイル、目立てはしてましたが、チェーンオイル出しは・・・
    次回から、気をつけたいと思います。
    有り難う御座いました。
    • 2012-06-19 09:06
    • oriken
    • URL
    • 編集

    [C844] No title

    こんばんは、
    ソーチェンに草木のヤニがたくさん付いていても、ソーチェンの動きを制限していないのならばあまり問題ないかと思います。

    ヤニが付いているとソーチェンの目立てがやりにくいのできちんと目立てできたかどうかをよく点検してください。

    ソーチェンを空回しし、チェンオイルをソーチェンにたっぷり行き渡らせて、数回試し切りをし問題なければそのまま使用してもいいと思います。

    しばらく使用するとソーチェンのヤニも落ちることもあります。

    チェンオイルの出が悪い時もソーチェンにヤニが付きやすいので注意してください。

    ヤニ落としのクリーナーも販売しています。
    こちら
    http://omkihan.shop-pro.jp/?pid=44767296

    ヘッジトリマー用のクリーナーですが、刃物についたヤニ落としに使用できます。

    それでは。
    • 2012-06-18 19:17
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C842] No title

    こんにちは。
    昨日、チェンソーのメンテナンスをしていまして気になりましたので。
    刃に、ヤニ(だと思いますが)が、大量に刃面、刃と刃の留め具に不着しています。パーツクリーナーと歯ブラシで洗いましたが落ちず。
    このままで、目立てのみ行い次回使用で良いのか、何とかして落とした方が良いのでしょうか?
    チェーンの動きには、問題はありません。
    山椒の木を切りましたので、それが原因かな~と思っています。
    • 2012-06-18 09:40
    • oriken
    • URL
    • 編集

    [C839] No title

    こんにちは。
    先日はありがとうございました。

    炭はヤスリの目を立てるようにして塗っています。

    私もヤスリの洗浄にはパーツクリーナーを使用しています。
    そして最後は潤滑スプレーをサビ止めとしてかけています。

    切削屑の長さは木の質や状態でも変わってきます。

    ソーチェンの切れ味を気にするようになるといろいろなところに気を配るようになるともいます。

    それが結果的にチェンソーの寿命を延ばすことになると思います。

    セールの反応は今のところまだないような~(汗)
    • 2012-04-24 18:29
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C838] No title

    21日の土曜日に、急にMS192を持って行った者です。
    目立ての件、勉強になりました。
    炭は、ヤスリ目の掃除効果もある様です。
    参照:http://www.deki-sugi.com/up/2012/01/post-45ec.html
    今後は、パーツクリーナーで都度洗浄したいと思います。

    帰って丸ヤスリを交換し、ペフォードヤスリもハンドルにセットして、ペフォードで目立てしまして試し切りをしました。
    少し、切りチップは小さい様ですが、切れ始めています。
    長い時間、ご説明有り難う御座いました。
    また、オイルなど買いに行きますので、その時もよろしくお願いいたします。
    (2サイクルオイルも、買って帰れば良かったと後悔中)

    あと、今週のセール頑張ってください。おまけが付くので、いいな~と。
    • 2012-04-23 11:14
    • oriken
    • URL
    • 編集

    [C837] No title

    こんにちは。
    千田さん、いつも貴重な情報ありがとうございます。

    これからもよろしくお願いします。
    • 2012-04-17 10:44
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C835] No title

    今まで知り得た事を元に、簡単な説明図を作ってみました。

    ご覧下さい。

    http://www.geocities.jp/chidaten/maki/chanesaw/kihon.htm

    [C832] No title

    こんにちは。
    千田さんの目立てのページ参考にさせていただいています。

    また、すごく助かっています。
    初心者の方に千田さんの目立てページ見てもらっています。

    40歳を過ぎると近くのものが見えにくくなり、刃がどのようになっているか、現物で説明するには厳しいものがあります。

    千田さんのサイトは写真で分かりやすいので助かっています。
    これからもよろしくお願いします。
    • 2012-04-13 10:52
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C830] No title

    色々とご指摘ありがとうございました。

     私は、切れるような刃ができたなら、「今の形を維持するように研いで下さい。」と言っています。

     私もそうでしたが、どういう状態が切れる刃なの認識できないのが普通だと思います。

     見ても判らないものを理解する(してもらう)というのは大変だと思います。
    • 2012-04-12 21:14
    • 千田
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する