チェンソー、草刈機のことなら  チェンソー専門店北九チェンソー 
TOP ショップ 購 入手順 FAQ テクニ カル BBS メール

Entries

ピクセルガイドバーに通常ソーチェン

今回はソーチェンを紹介したいと思います。
20年近く前からチェンソーを使用している方などはご存知の方もいるかと思います。

分かりやすいようにオレゴンの呼称を使って説明したいと思います。

.325ピッチのソーチェンにはドライブリンクの厚みいわゆるゲージですが、3タイプあります。(私の知る限り)
1.3mm(.050)、1.5mm(.058)、1.6mm(.063)です。
1.3mmは20BPというソーチェン、1.5mmは21BP、1.6mmは22BPです。

私の独断と偏見ですが、20BPは国産チェンソー、21BPはハスクバーナ、22BPはスチールという感じだったと思います。
そして、ハスクバーナがピクセルというチェンを出してきました。
ハスクバーナはソーチェン製造していないのでオレゴン製になります。
当時のハスクバーナの営業の方に聞いたのですが、ピクセルチェンはハスクバーナの開発と言っていました。
確かにしばらくしてからオレゴンから95VPとして遅れて発売になりました。

20BP、21BP、22BPはカッターは同じ形状サイズでした。

写真がスチールチェンしかなかったので比較はスチールでします。



見た目は普通のスチール.325チェンと同じです。


ドライブリンクここの厚みが違います。
これは1.3mmゲージです。


奥から1.3mm、1.5mm、1.6mm


上から1.3mm、1.5mm、1.6mm


左から1.6mm、1.5mm、1.3mm

断言はできませんが、カッターの形状はたぶん同じだと思います。



さらに左に1.6mm、1.5mmゲージの角刃を並べてみました。
角刃の方が光の加減で大きく見えますが、大きさは同じくらいだと思います。


そしてさらにピクセルと21LPXを並べてみました。
ピクセルはカッターのサイズが小さいです。タイストラップも薄くソーチェンの質量も軽量化されています。

この軽量化がソーチェンの立ち上がりスピードにも大きく影響していると思います。
33cmのガイドバーと合わせるとレスポンスは最高でしょう。


.325ピッチのソーチェンは国内で販売されているものは、これの倍くらいあると思います。
すべてのソーチェン常時在庫しているわけではないので、まだ甘いですかね(笑)

ソーチェンの比較紹介はこれくらいにしておきます。



さて、当店は短いガイドバーをお勧めしています。
今まで何度も書いてきましたが・・・(笑)
チェンソーを購入するときは、長いガイドバーで購入してもいいのですが、そのガイドバーばかりでチェンソーを使い続けるのは、すごくもったいないと思います。

長さの違うガイドバー、タイプの違うガイドバーを取付けることでチェンソーの新たな魅力というか能力を感じることができると思います。

スチールMS880チェンソーは排気量120ccあります。
そのチェンソーに150cmのガイドバーを付けるとスゲーという感じになりますが・・・

MS880チェンソーに53cmのガイドバーを付けると迫力という点ではあまり見栄えはしなくなります。
しかし、切るということになるとすごいらしいです。
スピードが全然違うらしいです。MS440とMS361を所有している方が言っていました。

短い期間に大量の枯れ木数千本(30cm~50cm)を切る作業、仕事の進み具合が違うと言っていました。
(重たいのが難点だということですが・・・(笑))

MS880チェンソーというと直径100cm以上の木を切る時しか使うことがないと思う方の方が多いと思いますが、短いガイドバーを付けて数をこなすという使い方もできます。


排気量40ccクラスのチェンソーに16インチ、18インチのガイドバーを付けてすべての作業を行うのは大変かもしれません。

人によっては、作業内容に合わせて、排気量の小さい小型軽量のチェンソーを購入する方もいます。
それはそれで大正解だと思います。

ただ、小型軽量のプロ機を選択すればあまり問題は発生しないと思うのですが、小型軽量で安いチェンソーを選択すると作業がはかどらないという事態も起こってきます。

コストを少なく、作業がしやすく、スピードもアップする方法としてガイドバーの長さを短くするという方法もあります。

今回の現場は小径木の間伐で、とにかくスピードが重要だという場合などにいいと思います。
ガイドバーが短くなることで、軽くなりますし、チェンソーの取り回しもしやすくなります。

そして、長いガイドバーを付けている時よりもチェンソーの切削スピードは上がっています。
休憩時間中の目立ても早く終わります。(笑)

小型軽量のプロ機を持っていても、今度の現場はスピードが大事だという時にぜひ試してもらいたいです。

排気量が50cc位まではガイドバー33cmのピクセルチェンでも大丈夫だと思います。
確かにカッター部が小さいので痛みは早いかもしれません。

当店のお客さんから聞いたのですが、杉ヒノキの間伐(25cm~30cm位)使用チェンソースチールMS260にオレゴンピクセルガイドバー33cmピクセルチェンを使用して1日70本くらいは1本のソーチェンを目立てせずに作業できるそうです。
(石や土、砂などのダメージがない時)
現場で目立てはしたくないので予備のソーチェンは必ず用意しているそうです。

さて、今回ゲージ幅が1.3mmでカッターサイズが21BPやRMC.325と同じものを紹介しました。
この1.3mmゲージのソーチェンはピクセルガイドバーに取り付け可能です。

ピクセルチェンよりもカッターやタイストラップの厚みは大きくなり耐久性はアップすると思います。

また、排気量50ccオーバーのチェンソーで使用するときは良いかもしれません。

ハスクバーナ254XPで13インチバーを使用している方がいますが、ピクセルチェンよりも21BPの方が切削スピード早いかもしれないとのことでした。

パワーがあるチェンソーはカッターが大きい方が切削スピードは速くなると言います。
(カッターが大きくてもグイグイ回せるパワーがあればです)

ハスクバーナ550XPやスチールMS261でも使えます。
排気量50ccの場合33cmのガイドバーだと、ピクセルとRMC.325どちらが切れ味が良いのでしょうか?
ほぼ同じで変わりはないかもしれません。

お試しセットとしてガイドバーにプレゼントセットしてみました。
ピクセル13インチと、15インチのガイドバーにソーチェンの組み合わせを数種類です。
▼こちら

ピクセルガイドバーでサイズが大きく違う2種類のソーチェンが使用できるというのは面白いと思いませんか(笑)

それではまた。

ソーチェンのみも販売しています。


●ブログランキング
▼人気blogランキング
←ブログランキングへ登録しましたのでよろしければクリックしてください。
(応援お願いします)

※ブログランキングではアウトドア、薪ストーブ、チェンソーアートなどのブログを数多く紹介しています。

  • @
  • コメント : 7
  • コメント

    [C1095] Re: タイトルなし

    村人さん、こんにちは
    私もたまに本国のサイトや他国のサイトを見ています。
    輸入してもらいたいものもありますが、国内の需要がどれくらいあるかわからないので、メーカーへ強く依頼することはあまりしていません。

    MS201の価格が本国の方が高いとは知りませんでした。
    地理的状況などで日本の価格が一番高いと思っていました。

    スチールのソーチェンの種類はオレゴンと同等あると思います。
    国内においてはスチール製品に使用しないソーチェンも販売していますが、村人さんがおっしゃるように他社製チェンソー用に販売しているようです。

    スチールのソーチェンとオレゴンのソーチェンどちらがいいのか正直なところ私にはわかりません。
    実際現場で使用している方でないとわからないのではないかと思っています。
    個人の好みもあるでしょうし、とりあえずは選択肢が多い方がいいと思うのでこれからもスチールには他社製チェンソー用のソーチェンも販売してほしいです。


    ハスクバーナ550XPは再始動性が悪いと言われますが、これは販売店から始動方法と何故なのかを説明を受けるとほとんど解消することだと思います。

    説明不足で機械の評判が悪くなることもあるので、少し心配しています。
    それではまた。
    • 2014-05-07 09:52
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1093]

    チェンソーヤさんこんにちわ。

    スチールのラインナップが気になったので新しいカタログをダウンロードしました。
    本国には沢山のラインナップがあっても日本では日本仕様に対応したソーチェンしか
    カタログには載せていないんですね。
    ソーチェンは有っても対応するガイドバーが無いと言うのは他社製品にも
    スチールのソーチェンを使ってもらおうという事なんでしょうね。

    本国のカタログを見て驚いたのがMS201で、ドイツでは日本の倍近い価格で売られていること。
    輸入品は何でも日本の値段が高いと思っていたら、こんな事もあるんですね。

    G5001HPはコンピューターが介在していない分すべて自分で整備できるのが良かったです。
    550XPは昨年2名が導入しており、1ヶ月位しか稼働しておりませんが好評の様です。
    私の職場ではチェンソー仕事が1ヶ月半位しか無いので、稼ぎより出費の方が多く、
    半分は趣味の世界みたいな物なんです。

    新ブログへのリンクを追加していただきありがとうございました。
    旧ブログの中身はすべて引っ越し済みですので旧ブログのリンクは
    いつ外していただいても大丈夫です。
    • 2014-05-03 18:46
    • 村人
    • URL
    • 編集

    [C1092] Re: タイトルなし

    こんにちは、村人さん。
    スチールのソーチェンは.325ピッチで12種類用意されています。
    その中で国内販売されているのは、半分くらいです。(6種類だったと思います)

    1.3mmゲージはピクセル(95VP)と同等品というより20BPと同等品ということになります。

    スチールは3/8ピッチの方を少し大きくしてピクセルに対抗している感じになります。(私が勝手に思っているだけですが)

    05マウントの.325ピッチ、1.3mm,1.5mmゲージのスチール純正ガイドバーは種類は少ないですが用意されています。ただ国内で販売しておりません。
    正直言いますと昔のスチールに関してはあまり詳しくないのでよくわかりませんが、以前は数種類販売していたかもしれません。

    当店には03マウント.325ピッチ、1.5mmゲージ、13インチのガイドバーが1本在庫があります。
    最後の1本を仕入れて国内在庫終了になりました。
    (販売せずに記念にとっています)

    スチールは国内においてはガイドバーの種類を取捨選択しているのかもしれません。
    プロショップやプロのお客さんからするとガイドバーやソーチェンの種類が豊富な方が楽しいのですが、メーカーとしては在庫管理が面倒になるでしょうし、そのほかのこともすごく面倒になると思います。

    チェンソーを販売しているお店は、専門店は減る傾向ですが一般店は増えてきていると思います。
    国内海外メーカー含めてチェンソーにどのソーチェンがつけられるのか把握しているところは少ないかもしれません。
    実際私自身もすべてのチェンソーのことを把握しているわけではありません(笑)
    そういう販売店に説明するのも面倒かもしれません。(笑)


    話は変わりますが、村人さんにはMS261C-Mか550XPを使ってもらいたかったです。(笑)
    MS261C-Mは昨年11月に新発売になりましたが、なかなかよさそうです。

    ブログ継続されるそうで本当によかったです。
    村人さんほど詳しくはないですが、私も昔スピーカー自作したり、1万円くらいの自作デジタルアンプ作ったりしたことがありました。
    • 2014-05-01 12:42
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1090]

    村人です。

    スチールの.325の1.3mmゲージはカタログに記載が無く、どこにもそんな情報は無かったので知りませんでした。

    私が使っていたMS201はPS3+純正40Cmでした。
    ピクセルは2012年秋にはまだ実験的に使っていメンバーがいただけです。
    その結果G5000+ピクセル13インチが良かったのでG3711+21BP;16インチに取って代わることとなり、昨シーズンはMS201の1名以外全員が50ccクラス+ピクセル13インチを使う様になりました。

    枝払いはガイドバーが長い方が腰を曲げなくて楽とか少しでも遠くに届くので有利と思っておりました。
    しかし、長い=重たいガイドバーは枝払い時に慣性が大きくて疲れると言う事は実際に13インチを使うまで分かりませんでした。

    そんな事からピクセル13インチは私の職場では新たなスタンダードになりました。

    しかし、ガイドバーの品質はスチールのラミネートバーが良いので、05マウントの.325が有ったら使ってみたいものです。
    • 2014-04-29 22:53
    • 村人
    • URL
    • 編集

    [C1089] 1.3mm

    こんにちは、
    今回紹介したソーチェンは、国内でも販売しています。
    ただ取り扱っているところはかなり少ないと思います。
    (売れる当てが非常に限られてしまいます)

    ピクセルチェンのコンセプトで作られた.325ピッチソーチェンはスチールにはありません。
    スチールは3/8ピッチ1.3mmゲージのソーチェンを大きくしています。

    スチールの.325ピッチ1.3mmゲージのソーチェンは角刃はなくマイクロチゼルになります。
    (海外には角刃があるのかもしれませんが)

    それとですね。
    13インチより短い11インチというガイドバーを仕入れてみようかと思っています。
    550XP、G5001HPに取り付け可能です。
    短すぎますかね(笑)

    村人さん、MS201チェンソーにピクセル13インチは、ハードノーズバーですか?
    ローラートップであればどこ製ですか?
    少し気になりました。

    それではまた。
    • 2014-04-28 18:11
    • チェンソーヤ
    • URL
    • 編集

    [C1088] 13インチのパフォーマンスは最高

    私もスチールの1.3mmが気になります。輸入品ですか?

    さて、私の作業はヒノキの間伐(直径20-30cm)がメインです。このため、かつては40ccチェーンソーに14インチバーを使ってきましたが、昨年から550XPに13インチの組み合わせにしています。20BPは使わず、95VPXです。ピクセルは軽量なので高速回転する。これが作業に対してどのように変わるかは、伐倒よりも枝払いだと思います。20BPを使ったことがないから分かりませんが、チゼルの20LPXでは伐倒に問題ないのですが、角刃が影響するのか私の扱いが悪いのか、枝払いにはやや抵抗ありました。一方、95VPXはカッターも小さくて抵抗なく進むので、枝払い作業が早いと感じています。滑るように枝が払えます。間伐向きだと思います。
    20LPXは、15インチのバーに装着して、広葉樹での作業に使っています。広葉樹は硬いですし、枝も太いから針葉樹のように連続して切ることがありません。ここで角刃が本領発揮します。
    いずれにせよ、95VPXと、20LPXの相当品がスチールから発売されれば使ってみたい気がします。

    なお、550XPの不具合について、購入店(ハスクバーナ正規販売店)から情報提供があり、ちょっとしたコツで始動しやすくなりました。機械物は必ず故障するから、これこそ、値段に変えられないサービスですよね。
    • 2014-04-27 10:01
    • chironohana
    • URL
    • 編集

    [C1087]

    お久しぶりです。

    3枚目の写真の説明で1.3mmゲージと説明されておりますが、スチールの.325には1.3mmゲージも発売されているのでしょうか?
    ドライブリンクにドットが着いているのはスチール製だけなのでRM3等かと思われます。
    4枚目の比較写真ではデプスゲージの形状がピクセルとは違うので、スチールのソーチェンで.325の1.3mmゲージが有るとしたら日本では販売されていない商品?

    私の職場ではMS201ユーザ以外はすべてピクセル+13インチににシフトしました。
    私は軽量重視でMS201を使っていましたがG5001HPに機種変更しました。
    G5001HPにピクセル13インチでは重さも気になるほどではなく、それまで標準としてきた21BP+16インチと比べると全く別物に感じます。
    しかし、ハスクのガイドバーは弱いので、ガイドバーを曲げないスキルは要求されると思います。
    • 2014-04-26 20:50
    • 村人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する