チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ハスクバーナ543XPチェンソー

海外のサイトでは、ハスクバーナ543XPチェンソーが紹介され始めています。
このチェンソーはゼノアのストラトチャージドエンジン(層状掃気)搭載のG4300というチェンソーになります。



残念というか、日本国内ではハスクバーナ543XPとして販売はされません。
ゼノアG4300チェンソーとして販売されます。
(国内ではゼノアブランドで販売)



日本国内では排気量40cc前後はフラッグシップになります。
各メーカーかなり力を入れてくると思います。

ゼノアもG37シリーズ、G42シリーズと評価の高いチェンソーの後継機種になるので、力は入っていると思います。
(失敗することは許されない・・・[:冷や汗:])

しかし、近年各メーカーの新型機は面白いです。
排気ガス規制というハードルがあるおかげで、チェンソー業界始まって以来の大変革なのかもしれません。
(今までは何とか、触媒マフラーやキャブレターの仕様で排気ガス規制に対応してきた)

メーカー技術開発は大変でしょうが・・・


このクラスの他のメーカー、新ダイワ、共立、スチールからはなかなかいいチェンソーが出ています。

満を持してのゼノア新型機種、さてどんな感じでしょうか。


話はそれますが、私的にはハスクバーナの339XPの後継機種がほしいところですが、今のところ無いようです。

販売店さんによっては339XPの評価はものすごく低いです。
私も335XPTの頃にひどい目にあったのでそれはわかります。

ただ、チェンソー持ったときのバランスが私はすごくいいと感じています。

重量バランスを考えて設計したから、エアフィルターが前にきたりして汚れやすかったりするのでしょうか?

私も339XPには本当に泣かされました。
修理ものすごくしにくいし、原因のわからない故障が多くあり、当時の技術サービス石川さんには本当に親身になって一緒に考えてくれて・・・ありがとうございます。

使用上の注意点などだいたいわかったと思っています。

注意点を守ってくれている方は、本当に修理ほとんど持ってこなくなりました。

339XP何度も何度も分解修理したので、懐かしい思い出です。


いや、今度の各メーカーのチェンソーで同じ思いはしたくありません。
みんないいチェンソーでありますように・・・

ハスクバーナ339XPはこのクラスでは軽量で防振スプリングで使いやすいチェンソーだと思いますが、パワー的には新型機種に負けているかもしれません。

話がゼノアからそれてしまいました。

G3900、G4300もうすぐ新発売になると思います。
乞うご期待。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
  • この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chainsawhonpo.blog.fc2.com/tb.php/961-b1310159

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する