チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

エアフィルター、エアクリーナー、エアエレメント

いろいろな呼称がありますが、汚れた空気からごみを濾しきれいな空気にするものです。

農林業用内燃機関エンジンにはすごく重要な部品になります。

こまめに点検洗浄してください。必要であれば新品と交換してください。


エアフィルターについてやってはいけないことを紹介します。


何か別の用途で使われているスポンジを切り取ってエアフィルターの代用としています。


形にあっていないので、隙間からごみが入っていると思います。


ごみは入っていました。

この状態でしばらく使用していたようです。
症状としては最悪の状態でした。

エンジンの掛が悪い、ごみの吸いすぎによるものと思われます。
ピストンシリンダー交換が必要でしょう。

ピストンだけの交換でも大丈夫かもしれませんが、当店ではこの場合シリンダーも交換します。

ギアケースも悪かったので、新品の刈払機に買い替えをお勧めしました。


このようにたまにエアフィルターを自作する方がいますが、形はきれいに合わせた方がいいです。

ごみが入らないようにするのがエアフィルターなので隙間があれば意味を成しません。

それともう一つ、スポンジの中にはガソリンで溶けてしまう素材のものもあります。
十分注意してください。

出来るだけ応急処置で使用するのではなく出来ればエアフィルターの予備を用意していたほうがいいと思います。

純正のエアフィルターでも経年劣化していきます。
スポンジがぼろぼろに壊れてしまうこともあります。

こまめな点検をお勧めします。




チェンソーのエアフィルターです。樹脂製のメッシュタイプです。
これも真っ黒です。(このようになるのも原因があります。)


目詰まりしてくると、脇から空気を吸い込もうとしてきます。


こうなる前に洗浄したほうがいいと思います。
手っ取り早い洗浄方法は、スプレー式のパーツクリーナです。
これは簡単に油汚れとごみをきれいに落としてくれます。

ただ、注意が必要です。
私はまだ経験したことがないのですが、当店のお客さんによると、強力なパーツクリーナーだとエアフィルターが溶けてしまうといっていました。

プラスティックなどに使用できるパーツクリーナーを使用した方がいいでしょう。

パーツクリーナーがなくても洗浄できます。
中性洗剤で水で洗い流す方法です。
この場合の注意点は完全に乾燥するまでエアフィルターを取り付けないでください。

それ以外の方法。

ペットボトルを切ったものにエアフィルターを入れます。


燃料(混合ガソリン、ガソリン古くなったものでOK)をいれ振って洗います。
汚れがきつかったのでこれだけではきれいになりませんでした。

コンプレッサーの圧縮空気で吹き飛ばします。


こんな感じになります。

ただ、きれいに見えても古くなると、目詰まりしてきます。
ある程度使用したエアフィルターは交換するようにしてください。

それではまた。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/954-185e3f2f

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する